ミノキシジルは女性も使える?またホルモンに与える影響とは?

ヘアロス女性

近年は女性の間でも薄毛や脱毛が悩みの種になっていると言われています。事実女性の脱毛症患者(脱毛症というのはれっきとした皮膚病です)は年々増加傾向にあり、2017年には日本皮膚科学会が策定しているAGAの治療ガイドラインの中でも初めて女性型脱毛症という病名が正式採用されました。

同ガイドラインでは女性型脱毛症についてもミノキシジル外用薬の使用は最高ランクの推奨度Aです。しかしミノキシジルは「治療薬」なので副作用や使用上の注意点がいくつかあります。

今回は女性がミノキシジル製剤を使う際の注意点や危険性などについて調べてみました。

ミノキシジルと女性の脱毛について

それでは早速ですが日本皮膚科学会が策定した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」の中からミノキシジル外用薬を女性に投与した時の有用性について記載されている部分を抜粋してみましょう。

CQ3:ミノキシジル外用は有用か?
推奨度:A
推奨文:ミノキシジル外用を行うよう強く勧める (男性型脱毛症:5%ミノキシジル,女性型脱毛症:1%ミノキシジル).
1%ミノキシジル液を用いた, 280 名の女性被験者を対象とした観察期間 24 週までの男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版日皮会誌:127(13),2763-2777,2017(平成 29) ● 2769男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン作成委員会
ランダム化比較試験が行われ,脱毛部 1 cm2 内の非軟 毛数のベースラインからの増加は,プラセボ群が平均 2.03 本,1%ミノキシジル群が平均 8.15 本と,1%ミノ キシジル群はプラセボ群に対して有意な(p<0.001)発 毛促進効果を示した64).

(引用元:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版)

なにやら小難しいことが書かれていますが、要は1%ミノキシジル外用薬は女性型脱毛症にも効くので治療の時はこれを使いましょう!という内容です。(笑)

ミノキシジルが女性ホルモンに与える影響とは?

ミノキシジルを投与すると、女性ホルモンが増加して毛が生えるという誤解がありますが、これは適切ではありません。

そもそもミノキシジルは高血圧の治療用に開発されていた成分なので、血流を改善する効果に優れいている成分なのです。女性の脱毛症(FAGA)は加齢やストレスによって基礎代謝が低下し、女性ホルモンのバランスが乱れて発生します。

ミノキシジルを投与することで、末梢血管が拡張し、その作用で血流が改善してホルモンバランスが正常に近く効果が期待できるということで直接的にホルモンの量を左右する成分ではありません。

ミノキシジルで男性は女性化する?

ドラッグクィーン

ミノキシジルの副作用にはごく稀ですが「女性化乳房」の発症が報告されています。女性化乳房とは男性の胸が女性のように膨らんでくる現象のことです。
細かい発症経緯は解明されていませんが、男性の更年期障害である「LOH症候群」では男性ホルモンが減少することで女性化乳房を起こした例が報告されています。

AGAは50代から急激に患者数が増えます。50代はちょうどLOH症候群の発症数のピークとかぶるので、LOH症候群が由来の女性化乳房の可能性も否定できません。

さらにAGA(男性型脱毛症)ではプロペシアやザガーロなどのAGA治療薬とミノキシジル外用薬の併用が治療の第一選択肢になります。プロペシアやザガーロの副作用にはDHT(ジヒデロテストステロン)の量が減ってしまうことで起こるEDや性欲の低下が副作用として報告されています。

男性ホルモンの量が減ることで女性ホルモンの相対的な量が増え、女性化乳房を起こす可能性は十分に考えられます。

関連記事ミノキシジルは血圧に影響する?効果や副作用についても知りたい!

ミノキシジルが女性とって危険という噂の検証

話は変わりますが、「ミノキシジルが女性にとって危険」という話をネットで見聞きしたことはありませんか?これはおそらく女性が素人判断で5%ミノキシジル(リアップX5など)を使ったり、あるいは個人輸入代行を使って「ミノキシジルタブレット」を使ったことが原因で強い副作用を起こした事例ではないかと考えられます。

ミノキシジルがもともと高血圧治療薬として開発されていたというのは先にも述べた通りです。ミノキシジル自体は古い成分で1960年代後半にはすでにロノテンという飲み薬が開発されていました。しかし、これは日本未承認薬です。

そして「ミノキシジルタブレット」というのはごく一部の薄毛改善サイトなどで「飲むミノキシジル」として紹介されて話題を呼びましたが、実はその正体は「ロノテンジェネリック」であり、脱毛症治療薬ではありません。
海外でも脱毛症治療にミノキシジルタブレットを使うことは公式に認められておらず、あくまでもイレギュラーな使い方なのです。

