プロペシアとは何?その副作用や値段について徹底解説!

育毛剤-img

「プロペシア」とは日本で初めて厚生労働省が承認したAGA用治療薬です。主成分は「フィナステリド」で、もともとは前立腺肥大症治療薬として開発された成分ですが、その後副作用としてAGA改善効果があることが判明し、本格的にAGA治療薬として開発されました。

今回は脱毛症の中でも特に多いAGA(男性型脱毛症)や近年増加しつつあるFAGA(女性型脱毛症)を説明しつつ、プロペシアがどのような治療効果をもたらすのか、また価格相場は?などを説明していきます。

プロペシアとは?AGA用の飲む育毛剤の一種です

プロペシアは世界で初めて承認されたAGA(男性型脱毛症)の飲む治療薬です。それまで脱毛症というのはミノキシジルローションなどをはじめとして主に脱毛部に塗って毛周期を正常化させることで脱毛を防ぐ「外用」タイプが多かったのですが、プロペシアの登場によって脱毛症の治療が根本的に変わったと言われています。

プロペシアの主成分「フィナステリド」はもともと「前立腺肥大症」や「血流障害」を改善するために開発された医薬用成分です。アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局:日本の厚生労働省に該当する政府機関)では1992年に前立腺肥大症治療薬として「プロスカー」の名前で承認されています。

その後1997年に低容量フィナステリドがAGA治療薬としてFDAに承認され、その後「プロペシア」として正式承認されました。日本では2005年に「プロペシア」が承認されています。(前立腺肥大症治療薬「プロスカー」は日本未承認です)

つまり、フィナステリド(有効成分)がAGAに対する治療効果があるというのは、実は「副作用」によって明らかにされたのです。副作用というと健康被害を起こす作用と思われがちですが、このように有益な作用をもたらすこともあります。

前立腺肥大症治療薬として開発されたプロスカーは飲み薬なので、プロペシアもそのまま飲み薬として開発されました。

育毛剤には医薬品とそれ以外のものがありますがプロペシアは完全に「治療薬」であり「飲む育毛剤」です。しかも医療用医薬品なので一般の薬局やドラッグストアでは購入できません

プロペシアが効くのはAGAだけ?

プロペシアはAGA治療薬ですが、全ての脱毛症に効果があるというわけではありません。いや、むしろ効くのはAGAだけなのです。

そこでプロペシアを正しく使用するために、まずはAGAとそれ以外の脱毛症の違いについて説明していきたいと思います。

主な脱毛症原因プロペシアの適応
AGA(男性型脱毛症)5αリダクターゼによるDHTの増加
FAGA(女性型脱毛症)5αリダクターゼによるDHTの増加
びまん性脱毛症女性ホルモン量の低下・他×
単純型円形脱毛症主に精神的なストレス×
多発型円形脱毛症主に精神的なストレス×
汎発性多発型円形脱毛症不明×
尋常性全身性白斑症不明(自己免疫性疾患と考えられています)×
トリコチロマニア精神的なストレス×
牽引性脱毛症髪を強く引っぱる髪型など×

どうしてプロペシアはAGAにしか効果がないの?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で日本語では「男性型脱毛症」と言います。その病名の通り男性特有の脱毛症で、皮膚科やAGAクリニックで治療を受けている脱毛症全体のおよそ90%近くがAGAといわれています。

患者数の大半は50代以上の男性で75歳以上の後期高齢者になると75%以上が発病すると言われています。フィナステリドの登場でそれまで詳細な発症メカニズムが不明とされてきたAGAの原因も大分解明されてきました。

AGAは頭皮付近のテストステロン(男性ホルモン)が5α-リダクターゼという酵素の働きでDHT(ジヒデロテストステロン)という男性ホルモンに変異することで起こります。

DHTに変わってしまったテストステロンには育毛作用がないため、そのまま毛根に運ばれても本来の役割を果たせません。その結果として毛根が弱くなってしまい、毛周期が乱れて脱毛が進んでいきます。

