リアップの副作用で薄毛が進行?!その真実とは?

脱毛治療イメージ

リアップといえば日本初の発毛剤として抜群の認知度を誇る製品ですが、効果を期待している反面、副作用が気になっている人が多いのではないでしょうか?
しかも、リアップを使ったばっかりに副作用らしきもので薄毛が進行してしまったという声も上がっているようです!!本当にそんなことがあるのでしょうか?今回はリアップの副作用に関する真実と対策法を開設していきたいと思います。

そもそもリアップに副作用はある?

育毛剤には「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」、「サプリメント」という4つの大きなカテゴリーがあります。医薬品というのは治療を目的として使う商品群で、それ以外のカテゴリーや主に予防を目的として使用するという違いがあります。

ではリアップはどのカテゴリーに属するのかというと…主成分のミノキシジルが医薬品成分なので必然的に医薬品ということになりますね。医薬品のリアップには副作用があります

リアップの主成分ミノキシジルは配合濃度が高くなるほど効き目が高く、副作用も強くなるということがわかっています。現在日本国内で認められているミノキシジルの最高濃度は5%です。リアップからは「リアップX5」、「リアップX5プラス」が5%ミノキシジル製剤として発売されています。

ただし、5%ミノキシジルでも副作用の発症頻度は8%程度です。頭皮に何らかのトラブルを抱えているのでなければ通常使用には問題ありません。一回分の使用量をしっかりと守っていれば、まず問題となるような副作用を感じることはないでしょう。

リアップの主な副作用

リアップを使用していて一番起こりやすい副作用は「頭皮のかゆみ」「発赤」です。発赤(ほっせき)とは皮膚が紅くなることです。ミノキシジルには高い血流改善効果があるので、急激な血流増加によってかゆみや発赤を起こすので、この程度ならば使用を中止することなく使用を続けます。(この2つの副作用が8%以下の頻度で起こります)

他にも血流量が増加すると起こりやすい副作用には次のようなものがあります。

  • 頭痛、頭重感
  • 頭皮のかぶれ
  • フケの増加
  • 体温上昇
  • 多汗
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 集中力の低下

などです。しかし、これらはそれほど多くの発症例が報告されているわけではありません。ただし、血圧に影響するものが多いので、持病があって投薬治療を受けている人は予め主治医もしくは皮膚科に相談の上でリアップを使うようにしてください。

関連記事ミノキシジルは塗り薬!安く購入する方法などを解説します

リアップX5の有効成分一覧

有効成分・ミノキシジル 5.0g
・ピリドキシン塩酸塩 0.05g
・トコフェロール酢酸エステル 0.08g
・l-メントール 0.3g
添加物・セタノール
・1,3-ブチレングリコール
・ジブチルヒドロキシトルエン
・リン酸
・エタノール

リアップには清涼感をだすためにメントールやエタノール(アルコール)が含まれていて、これが刺激となり頭皮が弱い人はかぶれなどを起こす場合があります

女性用のリアップジェンヌでも副作用はある?

リアップには男性用だけでなく女性用の「リアップジェンヌ」があります。リアップジェンヌは1%ミノキシジル配合薬で他のリアップシリーズ同様医薬品なので副作用情報が開示されています。では、男性用と同じように成分を確認してみましょう。

有効成分・ミノキシジル 1.0g
・パントテニールエチルエーテ 1.0g
・トコフェロール酢酸エステル 0.08g
・l-メントール 0.3g
添加物・1.3-ブチレングリコール
・クエン酸
・エタノール
・ヒアルロン酸Na

ミノキシジルの配合量は少ないですが、高い血管拡張効果がある医薬品成分なので副作用リスクを起こす可能性は十分に考えられます。しかし、ミノキシジルの副作用リスクは配合量に比例するといわれているので、リアップX5プラスとジェンヌを比較すると女性用のジェンヌの方が副作用への心配は低いと言えます。

関連記事ミノキシジルは女性も使える?危険はないの?

リアップの副作用で死亡した例がある?

リアップの主成分ミノキシジルには血圧に作用するという性質があります。もともとこの成分は高血圧の治療ように開発されていたものだからです。しかし飲み薬に関しては日本で未だに承認されていません。

リアップの重篤な副作用が起こる確率はごくわずかですが、それでも0%というわけではありません。特に循環器(心臓)や血管性の疾患で重症な人は血圧に作用するミノキシジルを使うべきではありません。

実は2003年9月26日にリアップを使用した際の副作用で死亡したのではないか?ということが報道され、メーカーの大正製薬では調査に乗り出しました。当時リアップのユーザー数は60万人を超えていて2003年の時点で累計3,000万本を出荷しています。

今もまだ詳細については原因不明ですが、購入するときに薬剤師に心臓病や高血圧性疾患の既往を伝え忘れると、急激に血圧が不安定になる可能性は否定できません。薬局では薬の手帳を活用しネット購入の場合は正直に過去の病歴と現在服用中の薬を伝えるようにしてください。

○9月26日の報道
9月26日、新聞等にて「一般用医薬品の副作用と疑われる死亡例が、過去3年間に10例、厚生労働省に報告されていた。うち3例がミノキシジル製剤を使用していた方だった」という報道がありました。

