デュタステリドってどんな薬?新型AGA治療薬に迫る!

脱毛治療イメージ

男性にとって薄毛やAGAはとても切実な問題です。一度は皮膚科やAGAクリニックに相談してプロペシアやミノキシジルによる治療を受けてみたけど、思っていたような効果が得られなかった方もいるのではないでしょうか?

そこで2016年に登場したのが、プロペシア(フィナステリド)では効果がでないI型5α-リダクターゼ由来のAGAにも効果がある新しいAGA治療薬のデュタステリド(薬品名:ザガーロ)です。

新薬なのでまだ馴染みはないかもしれませんが、第3のAGA治療薬として熱い注目を集めている薬なんですよ!!

デュタステリドとは?

血圧

デュタステリドはザガーロというAGA治療用新薬の主成分です。日本では2015年に厚生労働省が認可し、2016年から臨床医療の現場で用いられるようになりました。

AGA治療薬といえば定番はプロペシア(フィナステリド)ですが、もともとは前立腺肥大症治療薬として開発されていた経緯があるのに対し、デュタステリドは最初からAGA治療に特化した成分として開発されました。

どちらの成分も5α-リダクターゼというAGAの原因因子に作用して進行を食い止める効果があるのですが、5α-リダクターゼにはI型とII型が存在し、II型にしか作用しなかったフィナステリドに対してデュタステリドは両方の型に作用するのでより高い治療効果を得ることができる優れたAGA治療薬です。

しかし、一方で副作用リスクがフィナステリドより高いため、現在でもAGA治療時に第一選択肢となるのはフィナステリド(プロペシア)であり、デュタステリド(ザガーロ)はプロペシアでは効果が出なかった場合に処方されます。

デュタステリドは生え際に効く?という噂を大検証!

育毛剤イメージ

デュタステリドで検索すると「生え際」というキーワードが上位に表示されます。デュタステリドは生え際の後退や薄毛に効果があるということなのでしょうか?

実はAGAには幾つかのパターンがあり、日本人に最も多いのが額の生え際が後退していくM字タイプなんです。欧米人(特に白人)に多いのは頭頂部が脱毛するO字タイプで、M字タイプとO字タイプが合わせて起こる複合型や脱毛が全体に起こる全頭型というのもあります。

そしてデュタステリドは5α-リダクターゼが関与している全ての脱毛症に対して高い治療効果を示すので、どの型に一番効果があるというわけではありません。

日本人にはM字型が多いので「生え際」というキーワードで検索する人が多いのではないかと考えられます。

デュタステリドには副作用があるの?

デュタステリドのように特定の酵素にのみ反応する薬のことを「酵素阻害剤」と言います。
酵素阻害剤は体内の他の物質には作用しないため、効果が高く比較的副作用が少ないというメリットがあります。

しかし、医薬品である以上副作用はゼロではありませんので注意が必要です。特にデュタステリドにアレルギーがある人や前立腺肥大症治療薬、高血圧もしくは心臓病の治療薬を飲んでいる人は要注意です。

また、デュタステリドの作用によってDHT(ジヒデロテストステロン)が不足すると

  • 性欲(リビドー)低下
  • ED
  • 肝機能障害
  • 抑うつ状態

などの健康被害を起こしやすくなります。これらは副作用というよりもDHT減少による健康被害なので医師もしくは薬剤師の指示にしたがい、自己判断で薬を中止するようなことがないようにしてください。

デュタステリドを個人輸入する時の注意点について

薬の通販

現在日本における脱毛症治療は保険証が使えない自由診療です。このためAGA治療薬の処方を受ける時は薬代だけでなく治療費も全て全額自己負担になります。

加えて、AGAは進行性疾患で放置していると症状はどんどん拡大していきます。しかしながら、AGA治療薬は継続して服用する必要があるので、自己負担金が大きくなってしまうこともあり、海外製の安いAGA治療薬を購入する人も多いようです。

海外製のデュタステリドは原則として日本では流通していないので、個人輸入代行業者を使ってネット通販で購入することになります。これは完全に合法的な行為なのですが、自己責任での購入となり、リスクが伴います。

厚生労働省では医薬品等を海外から購入しようとされる方へというコンテンツを設けて注意喚起を行っています。

したがって、少なくとも利用する業者の信頼性を比較サイトで確認し、副作用情報などがきちんと日本語で開示されているかどうかをしっかりとチェックした上で、購入するようにしてください。

デュタステリドが効かないケースって?

男性-ダメ-イメージ

デュタステリドはAGAに対しおよそ80%の確率で治療効果を上げると言われている優れた治療薬です。しかし、逆に言えば20%は効かない人がいるということになりますね。
ではデュタステリドが効かないのはどのようなケースなのでしょう?

  1. 完全脱毛を起こしている
  2. デュタステリドに対してアレルギーがある
  3. 脂漏性皮膚炎や頭皮アトピーなどの皮膚疾患がある
  4. 生活習慣が乱れている:睡眠不足、偏った食事、肥満傾向、運動不足など
  5. 生活習慣病を発症している

このような理由でデュタステリドが効かないことが考えられます。特に完全脱毛を起こしている毛穴では毛髪の再生が行われなくなるので内服薬や育毛剤による治療は効果がありません。

デュタステリドのまとめ

プロペシア、プロペシアジェネリックに続く第3のAGA治療薬として2016年に登場したザガーロの主成分が今回紹介したデュタステリドです。

AGAの原因因子である5α-リダクターゼにはI型とII型があり、プロペシアの主成分フィナステリドがII型にしか作用しないのに対し、デュタステリドは両方の型の5α-リダクターゼに作用するため、プロペシアよりも治療効果が高いと言われている注目の新薬です。

しかし、治療効果が高い反面副作用も出やすく、いまだ実績面ではプロペシアほど信頼性が高いわけではないので、実際の臨床治療ではプロペシアでは効果が出なかった場合に処方される薬です。

AGA治療は自由診療なので、個人輸入代行を使って安い海外製のデュタステリドを求める人が多いのですが、女性や未成年には処方できない薬であることと、このような購入方法は100%自己責任なので利用する時は十分に注意をした上で購入してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です