プロペシアの有効成分「フィナステリド」にはテストステロンをDHTに変異させる5α-リダクターゼ酵素の働きを阻害(邪魔)する働きがあります。このためAGAには70%以上の高い治療効果をあげることができるのです。

しかしAGA以外の脱毛症は5α-リダクターゼによって起こるというわけではありません。ストレスや先天的な要因、アレルギーなどが考えられていますが、ほとんどの脱毛症は発症のメカニズムが解明されていません。

こうした理由からプロペシアはAGA治療以外への有効性が確認されていないので、AGA以外の脱毛症に対しては未承認なのです。

育毛と男性ホルモン

髪の毛を増やすのは主に女性ホルモンのエストロゲンの作用なのですが、誕生した「毛」を強く丈夫にするのは男性ホルモンのテストステロンの作用です。その証拠に頭は脱毛症を起こしていても体毛は男性の方が濃くて丈夫ですよね?これもテストステロンの量が多い男性ならではの現象です。

性ホルモンには生殖活動以外にも数多くの働きがあります。エストロゲンには400種類以上の働きが確認されていますし、テストステロンにも100種類以上の働きが確認されています。そこでこのパートでは、テストステロンの主な働きをいくつかご紹介していきましょう。

  • 男らしい体つきにする
  • 筋肉の量を増やす
  • 骨を丈夫にする
  • 髪の毛や体毛を丈夫にする
  • 精子を作る
  • 自律神経に作用し交換神経を活性化させる
  • 性的興奮を促す
  • やる気や集中力を高める
  • ストレスに対抗する
  • 体温をあげる
  • 免疫力を向上させる

などなど、他にもたくさんの働きがある重要な物質が男性ホルモンなんですよ。

女性と男性ホルモン

男性の場合、男性ホルモンは主に精巣で作られます。女性ホルモンは卵巣で作られるのでこれらの生殖器官で作られているホルモンを総じて「性ホルモン」と呼んでいます。

しかし、前述したように性ホルモンには生殖活動以外にも重要な働きが数多くあるので、男性にも女性ホルモン、女性にも男性ホルモンが存在します。性ホルモンを作り出す生殖器がないのにいったいどこから異なる性ホルモンが分泌されているのでしょう?その答えは「副腎皮質」です。

「副腎皮質」とは腎臓の上にある副腎を覆う粘膜組織で性ホルモン以外にも多くの物質を分泌する重要な器官です。また副腎皮質から分泌されるホルモンのことを「ステロイド」と言いますよね?ステロイドには炎症を抑えたり、アレルギーを抑制する働きがあります。つまり性ホルモンもこのようなステロイドの一種で人間にとっては非常に重要な物質なのです。

FAGAに対するプロペシアの有用性とは?

近年は女性にも脱毛の悩みを抱えている人が増えています。女性に多い脱毛症は「びまん性脱毛症」です。「びまん性」とはじょじょに広がっていくという意味で、女性特有の脱毛症状として頭頂部から脱毛が始まり、それが次第に頭部全体に広がっていくという症状を起こします。

ただし、女性ホルモンのおかげで、全脱毛を起こすことはほとんどありません。98%以上は髪の毛全体のボリュームが減って分け目が目立ったり、白髪が目立つようになるのがこの脱毛症の特徴です。

びまん性脱毛症は女性が更年期に入ると症例が増えます。更年期とは閉経をはさんだ前後5年間のことで、日本人の平均的な閉経年齢は50歳前後なので、更年期はだいたい45歳から55歳のことを指していますが、個人差がありこれも絶対ではありません。

更年期になると閉経に向かい女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌量が減ってきます。このためびまん性脱毛症は女性ホルモン量の減少が主な原因と考えられてきました。

しかし、研究の結果びまん性脱毛症の中にも5α-リダクターゼ酵素由来の脱毛症があり、フィナステリドが一定の治療効果を示すことが治験等で明らかになってきました。酵素には「一意の働き」しかないので、5α-リダクターゼにはテストステロンをDHTに変異させる作用しかありません。