今回報道されました3例は、1999年11月から12月に、ご家族や薬局様から当社へ連絡が入り当局に報告したもので、いずれの例も薬剤との因果関係は不明です。厚生労働省でも「副作用の可能性は低い」と正式にコメントされています。

(リンク元:大正製薬「リアップに関する新聞報道について」)

実際のリアップの副作用に関する口コミ

有効成分からリアップに効果があることはわかりますが、残念ながら副作用が出てしまったという口コミが実際にありますので、ご紹介しましょう。

  • 使用した箇所とその付近にかゆみとかぶれが…抜け毛も顕著になってきました。
  • 元々低血圧だったけど、より酷くなってしまいました。
  • リアップの使用を開始してから体重が増えた

上記の様な口コミがあり、見かけてしまった人は当然不安に感じることでしょう。それぞれの口コミを詳しく解析してみましょう。

リアップの口コミ①:頭皮のかゆみやかぶれ

リアップの副作用の中でも一番多く見かけるのが、頭皮のかゆみやかぶれ、発疹などの口コミですがこれは、有効成分であるミノキシジルやエタノールなど配合されている成分が肌に合っておらずアレルギーを引き起こしている可能性があります。

つまり、頭皮環境が悪化することで抜け毛を助長してしまうことでリアップの副作用で抜け毛が増えたと言われてしまうようです。

ちなみに、頭皮に何の変化もなく初期の頃にかゆみを感じる場合には、ミノキシジルの効果で血管が拡張されることで頭皮がかゆくなっている可能性があるのでしっかり頭皮を観察しましょう。

リアップの口コミ②:低血圧の悪化

そして、リアップを長年使用している人の中には血圧に異常が出てしまった人もいるようです。これは、有効成分であるミノキシジルが元々は“高血圧治療薬”として開発された成分であることが原因でしょう。

ミノキシジルには高い血管拡張作用があります。このため、元々低血圧の人の場合は血圧が下がり過ぎてしまう可能性があるのです。

現在高血圧や低血圧、心臓病など血圧に深く関係する治療を受けている人は、主治医もしくは薬剤師に相談の上でリアップを使用するようにしてください。特に過去に脳梗塞やくも膜下出血など脳の手術をした経験がある人は使用に際して注意が必要です。

リアップの口コミ③:体重増加

ちらほらと見かけるのが、リアップの使用を開始してから体重が増加してしまったというものです。抜け毛を予防し髪の毛を増やすつもりが体重が増えてしまったら困りますね。

こちらもミノキシジルの副作用として考えられているもののひとつです。紹介した通りミノキシジルは元々降圧剤として使用されていました。血管拡張作用があるのですが、その結果水分代謝が不安定になり浮腫(むくみ)を起こすケースが考えられます。

リアップを使用しはじめて短期間で体重増加が見られた場合にはただちに使用を中止して医師に相談してみましょう。

リアップは使い方を間違わなければ副作用はそれほど心配ない?

リアップの口コミを見ていると、副作用が現れている人がいることがわかります。そして、ネットなどでも副作用があり危険だという声は絶えません。

ですが、臨床試験のデータからもわかるように副作用が現れたという人はとても少ないです。実際に副作用が現れている人は、心臓疾患がある人や、血圧に異常がある人、肝臓や腎臓に機能低下が見られる人のようです。

リアップは外用薬なので飲み薬のような高い副作用リスクはありません。一番懸念すべき副作用は頭皮にでてくるかゆみとかぶれです。脂漏性皮膚炎やアトピーの傾向がある人は使用する前に皮膚科に相談してください

説明書通りに正しく使用する分には大きな問題を起こすことはありません。副作用同様安全性についてもきちんと検証されています。

リアップの副作用に対するQ&A

リアップの副作用に関する疑問を解決してみましょう。全てではありませんが、よく寄せられている質問に答えてみたいと思います。

Q.リアップの副作用はいつ現れますか?
A.具体的な期間はありません。使用開始直後の人も居れば途中から現れる人もいます。
Q.頭皮に赤みやかゆみがあるときでも継続使用して良いですか?
A.継続的に使用することはおすすめできません。使用を中止し医師に相談しましょう。
Q.リアップの黒い噂「死亡事故」って本当ですか?
A.結論からいうと「単なる噂」です。一般用医薬品の副作用で3年間で死亡10件のうち、3件がミノキシジル製剤の使用者と発表があり、製品自体は発表されませんでした。そして、当時ミノキシジル配合の治療薬として浸透しはじめたのがリアップだったことで、「リアップのせいで…」という噂が出てしまったようです。

リアップの副作用のまとめ

リアップの副作用は様々なものがあり、どのような副作用が現れるのかは大正製薬のホームページで確認することができますし、リアップのパッケージや取り扱い説明書にも記載されています。

過度の心配は必要ありませんが、脱毛は年齢とともに起こりやすくなるものなので、持病を持っているひとは主治医に相談することを忘れないでください。

また頭皮が荒れると抜け毛の原因になりますので、リアップを使用して頭皮に異常が感じられたらすぐに利用を中止しましょう。副作用を知って正しく利用すればリアップで発毛体験できるはずです。

関連記事ミノキシジルの副作用は軽く見ちゃだめ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です