プロペシアジェネリックの効果、副作用、通販で買えるのか?などを調べてみました!

育毛剤-img

プロペシアジェネリックとはプロペシアというAGA治療薬の後発薬です。後発薬(ジェネリック医薬品)は先発薬の薬剤特許が切れてから開発・販売が承認される薬で、薬価(薬の値段)が先発薬の7割〜5割程度と、かなりお得に購入することができます。

ただし、プロペシアジェネリックは医療用医薬品の指定を受けているので、一般的な薬局やドラッグストアで購入することはできません。ところが更に安い海外製のプロペシアジェネリックならネット通販で購入することが可能です。

そこで、今回は薄毛、脱毛に悩む人のためにmelby編集部が総力を挙げて解釈が難しいプロペシアジェネリックについて説明します!乞うご期待です。

おすすめ☑育毛剤(発毛剤)おすすめ2019|ランキング女性用・男性用トップ3

プロペシア ジェネリックってどんな育毛剤?

プロペシアジェネリックとはプロペシアというAGA治療薬の後発薬(=ジェネリック医薬品)全体の呼び方です。日本では先発薬の主成分にメーカー名を組み合わせるという命名規則があるので、国内のプロペシアジェネリックは「フィナステリド(成分量)【メーカー名】」という薬名になります。

一方海外製のジェネリック医薬品だとこの命名規則は関係ないので、日本でメジャーなインド製のプロペシアジェネリックは「フィンペシア」といいプロペシアの仲間であることを彷彿とさせるようなネーミングが多いですね。

  • 日本で正式承認されているプロペシアジェネリックの名前:フィナステリド0.2mg【サワイ】、フィナステリド1mg【サワイ】、フィナステリド0.2mg【トーワ】、フィナステリド1mg【トーワ】など
  • 海外製プロペシアジェネリックの名前:フィンペシア1mg、エフペシア1mg、フィナロなど

海外製のジェネリック医薬品は日本未承認のものが多いので購入するには基本的に個人輸入代行業者を使ってネット通販を利用することになります。

プロペシア ジェネリックは医療用医薬品

プロペシアやプロペシアジェネリックは医療用医薬品です。ちょっと解釈が複雑なのですが、薬には「医療用医薬品」と「一般薬(売薬)」があるので、その違いを比較してみましょう。

薬の種類内容
医療用医薬品医師が処方する処方箋を元に、院内薬局や調剤薬局から処方される薬
一般薬(売薬)治療を目的とした医薬品として厚生労働省が承認し、一般薬局で売られている薬の総称。第1類〜第3類に分類

医療用医薬品はさらに「保険診療用」「それ以外」に分類されています。保険診療用とは保険証が使える医薬品のことで、それ以外の医療用医薬品は全額自己負担の「自由診療」です。

自由診療薬も医療用医薬品に関するルールは同じなので一般的な薬局やドラッグストアでは購入することができません。

プロペシアも、プロペシアジェネリックも自由診療の医療用医薬品であり、全額自己負担になります。そして面倒臭いことに、自由診療は医療機関で独自に料金を設定して良いことになっていて、同じプロペシアジェネリックでも病院やクリニック、調剤薬局ごとに値段が異なります。

海外製プロペシア ジェネリックを通販で購入する

海外製のプロペシアジェネリックは日本未承認なので、国内の調剤薬局では流通していません。例外的に院内製剤として取り扱っている美容外科や美容皮膚科、AGAクリニックがある程度です。

しかし、先発薬のプロペシアが医療用医薬品の正式認可を受けているので、海外製のプロペシアジェネリックも一般の薬局やドラッグストアでは取り扱うことができない決まりにになっています。そこで、合法的に入手するには個人輸入代行を利用することになります。

ただし、個人輸入代行の通販サイトでプロペシア ジェネリックを購入するのは100%自己責任でリスクを伴います。比較サイトなどを活用して業者の信用性を確認した上で購入してください。

プロペシア ジェネリックの副作用について

プロペシアに含有されている主成分「フィナステリド」はもともと前立腺肥大症治療薬として開発されていたものです。臨床治験時に副作用としてAGA改善効果が確認され、その後本格的なAGA治療薬として開発されたのがプロペシアです。

