アボダート(Avodard)とは?効果などミノキシジル配合の薬用育毛剤について解説

アボダート(Avodard)は海外製のザガーロジェネリックなのですが、他の海外製ジェネリックとは少し違うところがあります。
ザガーロは日本で2番目に承認されたAGA治療薬ですが、2015年に承認された新しい薬で、日本国内ではまだジェネリック医薬品の承認が降りていません。
そこでザガーロを使ってAGA治療をする人は料金の安い海外製のジェネリックを購入することが多いのですがアボダードはある理由から特に人気の高い薬なのです。

アボダートとは?

まず、アボダードの先発薬であるザガーロとはどのような薬なのかを説明していきましょう。ザガーロの主成分はデュタステリドで、内服薬としては世界で2番目に承認されたAGA治療薬です。
製造元はイギリスに本社を置く世界的な製薬会社のグラクソ・スミスクライン(GSK)です。
通常ジェネリック医薬品とは先発薬のメーカーとは異なる製薬会社が作るのが一般的なのですが、アボダードはこのGSKが製造している薬なのです。
しかし、アボダードをザガーロジェネリックとして認めているのは世界でも韓国だけです。
実はもともとアボダードは前立腺肥大症の治療薬として開発された薬なので本来の用法はAGA治療とは異なります。
ところがアボダードもザガーロもデュタステリドの配合量が0,5mgと同じ比率で配合されています。本来ならばアボダードをAGA治療に使うのはイレギュラーな使い方ですが、韓国がザガーロジェネリックとして承認したことを受け、日本でも一部のAGAクリニックではアボダードを処方するケースがあります。
ちなみにですが、前立腺肥大症治療薬としてのアボダードは世界102ヶ国で承認されており、製造元も国際的な製薬会社大手の一つGSKなので正規品が入手できるのなら品質には問題ないと言われています。

アボダードとザガーロの違い

輸入薬を取り扱っている個人輸入代行業者のサイトではアボダードをザガーロジェネリックとして販売しているところが多いのですが、実際にはAGA治療薬がザガーロで、前立腺肥大所治療薬がアボダードです。
ただデュタステリドの含有量が0.5mgで製造がGSK(グラクソ・スミスクライン)ならば中身は全く同じ薬と考えてさしつかえありません。
そして実は日本国内でもアボダードと同じ薬が「アボルブ」という名前で承認されていて、こちらは前立腺肥大症治療薬なので、泌尿器科などで処方されています。
しかも、前立腺肥大症の治療は保険が適用されるので、服薬治療を受けている人はもしかしたらすでにアボルブが処方されている可能性があります。
デュタステリドはフィナステリドに比べると副作用が出やすい薬なので、アボルブを服用している人は重複服用することになり、副作用リスクが上がってしまうので、服薬治療中の方はまず、薬の手帳でアボルブが処方されていないかどうかを確認してください。

アボダードの成分

アボダードの主成分はザガーロと同じ、「デュタステリド」です。ただし、ザガーロにはデュタステリドの配合量が0.1mgと0.5mgの2タイプあるのに対して、アボダードは0.5mgのみとなります。
AGAの治療ではザガーロの0,5mgタイプが使用されることが多いので、アボダードでも特に作用が強すぎるということはないと思います。

効果について

アボダードはザガーロ0,5mgと同等の薬なのでザガーロを例にしてAGA治療効果について説明していきましょう。
ザガーロの主成分デュタステリドはフィナステリドの改良版と言われている成分です。プロペシアに配合されているフィナステリドはII型の5α-リダクターゼにしか作用しないのに対してデュタステリドはI型とII型に作用するので、フィナステリド(プロペシア)では効果のでないAGAに対して処方されます。
また、フィナステリドの半減期が4時間程度なのに対し、ザガーロの半減期は最大72時間と、効果を維持する期間も長いので、1回や2回ならば飲み忘れてもOKという点がメリットです。
II型5α-リダクターゼの阻害効果もフィナステリドの約3倍で、これにI型の阻害効果も加わるため、AGA治療効果は85%以上と報告されています。
プロペシアの3倍以上の効果を発揮する薬ならば最初からザガーロを処方したほうが良いという意見もありますが、副作用リスクはフィナステリドの約8倍で、フィナステリドでも70%以上の治療効果が得られるため、現在でもAGA治療時に最初に処方されるのはプロペシアです。

