ラボモ(LABOMO)育毛剤の口コミ情報!

アートネーチャーからついに発表された医薬品育毛剤の「ラボモ ヘアグロウミノキシ5」!
発毛効果が確認されている医療用成分ミノキシジルを国内最大量となる5%も配合していることで、注目度も高いのですが、気になる口コミはどうなのでしょう?

おすすめ☑︎育毛剤(発毛剤)おすすめ2019|ランキング女性用・男性用トップ3

関連記事ラボモ(LABOMO)の商品一覧!発毛剤やシャンプーヘアカラートリートメント情報

ラボモ育毛剤について

ラボモシリーズを開発・販売しているアートネーチャーは50年以上に及ぶ頭皮研究を重ねてきた実績のある会社です。多くの方は「かつら(ウィッグ)」メーカーとして認知していると思いますが、男性向けの育毛サロンとしては国内でも最古参企業の一つで、「育毛」については長年の研究成果を持つメーカーなんですよ。
現在日本で唯一「発毛効果」が認められているのは医療用成分のミノキシジルです。2018年に大正製薬が保有していたミノキシジルに関する薬剤特許が切れたことで、他のメーカーも発毛剤開発に着手しました。
アートネーチャーも満を持して2019年に国内最大配合量の5%ミノキシジルを含有した育毛剤「ヘアグロウミノキシ5」を発売開始!またこれに合わせて従来のラボモシリーズをリニューアル。本気で発毛したい男性に向けてのホームヘアケアブランドとして「ラボモ」を再始動しました。

ラボモの医療用育毛剤(発毛剤)ヘアグロウミノキシ5とは?

ラボモシリーズの最上位に位置するのが医薬品のヘアグロウミノキシ5です。この育毛剤の主成分ミノキシジルは現在唯一発毛効果が確認されている成分で、薬の成分として利用されています。
ミノキシジルには配合濃度が高いほど効果と副作用が強くなるという性質があります。ヘアグロウミノキシ5には国内で認められている最大量の5%が配合されているので、今日本で一番毛が生える育毛剤だと言えます。
日本皮膚科学会が策定する壮年性脱毛症の治療ガイドラインでもミノキシジルの外用薬は推奨度が最高ランクのAを獲得しています。
しかし、5%ミノキシジルを使用できるのは成人男性のみ、女性や未成年は安全性が確認されていないので使うことができません。

ラボモの育毛剤ヘアグロウミノキシ5の口コミ

ラボモの育毛剤ヘアグロウミノキシ5は2019年12月にリリースされたばかりなので、まだネットでも口コミなどの情報は得られませんでした。
しかし、現在日本で唯一発毛効果が認められている成分がミノキシジルで、大正製薬のリアップやロート製薬のリグロEX5などすでに発売されているミノキシジル外用薬はネットでも高い評価を得ています。
ヘアグロウミノキシ5もリグロEX5(ロート製薬)やスカルプDメディカルミノキ5(ANGFA)同様、主成分は5%ミノキシジルで、それ以外は水やアルコールなどの基剤のみなので、概ね効果や評価は同等と考えて良いでしょう。

5%ミノキシジルの発毛効果

2018年まで日本国内におけるミノキシジルの薬剤特許関係を保有していた大正製薬のデータによれば5%ミノキシジルを13ヶ月間継続的にAGA患者に投与したところ以下のような臨床検査結果が得られたと公表されています。

効果判定割合概要
軽度改善約20.0%発毛は確認できるが、まだ頭皮が透けて見える程度の改善
中等度改善約66.7%発毛を目視可能。ただ、周囲の健康な毛髪と比べるとまだ細い状態
著明改善約11.1%周囲の健康な毛髪と見分けがつかないレベルまでの高度な改善
悪化約2.2%脱毛が促進または完全脱毛に近い状態担ってしまった例

副作用や体質で悪化してしまった例も2.2%ありますが、改善が見られたのは90%を超えています。著明改善も11%を超えているのでこれは非常に優れた治療薬であると言えます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは医療用成分なので副作用があります。最も多いのは「頭皮のかゆみとかぶれ」でおよそ8.8%の確率で発生します。
またミノキシジルに対するアレルギーを持っている場合は、重篤な副作用としてアナフィラキシーショックを起こすことも考えられます。アナフィラキシーショックには「呼吸不全」、「全身浮腫」、「全身蕁麻疹」、「動悸」などの全身症状が含まれています。
ただし、ミノキシジルアレルギー(アナフィラキシーショック)の発症頻度は0.1〜0.001%以下と非常に低いので、パッチテストを行って湿疹や赤みなどを起こさなければ普通に使用できると思います。

ラボモの育毛剤の口コミに関するまとめ

アートネーチャーのホームヘアケアブランド「ラボモ」は2019年12月に医療用育毛剤ヘアグロウミノキシ5の発売に合わせて商品展開をリニューアルしました。
まだリニューアルから間もないこともあり、ネットでの口コミは確認できませんでしたが、他社の5%ミノキシジル外用薬比べると効果は同等で価格が安いということもあり、今後発毛剤分野の台風の目となる可能性があります。
ちなみに他社の5%ミノキシジル外用薬が7,000円〜7,800円前後なのに対して、ヘアグロウミノキシ5は1本あたりの購入価格が6,960円、3本セットだと18,792円(1本あたり6,264円)、5本セットなら29,580円(1本あたり5,916円)で購入することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です