前立腺肥大症治療薬の特徴の一つに強い血管拡張作用があり、服用すると急激に血流量が増えます。ただし、プロペシアが継続的に効果を発揮するまでには少なくとも3ヶ月以上服用する必要があります。

フィナステリドの副作用全体の発症頻度は10%程度で、医薬品の中では割と副作用が出やすい薬です。そして厄介なことにこれらの副作用は薬を飲み始めた当日から出やすいので、以下に挙げる主たる副作用については、フィナステリドが効き始めている証拠という解釈から通常は我慢して飲み続けることが推奨されています。

部位症状
頭部頭痛、めまい、頭重感、耳鳴り
精神不眠、興奮状態、イライラする、集中力が低下する、ED、性欲低下、倦怠感
腹部食欲異常、便秘、下痢、悪心、嘔吐
皮膚発赤、発疹、かゆみ、紅潮
心臓動悸、不整脈、ドキドキする、息切れ
全身体温上昇、体重増加、多汗、低血圧状態など

特に多い副作用は「ED」や「性欲の減退」と言われています。

また薬には重大な副作用があります。もっとも注意しなければならないのは「アナフィラキシーショック」で、これは主成分のフィナステリドに対するアレルギー発作です。症状としては、「浮腫」、「呼吸困難」、「全身発疹」などがあります。

他にも注意すべき点として、血圧に作用する薬なので高血圧や糖尿病、心臓病、脳梗塞などの既往があり、服薬治療中の方は主治医と相談してから皮膚科もしくはAGAクリニックを受診する様にしてください。

また、ED治療薬(バイアグラなど)を併用すると相互作用で薬の効きが弱まる恐れがあります。併用する場合は医師の指示に従ってください。

関連記事プロペシアの副作用と効果について調べてみました

プロペシア ジェネリックの比較

それでは、ここでジェネリック医薬品の定義を見てみましょう。

ジェネリック医薬品とは?

(引用元:厚生労働省「ジェネリック医薬品とは?

この定義からも分かる通り、ジェネリックと先発薬の主成分は同じなので効果には大きな違いはありません。ただし、副剤(主成分以外の成分)が異なるので、剤形が変わると効果が現れる時間や代謝される時間に差が生じる場合があります。

日本で承認されているプロペシアジェネリックは、今の所全てプロペシアと同じような錠剤なので効き方や血中濃度、半減期(薬の効果の持続時間)に大きな違いは報告されていません。

一方海外製のプロペシアジェネリックにはいろいろなタイプがありますが、日本で入手可能なものはほとんどがプロペシアと同じ錠剤なので、メーカー正規品ならば大きな違いはないと思います。

国内のプロペシア ジェネリックの薬価相場

プロペシアと国内で入手できるプロペシアジェネリック(海外製も含む)の値段相場を比較してみましょう。
プロペシアやプロペシアジェネリックは高齢者でない限り1mgが処方されるケースが多いので、フィナステリド1mg含有で比較します。

薬名数量値段
プロペシア1mg28錠6,000円〜7,000円前後
140錠30,000円〜40,000円前後
フィナステリド1mg【ファイザー】28錠4,000円〜5,000円前後
140錠20,000円〜25,000円前後
フィナステリド1mg【サワイ】28錠4,000円〜5,000円前後
140錠20,000円〜25,000円前後
フィナステリド1mg【トーワ】28錠4,000円〜5,000円前後
140錠20,000円〜25,000円前後
フィンペシア(新型)150錠3,000円前後
エフペシア150錠3,000円前後
フィナロ150錠3,000円前後

フィンペシア(新型)というのはキノリンイエロー(使用禁止成分)という着色料が入っていないタイプです。

プロペシア ジェネリックはメーカーによって効果に差がある?

国産のプロペシアジェネリックはメーカーによる効果の違いはほとんどないと言えます。ファイザーは世界的にも大手の製薬会社ですし、サワイやトーワも実績と歴史のあるジェネリック医薬品メーカーなので、どれを選んでもほぼ問題はないでしょう。

ただし、病院やクリニック、調剤薬局では取り扱いのないメーカーもあるので、その医療機関で取り扱われているジェネリック医薬品メーカーのものが処方されることになります。

インド製のプロペシア ジェネリック「フィンペシア」とは?