フィナステリド(プロペシア)はこの酵素の働きを阻害する成分なので、女性のびまん性脱毛症の中にもAGA型脱毛症があるということになります。

このフィナステリドが治療効果を示すタイプのびまん性脱毛症のことをFAGA(女性型男性型脱毛症)と呼ぶようになりました。しかもFAGAは年々増加傾向を示しています。そのため「女性型男性型脱毛症」という意味不明な日本語で呼ぶことをやめて、今では単に「女性型脱毛症」という呼称になりました。

FAGA(女性型脱毛症)とプロペシア

プロペシアが治療効果を示す女性の脱毛症をFAGAというというのは前のパートで説明した通りですが、今の所FAGA自体、どのようにしてびまん性脱毛症やAGAと区別して良いのかという臨床試験やエビデンスが乏しいため、皮膚科学会のガイドラインではFAGAに対するプロペシアの投与を推奨していません。

ただし、AGAやその他の脱毛症治療については基本的に保険証が使えない自由診療なので、医療機関によってはプロペシアを投与するケースがあります。

プロペシアの副作用について

プロペシアが持つAGAへの治療効果はおよそ70%と高い数値をマークしています。しかし、同時に副作用の強さも指摘されている薬なので、安易な服用はせずにできるだけ皮膚科やAGAクリニックの医師の指示に基づいて正しく服用するようにしてください。

プロペシアの主な副作用

プロペシアの主な副作用(発症頻度1%〜4%程度)には次のようなものがあります。

  • 性欲減退
  • 精子量減少
  • ED(勃起障害)
  • うつ状態

プロペシアの稀な副作用

プロペシアにはごく稀(0.05%以下)にですが重症度の高い副作用が現れることがあるので一覧表にまとめておきました。

  • アナフィラキシーショックなどの薬剤性アレルギー:発赤、発疹、かゆみ、呼吸困難、浮腫、動悸、頻脈など
  • 生殖器症状:無精子症、男性不妊症、睾丸痛など
  • 肝機能障害
  • その他:めまい、乳房肥大、抑うつ状態、乳房圧痛など

このような副作用を感じた時は処方医に相談してください。特にアナフィラキシーショックなどの重大な副作用の場合はいったん使用を中止し、医師の指示に従ってください。

特に薬剤性アレルギー、重症な肝臓疾患、未成年への投与は禁止されている薬ですので注意してください。

プロペシアの価格相場について調べてみました

AGAやFAGAの治療は自由診療なので診察費や検査費用込みで全額自己負担になります。自由診療は医療機関ごとで価格を自由に設定できるので同じプロペシアでも負担額が異なってきます。

プロペシアには0.2mgと1.0mgがありますがAGA治療に用いられるのはほとんど1.0mgなのでここでは1.0mgの比較とします。

大都市圏でプロペシア1mgを処方してくれる代表的な医療機関はイースト駅前クリニックと浜松第一クリニックでした。イースト駅前クリニックはプロペシア1mg28錠で7,800円、浜松第一クリニックは8,200円でしたのでこの辺りが相場価格になると思います。

日本におけるプロペシアジェネリックについて

日本ではプロペシアジェネリックがすでに承認されています。ところで日本のジェネリック医薬品には独特の命名規則があるのをご存知でしょうか?
その命名規則というのが「成分名がそのまま薬名になる」です。したがって有効成分のフィナステリド+メーカー名が日本のプロペシアジェネリックになります。(例:フィナステリド【トーワ】→東和薬品製のプロペシアジェネリックなど)

プロペシアを個人輸入すると安く買える?

