ミノキシジルの効果や時間、実感などについて調べてみました

育毛剤-img

日本では唯一塗り薬としての脱毛症治療用成分に認められているのが「ミノキシジル」です。AGA(男性型脱毛症)以外にもFAGA(女性型脱毛症)、びまん性脱毛症などの脱毛症治療に幅広く用いられています。

日本では大正製薬の「リアップシリーズ」とANGFAの「スカルプDメディカルミノキ5」がミノキシジル製剤(育毛剤)として承認されています。こちらは一般薬(第1類医薬品)なので薬剤師のいる薬局やネット通販で購入することができます。

ミノキシジルにはどんな効果があるの?

ミノキシジルは1960年代にはすでに開発されていた古い成分です。元は高血圧の治療薬として研究されていました。実際に高血圧治療薬(経口薬)が作られていますが、日本では未承認です。

その後の治験や臨床投与の結果、副作用として「発毛効果」があることが確認され、2%のミノキシジルを配合した「ロゲイン」という育毛剤(塗り薬)が開発されましたが、こちらも日本では未承認です。

高血圧治療薬には幾つかの種類がありますが、ミノキシジルは血管を拡張して血流を改善するための成分です。日本で承認されているリアップやスカルプDメディカルミノキ5にも同様の作用があり、脱毛部に塗ってマッサージすることで、頭皮の毛細血管を拡張し毛根に栄養と酸素を届けて丈夫にする効果があります。

ミノキシジルの効果が出るまではどのぐらいの期間が必要?

脱毛症には複数のパターンがありますが、いずれも毛周期の乱れによって発生することがわかっています。

毛周期

毛周期のステージ状態
成長期(初期)新たな毛乳頭が形成される時期でまだ毛は生えていない状態
成長期(中期)毛乳頭が成長し続けている状態、毛自体も細くて弱いが成長を続けている状態
成長期(後期)毛乳頭が成熟し、毛も太くて長いく両方とも成長が鈍化していく時期
退行期毛細血管から毛乳頭が離脱し、毛が抜け始める時期
休止期完全に毛が抜け、毛包内では新たな毛乳頭形成のための準備中

壮年性脱毛症(AGA、FAGA、びまん性脱毛症)は成長中期の早い段階でいきなり退行期に移行してしまい、毛乳頭と髪の毛が成熟する前に脱毛してしまう皮膚の障害です。

ミノキシジルが効果を発揮する壮年性脱毛症とは?

ミノキシジルは壮年性脱毛症の治療薬として厚生労働省から正式な承認を得ている医療用成分ですが、この壮年性脱毛症を一口でいうと「加齢が主な原因で起こる脱毛症」のことです。そして、この脱毛症はさらに次の3つに分類されています。

  • AGA(男性型脱毛症):現在原因が解明され治療薬が存在する脱毛症です。皮膚科やAGAクリニックで治療されている脱毛症の90%近くがAGAです。
  • FAGA(女性型脱毛症):女性が起こす脱毛症の多くは次に挙げる「びまん性脱毛症」ですが、中でもAGAと同じようなメカニズムで発症する女性の脱毛症のことをFAGAと言います。
  • びまん性脱毛症:女性に多い脱毛症です。加齢(閉経)が主な原因という以外に詳しいメカニズムは解明されていません。

脱毛症の治療薬にはAGAだけに治療効果を発揮するプロペシアやザガーロという飲み薬がありますが、AGAも内服薬とミノキシジルを併用することでさらに治療効果がアップすることが臨床的にも証明されています。

加えてミノキシジルはFAGAやびまん性脱毛症にも効果を発揮するので、AGA治療薬よりも適用範囲が広いということになりますね。

ミノキシジルの効果が持続する時間はどのぐらい?

現在日本で承認されているミノキシジルの最大含有量は5%です。5%ミノキシジルの塗り薬は1日2回/1回1mlを脱毛部に塗布するというのが正しい使い方なので、10時間ほど効果が持続することになります。

ミノキシジルの効果はどのぐらいの確率で実感できる?