フィンペシアはインドの製薬会社大手「シプラ社」が開発、販売しているプロペシアジェネリックです。

インドは世界でも有数のジェネリック医薬品大国で、プロペシア以外にも数多くのジェネリック医薬品を製造しており、品質も高く「国境なき医師団」も採用しています。

新型のフィンペシアは使用禁止成分のキノリンイエローという着色料が入っていないタイプで、現在はこれが日本で入手可能な海外製プロペシアジェネリックの主流です。

プロペシア ジェネリックをネット通販で購入することは可能?

前のパートでも説明してありますが、日本では未承認の海外製ジェネリック医薬品を個人輸入代行を利用してネット通販経由で購入することが可能です。

ただし、個人輸入代行業者が医薬品を販売する際には厚生労働省に届出を出して許可を得ていなければなりません。誰でもできるというものではないのです。(厚生労働省「個人輸入代行業の指導・取り締まりについて」)

そして、個人輸入代行を利用するのはあくまでもユーザー側の「自己責任」になります。万が一粗悪品や成分の全く異なる偽物を買わさて、健康被害を起こしても基本的には海外のメーカーやブローカーを国内法では裁くことができなません。このため、訴訟を起こすこと自体が困難ということなんですね…。業者の信頼性などは比較サイトを活用して十分に吟味してください。

プロペシア ジェネリックとミノキシジル外用薬でさらに治療効果アップ!

日本皮膚科学会が策定している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」ではAGA(男性型脱毛症)の治療にミノキシジル外用薬とプロペシア内服が共に推奨度A(もっとも推奨される治療法)として紹介されています。

皮膚科やAGAクリニックではプロペシアを院内で処方してミノキシジル外用薬はリアップやリグロEX5などの一般薬の使用をすすめるところが多いようです。

AGA治療は自由診療なので100%自己負担です。また料金も医療機関ごとに設定して良い決まりなので同じプロペシアが処方されても医療機関によって負担金に差が生じます。一般的な皮膚科よりはAGAクリニックの方が安い傾向にあるのですが、それでもプロペシアの負担分だけで1月あたり14,000円前後になるのが相場です。

ミノキシジル外用薬はリアップX5を通販購入すると6,000円前後なので毎月20,000円は負担する覚悟が必要ですね…。ただし、日本でもより薬価が安いプロペシアジェネリックが承認されているので、プロペシアを服用中の方はプロペシアジェネリックに切り替えることをおすすめします。

関連記事ミノキシジルとは!血圧に影響する?効果や副作用についても解説!

プロペシア ジェネリックのまとめ

プロペシアジェネリックはAGA治療薬なので、AGA以外の脱毛症(びまん性脱毛症や円形脱毛症)には効果がありません。
今の薄毛や抜け毛の悩みがAGAなのかどうかは皮膚科やAGAクリニックなどの医療機関でないと確定しようがないので、診察は必ず必要だと考えておいてください。

医師による診察を受けたい方は、AGAスキンクリニックなどのAGA専門クリニックに受診してみてください。
全国にクリニックを展開しているAGAスキンクリニックであれば、地方の方も受診できますよ。

おすすめ☑AGAスキンクリニックの評判とは!ガクト出演のCMでも話題!

AGAスキンクリニック
(AGA治療専門病院)
料金月3,400円〜
店舗全国50店舗以上展開
おすすめポイント発毛実感率99.4%!!
待合室なしの全室個室でプライバシー保護を徹底!
ドクター施術による本格的な発毛治療が安心して受けられる!
必見!
初期費用0円❗️(初診料、再診料・カウンセリング・血液検査)

また、例外的に海外製のプロペシアジェネリックは通販で購入可能ですが、AGA治療薬として認められているフィナステリド1mg以上の含有量を持つ前立腺肥大症治療用のジェネリック薬(フィンカー5mgなど)がAGA治療薬として売られている場合があります。
個人輸入代行業者を使って海外の未承認薬を購入する場合は全て自己責任なので注意してください。