リアップの副作用で薄毛が進行?!口コミからわかる真実と対策法


リアップといえば日本初の発毛剤として知られており、効果を期待している反面でリアップの副作用が気になっている人が多いのも現状です。
しかも、リアップで副作用が現れたばっかりに薄毛が進行してしまったという声も上がっているようですので、口コミから真実と対策法を解析したいと思います。

そもそもリアップに副作用はある?

日本初の発毛剤としてCMでも大々的に放送されていることから期待を寄せている人も多いリアップですが、結論としては副作用があります。成分を見れば副作用があることがわかりますのでご紹介しましょう。

有効成分・ミノキシジル 5.0g
・ピリドキシン塩酸塩 0.05g
・トコフェロール酢酸エステル 0.08g
・l-メントール 0.3g
添加物・セタノール
・1,3-ブチレングリコール
・ジブチルヒドロキシトルエン
・リン酸
・エタノール

こちらが現在大正製薬からおすすめされているリアップX5プラスの有効成分と添加物ですが、中でも注目していただきたいのは“ミノキシジル”です。

実はミノキシジルは医薬品指定されている成分なので、効果は育毛剤よりも期待できますが、その分副作用のリスクも上がってしまうのです。ですので、結果的にリアップには副作用があります。

女性用のリアップでも副作用はある?

リアップには男性用だけでなく女性用もあります。結論としては女性用のリアップであっても副作用はあります。男性用と同じように成分を確認してみましょう。

有効成分・ミノキシジル 1.0g
・パントテニールエチルエーテ 1.0g
・トコフェロール酢酸エステル 0.08g
・l-メントール 0.3g
添加物・1.3-ブチレングリコール
・クエン酸
・エタノール
・ヒアルロン酸Na

前の項で紹介したリアップX5プラスよりはミノキシジルの配合量が少ないものの、医薬品成分であるミノキシジルが配合されているため、リアップリジェンヌでも副作用の危険性はあります。

実際にリアップの副作用は明記されている

効果が期待できるリアップですが、使用する際に注意点についてはパッケージや大正製薬のホームページに記載されています。
臨床試験のデータも公表しており、副作用の発現率は8.0%(主な副作用・・・湿疹2.0%、毛のう炎2.0%、接触皮膚炎2.0%)とされています。現れる可能性のある副作用には以下のようなものがあります。

関係部位症状
皮膚頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

そのため、使用している間は上記の様な副作用に注意しましょう。

使用を開始して体に異変があった場合はすぐに使用を中止し医師に相談してください。
実際にどのような副作用が現れるのか口コミから確認しましょう。

実際のリアップの副作用に関する口コミ

有効成分からリアップに効果があることはわかりますが、残念ながら副作用が出てしまったという口コミが実際にありますので、ご紹介しましょう。

  • 使用した箇所とその付近にかゆみとかぶれが…抜け毛も顕著になってきました。
  • 元々低血圧だったけど、より酷くなってしまいました。
  • リアップの使用を開始してから体重が増えた

上記の様な口コミがあり、見かけてしまった人は当然不安に感じることでしょう。それぞれの口コミを詳しく解析してみましょう。

リアップの副作用①:頭皮のかゆみやかぶれ

リアップの副作用の中でも一番多く見かけるのが、頭皮のかゆみやかぶれ、発疹などの口コミですがこれは、有効成分であるミノキシジルやエタノールなど配合されている成分が肌に合っておらずアレルギーを引き起こしている可能性があります。

つまり、頭皮環境が悪化することで抜け毛を助長してしまうことでリアップの副作用で抜け毛が増えたと言われてしまうようです。

ちなみに、頭皮に何の変化もなく初期の頃にかゆみを感じる場合には、ミノキシジルの効果で血管が拡張されることで頭皮がかゆくなっている可能性があるのでしっかり頭皮を観察しましょう。

リアップの副作用②:低血圧の悪化

そして、リアップを長年使用している人の中には血圧に異常が出てしまった人もいるようです。それは、有効成分であるミノキシジルが元々は“降圧剤”であったことが原因でしょう。

ミノキシジルには血管拡張作用があることで、血圧を下げているため元々低血圧の人の場合には血圧が下がり過ぎてしまう可能性があるようです。

とはいえ、下がったと感じる人も定期的に血圧を測っていたのかも定かではありません。ですが、高血圧や低血圧の人は薬剤師に相談するようにと注意書きがありますので、少なからず影響している可能性はあります。

リアップの副作用③:体重増加

ちらほらと見かけるのが、リアップの使用を開始してから体重が増加してしまったというものです。抜け毛を予防し髪の毛を増やすつもりが体重が増えてしまったら困りますね。

こちらもミノキシジルの副作用として考えられているもののひとつです。紹介した通りミノキシジルは元々降圧剤として使用されていました。血管拡張作用があるのですが、これは血管の中の水分を細胞に適当に分散させてしまうのです。

すると、結果的にむくみの原因にもなり急激な体重増加に繋がるようです。ですので、リアップを使用して短期間で体重増加が見られた場合には使用を中止して医師に相談してみましょう。

リアップの副作用は本物だがむやみに恐れる必要はない

リアップの口コミを見ていると、副作用が現れている人がいることがわかります。そして、ネットなどでも副作用があり危険だという声は絶えません。

ですが、臨床試験のデータからもわかるように副作用が現れたという人はとても少ないです。実際に副作用が現れている人は、心臓疾患がある人や、血圧に異常がある人、肝臓や腎臓に機能低下が見られる人のようです。

逆を言えば、健康的でリアップに含まれている成分に対してアレルギーさえなければリアップで副作用を感じる事はあまりないはずです。とはいえ、身体に異常がみられる場合にはすぐに利用を中止するようにしましょう。

リアップの副作用に対するQ&A

リアップの副作用に関する疑問を解決してみましょう。全てではありませんが、よく寄せられている質問に答えてみたいと思います。

Q.リアップの副作用はいつ現れますか?
A.具体的な期間はありません。使用開始直後の人も居れば途中から現れる人もいます。
Q.頭皮に赤みやかゆみがあるときでも継続使用して良いですか?
A.継続的に使用することはおすすめできません。使用を中止し医師に相談しましょう。
Q.リアップの黒い噂「死亡事故」って本当ですか?
A.結論からいうと「単なる噂」です。一般用医薬品の副作用で3年間で死亡10件のうち、3件がミノキシジル製剤の使用者と発表があり、製品自体は発表されませんでした。そして、当時ミノキシジル配合の治療薬として浸透しはじめたのがリアップだったことで、「リアップのせいで…」という噂が出てしまったようです。

リアップの副作用を知って正しく使おう

リアップの副作用は様々なものがあり、どのような副作用が現れるのかは大正製薬のホームページやリアップのパッケージにも記載されています。

自分は関係ないと思ってしまうと副作用が出たときに困ってしまうと思いますので、可能性があるという程度に頭の中で覚えておきましょう。

頭皮が荒れると抜け毛の原因になりますので、リアップを使用して頭皮に異常が感じられたらすぐに利用を中止しましょう。そうすれば重篤な副作用は回避することができるはずです。副作用を知って正しく利用すればリアップで発毛体験できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です