海外ではいろいろなタイプのジェネリックが開発されています。そして為替差益を利用して日本よりもかなり安く医薬品を購入することができます。

日本では承認されていないメーカーのジェネリックでも個人輸入は合法です。ただし、面倒な輸入手続きがあるので普通は個人輸入代行業者を使って購入することになります。

国産のプロペシアジェネリックの相場目安がフィナステリド1mg28錠〜30錠で4,300円〜4,500円程度なのですが、個人輸入代行業者を使って海外のプロペシアジェネリックを購入すると100錠1,500円程度で購入することができます。

ただし、個人輸入代行業者を利用する時は全て自己責任です。フィナステリドは主な副作用の発症頻度が4%と比較的出やすい薬なので、できれば皮膚科と相談した上で、安い海外製のプロペシアジェネリックを購入して、副作用が出た時にはすぐに対処できるようにしておいたほうが良いでしょう。

プロペシアが効かない脱毛症とは?

プロペシアは毛周期に直接働きかける薬なので、効果が実感できるようになるまで3ヶ月は飲み続けないと意味がありません。

また5α-リダクターゼ酵素だけに作用する薬であり、この酵素が直接的な原因となるAGAやFAGA以外の脱毛症に対する有用性が確認されていないので、円形脱毛症やFAGA以外のびまん性脱毛症には効かない薬です。

脱毛の悩みがAGAなのかどうかというのは皮膚科やAGAクリニックでなくては判断できませんから、まずは医師に相談して正しい病状を把握することが大切です。

プロペシアとミノキシジルを併用するとさらに治療効果アップ!

皮膚科学会のAGA治療に関するガイドラインではプロペシアとミノキシジルの併用によってさらに治療効果がアップするということが明記されています。

ミノキシジルは医療機関によって独自の外用薬(塗り薬)が処方されることがありますが、市販薬では大正製薬のリアップシリーズとANGFA(アンファ)のスカルプDメディカルミノキ5がミノキシジル配合育毛剤なのでこちらとの併用を勧められることが多いようです。

個人輸入代行を使って内服薬のミノキシジル製剤(ミノキシジルタブレット)を導入する時は必ず皮膚科やAGAクリニックのドクターに相談してください。

プロペシアの改良版「ザガーロ」について

ここで紹介する「ザガーロ」は2番目に承認されたAGA治療薬で主成分は「デュタステリド」です。日本では2016年に承認された新しい薬です。

AGAを引き起こす原因物質の5α-リダクターゼ酵素には実はI型とII型があり、プロペシアはII型にしか作用しないことがわかっています。ところがザガーロは両方の5α-リダクターゼ酵素の働きを阻害することが実証されているので、プロペシアでは効果が出ないAGAにも有効性が確認されています。

副作用もプロペシアよりマイルドだと言われていますが、まだ歴史の浅い薬なので通常はプロペシアが処方された上で、効果がない場合にザガーロに切り替わるケースが多くなります。

ちなみにザガーロはまだ薬剤特許が有効なので国産のジェネリックはありません。また女性への有効性は確認されていないのでFAGAについては禁忌(使用してはいけない薬)に指定されています。

プロペシアジェネリック「フィンペシア」について

個人輸入代行を利用すると言っても普通のネット通販と同じ感覚で利用することができますからそれほど面倒ではありません。

海外製のプロペシアジェネリックで有名なのはインドのシプラ社が開発・販売している「フィンペシア」です。

インドは世界第2位のジェネリック大国で薬のクオリティも高く実際に国境なき医師団にも多くのジェネリック医薬品が採用されています。

フィンペシアの成分はプロペシアと同じフィナステリドで配合量は1mgの錠剤が最もスタンダードなタイプになります。

プロペシアのまとめ

プロペシアが発表された時は革命的なAGA治療薬として大きな話題を呼んだ薬です。しかし、適応症はAGAに限定されていて全ての脱毛症に効く薬ではない上に、誤用すると重大な副作用を招くリスクがあります。

脱毛症治療は全額自己負担の自由診療なので、海外製の安いジェネリックを求める人が後を絶たないのですが、健康被害を起こさないためにも正しく服用するようにしてください。