VIO脱毛は医療脱毛がおすすめ!脱毛前処理の仕方や形に、メンズのvio事情や痛みを調査

VIO脱毛は脱毛の中でも特に人気の高いコースで、女性のみならずメンズ脱毛を受ける人も急増中です。

でも、デリケートな部分だけに「受けたい」と思っていても、痛みや黒ずみなど処理の仕方にも不安が多いですよね。
また、VIO脱毛で必要な回数や期間も事前に把握しておきたいですよね!

VIO脱毛において気になる形や自宅での処理の仕方なども紹介していますよ。

そこでVIO脱毛にまつわるいろいろな不安をピックアップし、melbyがその疑問にばっちりとお答えします!
vio脱毛の疑問を解消して、夏に向けてメンズも一緒にVIO脱毛しちゃいましょう✊

melby編集長:ももこ
melby編集長ももこ

melby編集長のももこです!

元たかの友梨のエステティシャンであり、人事もしていました。

転職し、現在WEB初心者ながら

melby(メルビー)の編集長をしています!

melby共々よろしくお願いします❤️

VIO脱毛とは?

VIO脱毛とは、

  • Vライン:ビキニライン
  • Iライン:ビキニラインの内側
  • Oライン:肛門周辺
を脱毛することです。VIOはデリケートゾーンとも呼ばれていて、自己処理するのがとても難しいので脱毛サロンやクリニックで施術を受けた方が安全な部位です。

VIO脱毛は医療脱毛がおすすめ

ところで、サロンとクリニックで受ける脱毛にはどのな違いがあるのか、すでにご存知の方も多いと思いますが、復習しておきましょう。

脱毛サロン脱毛クリニック
脱毛器光脱毛医療レーザー脱毛
目的美容脱毛美容脱毛・治療
回数18回以上8回程度
期間3年ほど1年半程度
メリット刺激が少ない脱毛効果が高い
デメリット脱毛効果が低い刺激が強い

サロンで受ける光脱毛はあくまでも美容のための減毛ですが、医療レーザー脱毛は高出力のレーザーで確実に毛包を消失させていく医療行為という違いがあります。
ただし、光脱毛でも毛周期に合わせた施術を行うことで脱毛効果を高めることが可能です。

関連記事脱毛の毛周期とは?サロンやクリニックで脱毛するなら毛周期について理解しておこう!

VIOの形はどう脱毛する?

VIOの脱毛の時に重要なのが形ですね。VIO脱毛の形について紹介します。

Vラインを500円玉形にする

体毛を下に500円玉の大きさを残して剃るデザインです。体毛をわずかに残しつつハイジニーナの衛生面でのメリットを得られます。デメリットは、デザイン性があるために、温泉など場所によっては目立つ場合があることです。

Vラインもハイジニーナ脱毛

全剃りのこと。ブラジリアンスタイルとも呼ばれます。アンダーへアのお手入れに時間がかからず、衛生面でも効果が高いのがメリットですが、毛をなくしてしまうので、温泉など場所によっては見た目が恥ずかしいという意見もあり、リスキーなのがデメリットです。

逆三角形のVラインデザイン

もっともスタンダードな形の一つ。小さめの逆三角形に残す場合と、大きめの逆三角形に残す場合があります。メリットは形を整えやすく、定番で安心なデザインであること。デメリットは定番ゆえに逆に変化を感じにくいことです。

スクエア形のVラインデザイン

逆三角形と同じく定番の一つ。台形に形を整えます。メリットは形を整えやすく、定番で安心なデザインであること。デメリットは定番ゆえに変化を感じにくいことです。

Iライン形(粘膜ギリギリまで脱毛してくれるよ!)