ミノキシジル5%外用薬はAGA(男性型脱毛症)にのみ効果が確認されています。FAGAやびまん性脱毛症については1%を使用することが推奨されていますので、女性の場合はリアップシリーズのリアップジェンヌを使用することをおすすめします。

日本皮膚科学会が公表している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」でもミノキシジル外用薬の推奨度は最高ランクのAとされています。

CQ3:ミノキシジル外用は有用か?
推奨度:A
推奨文:ミノキシジル外用を行うよう強く勧める (男性型脱毛症:5%ミノキシジル,女性型脱毛症:1%
ミノキシジル).

(引用元:厚生労働省「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」)

ミノキシジル5%の壮年性脱毛症に対する治療効果は

  • 著明な改善(ほぼ改善):10%
  • 中等度改善(半分以上改善):60%
  • 軽度の改善(うっすら生えてきた程度):21%

ということなので「発毛効果は70%以上」と、かなり高い治療効果が確認されていることになります。
(参考元:大正製薬リアップX5プラスの発毛効果データより)

ミノキシジルの効果は年齢によって違いがある?

壮年性脱毛症は毛周期の成長中期からいきなり退行期へと移行する皮膚障害です。この状態で一旦弱ってしまった毛根は一旦抜けてから、次の休止期に毛包に栄養をたくさん蓄えて、丈夫な毛根を作り出す能力を高める必要があります。

人は年齢を重ねるとどうしても基礎代謝が落ち、血流障害を起こしてしまいがちですね。だから薄毛や抜け毛の対策は気がついた時点で早めに行っておくとそれだけ効果も高いということになります。

脱毛症に限らず体調不良や健康被害は早期発見、早期治療が一番大切なことなのです。

ただし、ミノキシジルは血管を拡張して血行促進させる作用が強い成分なので、ある程度進行した脱毛症でも治療が見込めます。まず心配ならば、皮膚科やAGAクリニックなどを受診して、脱毛症の状態を正しく診断してもらうことが重要です。

ミノキシジルの効果がでないパターンというのは?

人の毛穴の数というのは決まっていて、増えるということはありません。毛穴の中の毛包が消失してしまうと完全脱毛という状態になり、その毛穴からは二度と毛が生えてこなくなります。

毛包が完全消失してしまうと毛穴が極端に小さくなります。こうなってはいくらミノキシジルを塗布しても効果はでません。

また以下に挙げる身体状態の人は毛周期が乱れやすくミノキシジルの効果が出にくいと言えます。

  • ミノキシジルに対してアレルギーがある人
  • 生活習慣が乱れがちな人
  • すでに生活習慣病を指摘されている人
  • 便秘や下痢気味で胃腸障害を起こしている人
  • 頭皮の衛生状態が悪く脂漏性皮膚炎を起こしている人
  • 過激なダイエットの影響で栄養状態の悪い人
  • 肥満
  • 壮年性脱毛症以外の脱毛症:円形脱毛症、尋常性白斑症など
  • 精神疾患で治療中の人:うつ、不眠、統合失調症など
  • 更年期障害でホルモンバランスが乱れやすい人
  • アレルギー体質の人
  • 自己免疫性疾患の人
  • アルコールやカフェインを過剰摂取する人

ミノキシジルの効果についてのまとめ

脱毛症は遺伝だと思われがちですが、遺伝由来の脱毛症というのは全体の1%未満と非常に少なく、ほとんどが加齢やホルモンバランスの乱れ、精神的なストレス、生活週間の乱れ、間違ったヘアケアやダイエットによるもの、ということを覚えておいてくださいね。

だから、ミノキシジルを使う時は生活習慣の改善にも務めるようにしてください。また、女性がミノキシジル外用薬を使う場合は1%(リアップジェンヌ等)が適量ですので、これもしっかりと守るようにしてください。