副作用について

アビダードの主成分「デュタステリド」の主な副作用(発症頻度の高い副作用)は主に3つで平均的な発症頻度は16%〜17%前後です。その内訳は

  • リビドー(性欲)の低下:8.3%
  • ED(勃起不全):10,8%
  • ED(射精障害):4.2%%

フィナステリドの場合、リビドー低下は1.1%、EDは0.7%〜0.8%以下なので、副作用リスクはデュタステリドの方が高いということになりますね。

アボダードの飲み方

アボダードは1日1回1錠を服用します。食事の影響を受けるタイプの薬ではないので、飲むタイミングは自由ですが、稀に副作用で眠くなるという症例があるため、寝る前の服用がおすすめです。
時間を決めておくことで、飲み忘れ対策にもなります。
飲むときはコップ1杯以上の水と一緒に飲んでください。
万が一飲み忘れたときは気がついたときに飲むか、その日は飲まないかのどちらかにしてください。2回分同時に飲むことはNGです。

ミノキシジル配合育毛剤との併用

日本皮膚科学会が策定しているAGA治療ガイドラインでは、デュタステリド内服と5%ミノキシジル外用薬は推奨度Aという最高ランクを獲得しています。
実際にAGA治療でザガーロが出るときはミノキシジル外用薬を合わせて処方するのが標準的な治療法です。
ザガーロは医療用医薬品なので購入するときは処方箋が必要になる関係から、多くのAGAクリニックでは院内で調剤したミノキシジル外用薬を処方します。
しかし、5%ミノキシジル(国内最高配合)はリアップX5プラスやリグロEX5のようにドラッグストアで購入できるので、アボダードをネット通販で購入すれば十分セルフメディケーションが可能です。

セルフメディケーションとは?

セルフメディケーションとは医療機関に頼らずに市販薬などをつかって自分で治療することです。
AGA治療は基本的に保険証が使えない自由診療なので、セルフメディケーションを選択する人も多いですね。

アボダードには偽物が多い?

アボダードは日本では未承認なので、個人輸入か個人輸入代行業者のネット通販を使って購入することになります。
しかし、正規品のアボダードがザガーロと同じGSK製であるということから、人気が高まり現在では偽物が多く流通しているという点は、これからアボダードを入手しようとしている人にとっての要注意のポイントです。
正規品を確実に入手できる通販サイトかどうかは比較サイトや口コミサイトを利用して、自己責任で判断するしかありません。

個人輸入について

個人輸入とは、外国製の製品を個人で使用することを目的として、海外のメーカーなどから個人が直接購入することです。
近年では個人輸入代行業者を利用して輸入する方法も増えています。

リスク

医薬品などを個人輸入した外国製品は、日本国内で世紀に流通している製品と比べて、品質・有効性及び安全性が確認されていないため、保証はありません。
そのため期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている可能性があります。

サプリメントや健康食品等でも、医薬品成分が含まれていて健康被害を引き起こす可能性もあります。外国製の医薬品を個人輸入入した場合、副作用被害救済措置の対象外になるので、業者の信頼性を比較サイトや口コミサイトで検討して、正規品が確実に購入できるサイトを利用してください。

個人輸入で外国製の製品を購入する場合は、このようなリスクを把握した上で、十分に注意しましょう!

個人輸入代行業者とは

個人輸入代行業者とは、個人輸入に係る手続きの代行を行う業者です。
注文・支払い・通関・配送などの手配を行ってくれます。

最近では、個人輸入代行サイトを使用して、ネット上で注文を受け付けるサービスも増えていますよ。

アボダート(Avodard)のまとめ

プロペシアよりも効果が高いAGA治療薬として注目されているザガーロと同じ成分と配合量で人気のある海外製の薬がアボダードです。
しかも製造がザガーロと同じGSKで、中身も変わらないということで、AGAクリニックや皮膚科からザガーロを処方してもらうより安く購入できるので人気が出るのも無理はありません。
しかし、その分、偽物が多く流通しているので、購入するときは十分な注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です