Iラインに沿って形を残します。見た目がセクシーになるのがメリットです。デメリットは、形を整えることが難しいこと・デザイン性があるので温泉など場所によっては逆に目立つことです。

Uライン形

逆三角形をより丸くUの形に整えます。定番で人気のあるデザインです。メリットは形を整えやすく定番で安心のデザインであること。デメリットは定番ゆえに変化を感じにくいことです。

楕円形・たまご形・ハート形

楕円形・たまご形・ハート形に体毛を残します。メリットは見た目が可愛くなることです。デメリットは上部の線をキレイに残すのが難しいこと・デザイン性があるので温泉など場所によっては逆に目立つことです。

 

VIO脱毛に要する期間と回数について

光脱毛と医療レーザー脱毛では使用する光線の出力が違うので、VIO脱毛が完了するまでの期間と回数が全く変わってきます。
VIO脱毛の時はハイジニーナ(完全無毛もしくはIラインに少しだけ毛を残す)なのか、全体的なボリュームを減らすのかによっても期間や回数は異なりますが、今回はハイジニーナにすることを前提に期間と回数を説明していきたいと思います。

光脱毛でハイジニーナを目指す

光脱毛でハイジニーナを目指すための目安は次の通りです。

  • 薄くなってきたと感じる:3回〜5回
  • 自己処理の必要性を感じなくなる:12回
  • 無毛が実感できる:18回
光脱毛の平均的な施術ペースは1ヶ月に1回なので、18回だと1年半程度はかかるということになります。

最近の光脱毛器は効果も高く、2週間に1回の短い間隔で施術を受けることも可能ですが、女性の場合は生理の時にVIO脱毛の施術が受けられないので、完全にVIO脱毛が完了するまでには少なくとも2年ほどは見積もっておいた方が良いでしょう。

医療レーザー脱毛でハイジニーナを目指す

一方の医療レーザー脱毛でハイジニーナを目指す目安はこのようになります。

  • 薄くなってきたと感じる:2回〜3回
  • 自己処理の必要性を感じなくなる:5回〜6回
  • 無毛が実感できる:8回
圧倒的に医療レーザー脱毛の方が回数が少なくて済みますが、施術の間隔は2〜3ヶ月間を要するので、施術が完了するまでの期間は光脱毛と大差ありません。

メンズのVIOの脱毛について

近年は男性も身だしなみに気を使うようになったので、メンズ脱毛が流行しているんですよ。男性でVIO脱毛を受ける人はボディビルダーやアスリート、お祭りでふんどし姿になるなど露出の多い格好をする人に多いようです。

女性も男性にはツルスベでいてほしいという意見が多く、ヒゲや脇についで需要が多い部位なんだそうです。

VIO脱毛は痛い?

VIO脱毛はデリケートな部分に施術をするので、人によっては

  • ゴムで弾かれたような痛み
  • 施術後の熱感
  • 下腹部痛
などを感じる場合がありますが、ほぼ無痛かちょっと暖かく感じる程度と言われています。これは光脱毛も医療レーザー脱毛も同様ですが、出力が強い分医療レーザー脱毛の方が刺激を感じやすいようです。

VIO脱毛のみを希望する場合は部分脱毛可能なサロンやクリニックを選ぶ

近年流行りの脱毛は「全身脱毛」です。みなさんもよく耳にする言葉ですよね。「全身脱毛」は顔以外ほぼ全身のムダ毛を脱毛する方法なのですが、全身脱毛専用のサロンやクリニックではVIOだけを脱毛してもらうことができません。

将来的に全身脱毛を考えている人は最初から全身脱毛を受けた方が良いと思いますが、VIO脱毛だけを受けたい人は部分脱毛可能なサロンやクリニックを選んでください。

VIO脱毛を受けるときの自己処理の方法

脱毛部の毛が長いと光が毛根に届きにくいので、サロンやクリニックでは「できるだけ自己処理をするよう」に言われます。

サロンやクリニックによっては剃毛オプションが有料に設定されているところもあるので、VIO脱毛が完了するまでは自己処理が必要と考えておいた方が良いですね。

そんな自己処理に一番適しているのは電気シェーバーです。家電量販店のシェーバーコーナーに行けばデリケートゾーン専用のシェーバーを売っているので一つ用意しておくと便利ですよ。

ただし、Oラインは目と手が届きにくい場所なので無料で処理してくれるサロンやクリニックが多いですね。

VIO脱毛についてのまとめ

VIO脱毛は人気のあるプランですが、完全無毛にしてしまうとかえって後悔する人が多いので、初回の無料カウンセリング時にスタッフとよく打ち合わせをしましょう。
一度ハイジニーナにしてしまうと、そこに再び毛を生やすということはできなくなってしまいます。

あらかじめ理想のVIOラインの状態を想定しておいた方が後悔のない脱毛を受けることになります。恥ずかしがらずに相談してくださいね