M字ハゲになる理由はもうすでに解明されている件

育毛剤イメージ

脱毛症の80%〜90%近くを占めているのがAGA(男性型脱毛症)です。しかし一口に脱毛症といってもいろいろなパターンがあり、AGAは特徴的なハゲ方をします。
日本人に最も多いのは額の生え際が交代していく「M字ハゲ」ですが、M字ハゲが起こる理由というのはもう解明されています。そこで、今回は気になる「M字ハゲ発生のメカニズム」について説明していきたいと思います。

ライタープロフィール
 

<マイペース型三重苦のオッサン>

初めまして、ライター歴は6年以上とそこそこ長い五十路のオッサンライターです。melbyでは主に「脱毛」や「育毛」に関する記事を書いていますが、自分の頭も相当ヤヴァイです。

M字ハゲは日本人に最も多いAGAの発症パターン

AGA(男性型脱毛症)とは日本語の病名を見れば分かる通り、男性特有の脱毛症です。発症頻度は非常に高く20代ですでに10%、以後年代を追うごとに発症率も10%ずつ増加していき、50代では40数%、60代になると50%以上の確率で発症する進行性の皮膚病です。

ところで、AGAには特徴的な発症パターンがあるのはご存知ですか?しかも民族によってその発症パターンが異なるという興味深いデータがあるので紹介しましょう。

AGAの発症パターンと民族性

  • M字ハゲ:額の生え際が後退していくパターン。日本人に最も多いタイプ
  • O字ハゲ:頭頂部から脱毛していくパターン。白人(欧米人)に多いタイプ
  • 混合型:M字ハゲとO字ハゲが混在しているタイプ。進行したAGAに多いタイプ
  • 全頭型:いわゆるつるっぱげ。意図的にスキンヘッドにしている人は多いが、病的なつるっぱげは意外と少ない

同じアジアでも東南アジアや中国にはO字ハゲや混合型が多いと言われています。
AGAは遺伝性の疾患ではないと言われていますが、どうしてこのような発症パターンで分類することができるのでしょう?

AGA発症のメカニズム

AGAは年齢が上がるほど、発症リスクが高まるというのは年代別の発症数の増加から見ても明らかです。また、厄介なことにAGAは進行性疾患で放置していると症状はどんどん進行していきます。

しかし、現在ではAGA治療薬が開発され、かなり高い治療効果をあげています。そしてAGA治療薬は「酵素阻害剤」と呼ばれるタイプの薬で、これが開発されたということはAGAの発症メカニズムは解明されている、ということになります。

では、AGA発症のメカニズムを簡単に紹介していきましょう。

  1. 加齢や精神的なストレスによって基礎代謝が落ちる
  2. 基礎代謝の低下によって精巣の機能が低下する
  3. 男性ホルモンの分泌量が減る
  4. 頭皮付近のテストステロン(男性ホルモン)が5α-リダクターゼ(酵素)によってDHT(ジヒデロテストステロン)という別の男性ホルモンに変異する
  5. テストステロンを毛根に運ぶ受容体(レセプター)がDHTを受け取り届けてしまう
  6. 毛周期が乱れてAGAが発症する

…という流れです。AGA治療薬は原因物質の一つ「5α-リダクターゼ酵素」の働きを阻害する作用があるので「酵素阻害剤」と呼ばれています。

酵素阻害剤は優秀な治療薬

「酵素」という言葉…日常的にも頻繁に耳にしますが、いったいどんな物質かご存知ですか?わかりやすい例として、食べたものが消化吸収される時には「消化酵素」が働き、細胞を活性化させる時には「代謝酵素」が働きます。

しかも酵素には一つの働きしかありません(これを一意の働きと言います)。つまり、5α-リダクターゼという酵素とは「テストステロンをDHTに変異させる」ためだけに働く物質なのです。

したがって5α-リダクターゼ酵素の働きを阻害できれば、頭皮付近のテストステロンはそのまま毛根に運ばれていき、「毛髪を丈夫にする」ために消費されていくので、AGAの発症や進行を食い止めることが可能になります。

酵素阻害剤はピンポイントで原因物質の働きを抑制するので、高い治療効果を上げることができます。また、他の物質に与える影響が軽微なのでアナフィラキシーショック(薬剤性ショック)のような深刻な副作用を起こしづらいというメリットがあります。

そして、女性の脱毛症は女性ホルモンのバランスの乱れが原因と考えられていて、5α-リダクターゼ酵素はあまり関係ないため、AGA治療薬では女性の脱毛に対する治療効果が期待できないことになります。

AGAの脱毛パターンの解析結果

AGA治療薬が開発されたことでAGAの研究は一気に進みます。そしてその研究の結果、AGAは遺伝性の疾患ではないことが明らかになりましたが、頭皮付近の5α-リダクターゼ酵素の分布状態には地域的な偏りがあり、これには遺伝が関与していることが判明したのです。

5α-リダクターゼの分布状態を調べた結果、日本人は額付近に多く存在していて、欧米人は頭頂部に多く存在しているということがわかりました。こうして、先に述べたような発症パターンの分類が可能になったのです。

つまり、今はまだ大丈夫でも5α-リダクターゼの分布状態を調べれば将来的にどこから脱毛が始まるかの予想をつけることも可能ということですね。

M字ハゲになる理由のまとめ

このAGA発症パターンの解析が可能になったことで、AGAは見た目で確定診断することが可能になり、検査費用などのコストをかけなくて済むようになりました。

AGA治療は保険証が効かない自由診療なので、画像診断や検査の費用をかけずに診断可能になったことは治療費削減につながることになり非常に大きな意味を持ちます。

あなたも、もし額が後退してきたかな?と心配しているなら、それはAGAの可能性が大きいということです。早めに皮膚科かAGAクリニックに相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です