育毛剤の成分について詳しく解説します

脱毛治療イメージ

今隠れた大ヒット商品と言われているのが育毛剤です。ドラッグストアだけでなくネット通販サイトでも育毛剤を検索すると数多くの商品がヒットしますよね?
正直どれを選んでいいのかわからないという方も多いはず。そこで今回は育毛剤の成分に着目して詳しく解説していきます。

関連記事育毛剤(発毛剤)のおすすめ|2019ランキング女性用・男性用トップ3

育毛剤の主成分は3つのカテゴリーに分けられる

育毛剤のパッケージには「医薬品」、「医薬部外品(薬用)」のいずれかの表示があるものとないものがあります。
医薬品はそのものズバリ「薬」で脱毛症の治療に用い、主成分には医療用成分が配合されています。
医薬部外品(薬用)は薬と化粧品の中間に位置するもので、厚生労働省が効果を認めた医薬部外品成分(薬用成分)が一定量配合されているものです。
化粧品は上記以外の商品で頭皮のキメを整える成分や保湿成分が配合されているタイプです。

育毛剤の主成分で見分ける3つのカテゴリー

  • 医薬品:医療用成分を配合(ミノキシジルなど)
  • 医薬部外品(薬用品):医薬部外品成分を配合(グリチルリチン酸ジカリウムなど)
  • 化粧品:医療用成分や医薬部外品成分を配合していない商品

育毛剤の医療用成分

育毛剤でもっとも効果の高い医療用成分はミノキシジルです。
他にもカロヤンに配合されているペンタデカンなどがありますが、臨床現場でも脱毛症治療に用いられるほどの治療効果の高さではミノキシジルの右にでる成分は今の所ないでしょう。
ミノキシジルは配合量の多さに効果と副作用が比例します。(第一類医薬品に該当する成分です)
ミノキシジル製剤はドラッグストアや薬局で購入できるので代表的なものを紹介しておきます。

5%ミノキシジル配合薬(男性専用)リアップX5プラス、リグロEX5、スカルプDメディカルミノキ5など
1%ミノキシジル配合薬(男性向け)リアップ、リアップジェット、リアッププラスなど
1%ミノキシジル配合薬(女性専用)リアップジェンヌなど

育毛剤の医薬部外品成分とは

医薬部外品と薬用というのは同じ意味で用いられます。こちらには厚生労働省が効果を認めた医薬部外品成分が配合されています。
医薬部外品成分には幾つか種類がありますが、3種類の医薬部外品成分を配合している商品が主流です。

代表的な医薬部外品成分4種類

ほとんどの医薬部外品育毛剤には次に紹介する4つの成分のうち3種類が配合されています。中でもセンブリエキスとグリチルリチン酸ジカリウムは育毛剤のマスト成分と言っても良いでしょう。

  • センブリエキス:血行促進効果
  • グリチルリチン酸ジカリウム:頭皮環境改善効果
  • 塩酸ジフェンヒドラミン:抗炎症効果
  • 酢酸トコフェロール:血行促進効果、抗炎症効果

代表的な医薬部外品育毛剤

チャップアップ、イクオス、ポリピュア、マイナチュレ、ルルシア、ベルタなど

育毛剤のそれ以外の成分

医薬品成分と医薬部外品成分以外にも数多くの成分が育毛剤には含まれています。例えばハーブエキス、生薬成分、カテキン、ポリフェノール類、メントール、各種ビタミン類、必須アミノ酸成分、ミネラル成分、コラーゲン、グリセリン、パンテノール、オイル成分などです。
また副剤として精製水やミョウバンなどが配合されています。

育毛サプリの成分について

最近注目されているのが育毛サプリです。育毛に必要な血行促進成分やアミノ酸、ミネラル類などを主成分として、体の内側から育毛をサポートする商品です。

育毛サプリの代表的な成分

育毛サプリには数多くの有効成分が含まれていますが、特に代表的な成分は以下のとおりです。

  • ノコギリヤシエキス:男性向け育毛サプリのマスト成分です
  • 亜鉛:日本人には不足されがちと言われているミネラルです。不足すると免疫力が低下して脱毛を起こしやすくなります。
  • 大豆イソフラボン:女性向けの育毛サプリに多く含まれている成分です
  • マカエキス:血行促進効果が高い成分です
  • 酵母エキス、乳酸菌:腸の調子を整えて免疫力を上げることで、頭皮環境をよくするための成分です
  • ビタミンC:高い抗酸化力があり、毛母細胞や頭皮細胞の劣化を防ぎます
  • ビタミンB群:細胞の再生を助ける成分です
  • CPP:複数のアミノ酸で合成された成分で細胞の活性化を促します
  • ニンジンエキス:サポニンが豊富でホルモンバランスを整える作用があります
  • アルギニン:細胞を活性化させる成分です
  • シトルリン:細胞を活性化させる成分です

など。
この他にも特許成分のHGP(プロタガの主成分)などその商品独自の成分もチェックポイントになりますね。

代表的な育毛サプリ

プロタガ、アガルプ、ブラックサプリEX、ブラックナチュレなど

育毛剤成分の副作用について

ほぼ全ての育毛剤には血行を促進させる成分が配合されています。(ミノキシジル、センブリエキスなど)
このため、急激な血流量増加による次のような副作用(もしくは副作用様症状)を起こす場合があります。

  • 頭皮のかゆみ
  • フケ
  • 頭痛、めまい
などです。ただし、これらの症状は効果がではじめている証拠でもあるので、日常生活に支障がない程度ならば継続した方が良いでしょう。どうしても我慢できない場合は使用を中止して医師に相談してください。
また何らかの持病があり治療中の方は育毛剤を使う前に主治医に相談してください。

初期脱毛について

育毛剤を使い始めてから1〜2ヶ月ほどすると急に脱毛が増えたように感じることがあります。これは「初期脱毛」と呼ばれる好転反応です。
ヘアサイクル(毛髪が生え変わる周期)が正常に戻る時、弱くなった毛根を追い出して新しく健康な毛根を作ろうとする生理反応が起こります。
人によってはこの時大量の脱毛を起こすので、副作用と勘違いして育毛剤の使用を中止してまうことがありますが、これもまた育毛剤の効果がでている証拠なので継続してください。

育毛剤の成分についてのまとめ

脱毛は一度起こしてしまうと症状がどんどん進行してしまいます。また全日本人の30%が脱毛を起こす時代と言われているので、自分は大丈夫とたかをくくらず、なってしまうことを前提として早めの予防策を講じるのが大切です。
まだ脱毛がそれほど顕著ではない場合の予防策としては医薬部外品の育毛剤がおすすめですが、脱毛が進行している場合は薬剤師と相談の上医薬品を使うのがよいでしょう。
育毛サプリは早期対策に有効ですが、育毛剤と併用することで相乗効果が期待できますし、内容成分は健康に良いものばかりなので食生活が乱れがちな人におすすめです。

関連記事育毛剤人気ランキング!2019年話題の育毛剤の料金や効果を女性・男性別に紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です