ミノキシジルは比較的副作用が出やすい薬です。それゆえに日本では飲み薬が承認されていないので、安易に個人輸入代行を使ってミノキシジルタブレット(ミノタブ)を使用するのは避けた方が良いでしょう。もっとも顕著な副作用には

  • 全身多毛症
  • 発赤、かゆみ、薬疹、湿疹
  • 体重増加、血圧の低下
  • 肝機能障害、腎機能障害

などがあります。

特にかゆみや体重増加、血圧の低下は5%ミノキシジル外用薬を使った場合でも確認されている副作用です。女性には鉄欠乏性貧血や低血圧の方が多いので、効果だけを狙ってイレギュラーな使い方をするのではなく、ガイドラインに従い推奨されている1%ミノキシジル外用薬を使用するのが良いでしょう。

女性用ミノキシジル、おすすめは「リアップジェンヌ」

女性の場合は薄毛や脱毛症の治療を受ける時に皮膚科か美容皮膚科を受診される方が多いと思います。脱毛症の治療は全て「自由診療」なので一般皮膚科でも治療を受ける時は保険証が使えません。

また自由診療では医療機関ごとに料金を設定してよい決まりになっているので、同じような治療を受けても医療機関ごとに負担金が異なる可能性があります。脱毛症治療なら一般皮膚科よりもAGAクリニックや薄毛クリニック、美容皮膚科の方が治療費が安くなる傾向が高いようです。
これは一般皮膚科が混在治療(保険治療と自由診療が混在してる状態)なのに対して美容皮膚科は最初から自由診療専門の医療機関なので、薬代の中に診察料や検査料金が含まれているからです。

しかし、女性の脱毛症の場合AGA治療薬(内服薬)は女性に投与しない方が良いとされているため、治療はミノキシジル外用薬が第一選択肢になります。医療機関で独自にミノキシジルリキッドを調剤するところもありますが、大正製薬から一般薬のリアップジェンヌが発売されているので通常はこれを使います

ミノキシジルを女性向けに処方する場合

黒髪

男性向けのミノキシジルと女性向けのミノキシジルはどこがどう違うのでしょうか?それは「濃度」です。ミノキシジルは濃度が高くなればなるほど効果が出やすくなる一方で、副作用も強くなります。

現在ミノキシジルは5%配合まで認められています。日本国内の臨床実験でも女性に対して1%、2%、5%のミノキシジル製剤を投与した実験を行った結果、2%と5%は安全性について問題のある所見が得られたため、女性には1%ミノキシジルの使用が推奨されています。(1%でも副作用がないというわけではありません)

リアップジェンヌは1%ミノキシジル製剤なので、女性が脱毛症の治療やケアに使うのならこれがもっとも安定した効果が得られ、薬局や通販で購入できるので、まず最初に選ぶ育毛剤になると思います。

ミノキシジルは女性が妊娠した時でも使える?

ミノキシジルは本来高血圧の治療用に開発された成分です。このため高い血流改善効果があります。ところで、効果の高い薬には副作用の心配がありますよね。妊婦さんならなおのことです。

しかし今の所妊婦さんがミノキシジル外用薬を使用した場合の安全性については確認されていません。なので、「使わない方が無難」ということになります。
女性は妊娠中に女性ホルモンの量が増えるので、通常は脱毛症を起こすことはありませんが、出産後にホルモンバランスが元に戻ろうとする作用で一気に脱毛を起こす「出産後脱毛症」があります。

これは一時的な脱毛でホルモンバランスが落ち着くと症状も改善されるので、特に治療は必要ありません。またミノキシジルは血管に直接作用して血中濃度が上がるため、授乳中は母乳を通じて赤ちゃんもミノキシジルを摂取することになります。赤ちゃんへの安全性を考量するならできるだけ使用しない方が望ましいと言えます。

ミノキシジルで女性ホルモンに影響がでるのって本当?

女性型脱毛症が増えるのは45歳以降と言われています。女性の40代後半から50代前半は「更年期」と呼ばれる年代ですね。
更年期に入ると閉経に向かって卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が急激に減っていきます

エストロゲンという女性ホルモンには髪の毛を豊かにする作用があるので、更年期にはいると次第に脱毛を起こすようになります。これが女性型脱毛症(FAGAまたはヘアロス)です。

ミノキシジルは女性型脱毛症の治療薬なので女性ホルモンに作用して分泌量を増やしてくれるような印象がありますが、これは間違いです。

あくまでも血流が改善することで女性ホルモンが頭皮付近までしっかりと届けられるようになるのであって、エストロゲン自体が増えるわけではありません。

女性がミノキシジルを使う時のまとめ

女性の薄毛や女性型脱毛症の治療時に使われる薬が「ミノキシジル」です。しかし、女性の脱毛症については1%ミノキシジル外用薬の使用は推奨度Aと最高ランクなものの、他のミノキシジル製剤(5%やミノキシジルタブレットなど)を素人判断で使うのはやめておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です