リグロとプロタガを比較したらハゲにいいのはどっちだ?

脱毛治療イメージ

治療が必要なレベルの脱毛症で皮膚科に通っている人が年々増加しています。患者が増えているということは脱毛症「予備軍」も増加の一途をたどっているということ。

成人男性はおよそ40%の割合でAGA(男性型脱毛症)を発症すると言われていますし、FAGA(女性型脱毛症)も年々増加の一途をたどっています。

AGAとFAGAで共通しているのは「年齢やストレスが大きな原因である」ということです。

しかし、早めに対策を立てれば発症を遅らせることができるということも判明しているので、今回は今話題の育毛対策アイテム、「リグロEX5」と「プロタガ」を比較していきましょう。

リグロとプロタガはコンセプトの違う育毛対策グッズ

リグロとプロタガは目的が同じ「育毛対策」だとしても、それぞれのコンセプトが全く異なるアイテムです。

リグロは「AGA治療薬」であり、プロタガは「育毛サプリメント」だからです。さらに「塗る」リグロと「飲む」プロタガという違いも大きいですね。

この両者のコンセプトの違いをはっきりと認識しておいたほうが良いでしょう。治療薬であるリグロには高い効果がある一方で、使用方法はしっかりと守り、副作用のことも考えなければなりません。

プロタガはサプリメントなので1日の摂取目安量を守っていれば特に問題となることはありませんが、原料になる食材に対してアレルギーを持つ人は使うことができません。また飲むタイプなので効果が毛髪だけにあらわれるとは限りません。

リグロとプロタガを効果の違いで比較した結果

脱毛の悩みというのは90%以上が進行性のAGA(男性型脱毛症)です。しかもこの厄介な病気は年齢が高くなればなるほど、発症率も高まり、50代になると40%以上の男性が発症すると言われています。

そのためリグロとプロタガのどちらを使うにしても早めに対策をした方が効果が高いということです。

リグロEX5は皮膚科やAGAクリニックで処方されるAGA治療薬と組み合わせて使うというのが現在のAGA治療の第一選択肢となります。それだけ主成分の5%ミノキシジルは効果が高いということです。

そしてリグロは一般薬ですが、第一類医薬品に分類されているので購入するときは薬剤師から医薬品情報の説明を受けることが法律で義務付けられています。

AGA治療薬+5%ミノキシジルの治療効果はかなり高いと言われています。

一方のプロタガは治療ではなく「予防」が目的です。しかし、独自の成長因子促進成分HGPの作用で従来の育毛サプリより育毛効果が高いと言われています。

女性でも服用可能な食品由来の成分でできている上に日頃の健康維持にも必要な栄養素が配合されているので、早めの予防対策としては非常に有益でしょう。

リグロとプロタガの成分配合を比較してみよう

それでは実際にリグロとプロタガの成分を比較してみましょう。

リグロの成分一覧
  • 主成分:5%ミノキシジル
  • 副剤:エタノール、プロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、酒石酸
プロタガの成分一覧
  • 独自成分:HGP(成長因子促進成分)
  • 有効成分:ノコギリヤシエキス、レモンバームエキス、ヒハツ抽出粉末、GABA、亜鉛、ビタミンB群、カテキン含有緑茶抽出物など

リグロとプロタガには副作用がある?

リグロは医薬品なので副作用があります。

リグロEX5の主な副作用
頭皮のかゆみ、フケの増加
鼻づまり
頭痛、頭がぼーっとする
めまい、耳鳴り
赤ら顔
こうした副作用の発症頻度は10%以下です。またごく稀に重篤な副作用のアナフィラキシーショックや全身浮腫などを起こす場合があります。

リグロの主成分ミノキシジルは血圧に直接作用する働きがあるので、持病があり治療中の方は導入する前に主治医と相談してください。また服薬治療中の方は購入するときに薬の手帳を活用しましょう。

プロタガは食品なのでこのような強い副作用の心配はありません。しかし、原料に使われている卵、ノコギリヤシ、レモンバームなどにアレルギーがある人は使用を控えてください。

リグロとプロタガを値段で比較してみた

脱毛対策やAGA治療はヘアサイクル(毛髪が生え変わるサイクル)と深い因果関係があります。特にAGAは進行性なので放置しているとどんどん進行していきます。

そしてヘアサイクルが健康な人に比べると極端に短くなっているので、AGAの治療や対策は半年以上継続する必要があると言われています。

リグロもプロタガも使用目安は30日です。だから「値段」が非常に気になりますよね。

リグロEX5の値段は1本あたり7,000円(税別)が標準的な値段です。第一類医薬品なのでショップによる値段差はそれほどありません。

プロタガは通販限定商品です。単品で購入した場合は8,640円ですが、定期購入コースを使った場合は

  • 初回限定:980円(税込)
  • 2回目以降:6,458円(税込)
  • 送料無料
になりますので定期コースで購入するのがお得です。

リグロとプロタガは公式、楽天、amazonで買った場合どれが一番お得?

