MUNOAGA(ミューノアージュ)育毛剤の成分まとめ!効果についても解説

ミューノアージュ育毛剤

今ネットで大注目されている女性向けの薬用「MUNOAGA(ミューノアージュ)育毛剤」ですが、最大の特徴は5つの薬用成分が配合されているという点!
普通の薬用育毛剤は3種類の薬用成分配合が主流なので、2種類も有効成分が多いのは大きなメリットです。
今回は気になるミューノアージュ育毛剤の成分についてわかりやすく解説していきます。

おすすめ記事☑MUNOAGA(ミューノアージュ)育毛剤について!

MUNOAGA(ミューノアージュ)育毛剤とは?

ミューノアージュ育毛剤が従来の薬用育毛剤と違うのは薬用成分の配合数とWアプローチヘアシステムです。通常は1本に3種類の薬用成分を配合し、頭皮ケアと育毛促進の両方を賄うのが主流です。しかし、ミューノアージュ育毛剤は頭皮ケアと育毛促進を分けて考え、それぞれの役割に応じた薬用成分と有効成分を配合し、最大育毛効果を狙った薬用育毛剤です。
しかも育毛を担当する2剤(ボトル番号2)には5種類の薬用成分を配合!有効成分の数で比較してもミューノアージュの育毛効果が期待できるというものですね。

ミューノアージュ育毛剤の成分

ミューノアージュ育毛剤には

  • 頭皮環境を整える1剤
  • 育毛と発毛を促進させる2剤

に分けられているので、それぞれのボトルごとに成分を見ていきましょう。

1剤目の成分

  • 頭皮環境サポート成分:オクタペプチド-2
  • 保湿成分:カミツレエキス、ヒアルロン酸Na、シソ葉エキス

2剤目の成分

  • 薬用成分(血行促進&頭皮保護効果):グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、酢酸DL-a-トコフェロール、パントテニルエチルエーテル、ピロクトンオラミン
  • 保湿成分:ニンジンエキス、カキタンニン、イチョウエキス

ミューノアージュ育毛剤の効果とは?

ミューノアージュ独自のWアプローチヘアプログラムはその名の通り、「頭皮ケア」と「育毛促進」のWアプローチで女性の毛髪の悩みを根本から改善していきます。
Wアプローチケアシステムの概要

  • ペプチドアプローチ(1剤):頭皮美容液でまずは頭皮環境を整える
  • 有効成分アプローチ(2剤):5種類の医薬部外品成分配合による強力な育毛&発毛促進

使い方について

ボトルが2本に分けられていることはミューノアージュの特徴の一つです。初めての方は戸惑うことが多いので、正しい使い方を伝授いたします。

ボトル1と2は連続して使う

ボトル1と2は時間をあけずに連続して使ってください。まずボトル1を頭皮全体に行き渡るように何度かに分けて塗布し、指の腹を使っても揉み込みます。これと同じことをボトル2でも行ってください。
万が一順番を間違えても慌てないでください。2を先に使ったら直ちに1を使います。本来は1の後に2を使うのが正しい使い方ですが、この程度であれば問題ありません。

1日2回の育毛タイム

ミューノアージュ育毛剤は朝晩2回使ってください。こうすることで最大効果を発揮します。

毎日継続!

理想的なのはシャンプーで清潔にしたあとの頭皮をドライヤーで乾かし1日2回使用することですが、シャンプーを行わない日も欠かさずに使うようにしましょう。

副作用について

ミューノアージュに含まれている薬用成分には医薬品のような強い副作用はありません。
ただし、血流改善成分が配合されているので、体質や体調によって以下のような異常を感じることがあります。

  • 頭皮のかゆみ、フケ
  • 頭痛、めまい
  • 発赤(頭皮が赤くなること)
  • 熱感、チリチリ感
  • 鼻づまり
これらの異常は薬用成分が効果を発揮しているために起こるものです。したがって日常生活に影響がない程度ならば継続してください。しばらくすると自然と落ち着いてきます。
一方、自覚症状が強かったり、いつまでも引かない場合は使用を中止して皮膚科に相談してください。

ミューノアージュ育毛剤の成分に関するまとめ

ミューノアージュには5種類の薬用育毛成分が配合されています。また頭皮環境を整えるボトルと育毛促進効果を担うボトルに分けることで、最大効果が得られるようになっています。
薬用成分には医療用成分ほどの強い副作用はありませんが、体調や体質によって異常を感じる場合があります。無理は禁物ですが、軽度の症状ならばそれは有効成分が効いている証拠なので継続してください。

おすすめ記事☑育毛剤・発毛剤おすすめランキング2019【女性用・男性用TOP3!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です