リグロはロート製薬が製造・販売しています。ロート製薬の公式サイトには通販コンテンツがあり、そこでも取り扱いがあります。

またamazon、楽天市場にも公式ショップがあり、楽天市場なら他の医薬品を取り扱っているショップがリグロEX5を販売しています。

楽天IDを持っている人は、ポイントがサクサクたまるので、リグロについては楽天市場で購入するのが一番お得です。

ただ、人気の商品なのかamazonや楽天では品薄状態が続いていますし、正規品は7,000円+消費税が相場です。

プロタガの方は公式サイトと楽天市場での取り扱いになります。育毛サプリは類似商品が多いので、公式サイトか楽天市場の公式ショップで購入するようにしましょう。

リグロとプロタガの口コミバトル

リグロは一般的な薬局やドラッグストアでも購入可能ですがプロタガはネット通販でしか取り扱いがないので、ネットでの口コミは必ずチェックしましょう。

リグロの良い口コミ

  • (40代会社員)リグロEX5が初めてのミノキシジル発毛剤です。身体になにか悪影響が出るわけでもないしまったく問題なく使えています。最近少し抜け毛が減って、さらに生え際に産毛っぽいのが生えてきました。このまま続ければもっと生えてくると思います。
  • (50代会社員)一度リアップ使ってて副作用が起きた経験から途中で辞めたことがあります。最近また抜け毛がひどいことになってきたので、もう一度発毛剤を使ってみようと決心。ちょうど良いタイミングでリグロEX5なるものが発売されたので購入。リグロEX5は全然副作用を感じません。なぜかはわからりませんが、これなら続けられそうです。

リグロの悪い口コミ

  • (30代サービス業)リグロ使うようになってから頭がかゆい!タイミング的にリグロに原因があるようだ。もったいないので一本は使い切るつもりだけど…なんだかなあって感じ。ジェネリックなのに値段もリアップと変わらないから続けるつもりはなし。
  • (40代主夫)新しもの好きなんで、リアップを止めて一度リグロEX5を購入してみようと思いました。長年リアップ使ってて成分に不安はなかったんですが、1ヶ月使った感想としては、特別リグロEX5を選ぶ理由はないですね。ノズルは頭皮に優しい作りになってるけど、価格も成分も変わらない。パッケージは面白いですけど(笑)

プロタガの良い口コミ

  • (33歳会社員)「年々髪の毛が薄くなっていると感じていましたが、まだ病院に行くのは早いと思い、できれば育毛剤やサプリメントで対策を済ませたいと思っていました。ネットでの口コミも良かったのでプロタガに決めました。結論は抜け毛が気にならず床屋に行く回数も増えていると実感できているので効果は確かだと思います。
  • (38歳自営業)「半年ほど前から息子にデコが広いと言われ、もうそんな年になったのかと思いました。しかし、このまま額が後退していくのも癪にさわるし、子供にもかっこいいパパと言われたくプロタガをスタートしました。飲むだけという気軽さもあり、シャンプーを低刺激性にものに変えただけですが、その後息子からおでこをからかわれることがなくなりました。」

プロタガの悪い口コミ

  • (50歳会社役員)「家内から頭が薄くなってきた?と言われたのが始めたきっかけです。床屋でも少し薄くなってきましたかね?と言われて気になっていましたがついに家内にもわかるようになったかと焦っています。初めて2ヶ月経ちましたが目立つような効果は実感できていません。ただ、シャンプー時の抜け毛はあまり目立たなくなったかな?という程度です。継続すべきかどうかは悩み中です。AGAは進行性だと聞くし、価格が高いのでキャンペーンが終わると継続するのは厳しいです。」
  • (26歳教員)「髪の毛が薄い家系で、人に接する仕事柄早めに薄毛対策をしておいた方がいいだろうと思い、ネットでの口コミ評価の高いプロタガを試しています。初回限定キャンペーンでは格安で購入できますが、継続するのはちょっと厳しい値段ですね…他のサプリメントや育毛剤を考えます。正直まだ人から指摘されるほどの薄毛というわけでもないので…。」

リグロとプロタガを比較したらハゲにいいのはどっちだ?のまとめ

口コミでリグロEX5はリアップのジェネリックという話が出てきましたが、これはミノキシジルの薬剤特許関係が切れて大正製薬以外のメーカーからもミノキシジル製剤が発売できるようになったからです。

現在ミノキシジルは5%配合が国内最大配合量なのでリアップX5プラスとリグロでは大きな価格差はありません。ジェネリックといっても一般薬なので、処方薬とは事情が異なります。

ただし、AGA治療の現場ではミノキシジルが必ずと言って良いほど使われますので、リグロのAGA治療効果がリアップと比べて劣るということはありません。5%ミノキシジルを3年間投与したAGAの治療効果は90%とされています。

対してプロタガはサプリメントなので、副作用についてはリグロほど心配はありませんが、毛髪以外の体毛が濃くなる可能性があります。

独自成分のHGPは卵黄由来の成長因子促進成分なので他の育毛サプリより効果が高いと考えられます。そして1日2カプセル飲むだけでいいというのは塗り薬よりも取り扱いが楽というメリットがありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です