ロニテンジェネリックとは?効果などミノキシジル配合の薬用育毛剤について解説

脱毛治療イメージ

みなさんは「ロニテン」という薬をご存知でしょうか?あまり聞いたことのない薬かもしれませんが、ミノキシジルを主成分とした飲み薬です。
今、壮年性脱毛症(AGAやFAGA)の治療でミノキシジル内服薬を処方するクリニックが一般化してきましたが、その時に「ミノキシジルタブレット」や「ミノタブ」という薬を耳にした方は多いかもしれません。
実はこのミノタブこそ、ロニテンジェネリックなのです。しかし、本来ロニテンは脱毛症治療薬ではないので、ロニテンジェネリック(ミノタブ)を服用する時には十分な注意が必要です。

ロニテンジェネリックとは?

ロニテンジェネリックとは読んで字のごとくロニテンのジェネリック医薬品です。では「ロニテン」というのはどのような薬なのかというと、これはミノキシジルを主成分とした高血圧の治療薬です。
近年ミノタブが壮年性脱毛症の治療薬として注目を集めていますが、ミノタブが世界でもっとも広く認知されているロニテンジェネリックです。

ミノキシジルについて

脱毛症の患者数が増え、皮膚科やクリニックで治療を受けることが一般的になってきた今、ミノキシジルという成分が脱毛症の治療には欠かせないということが広く知られるようになりました。
なぜならミノキシジルは日本で唯一「発毛効果」が認められている成分だからです。
しかし、このミノキシジルについては脱毛症の治療用成分という事以外、正確なことを知らない方が多いと思います。
そこでこのパートではミノキシジルについて説明していきたいと思います。

ミノキシジルの歴史

実はミノキシジルってとても長い歴史のある成分なんです。1960年代にはすでにFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されていて、当時はアップジョン(現ファイザー)が高血圧治療薬としてロニテンを開発しています。
その後、副作用に「全身多毛症」があるという報告を受けて、毛が生える作用があるのなら、脱毛症にも効くのではないか?ということで、開発されたのが世界初のAGA治療薬ロゲインなのです。
ロゲインは頭部の脱毛症治療に特化することから飲み薬ではなく、塗り薬として開発されました。これが1980年代のことなので、薬としてはロニテンの方がずっと古くから存在していることになります。

リアップの登場まで日本では承認されていなかった成分

日本で初めてミノキシジルが登場するのは、2000年に登場したリアップ(大正製薬)からです。日本ではこの時までミノキシジルって承認されていなかった成分なんですよね。実に40年近くもの間日本ではスルーされてきた成分ということになります。
今でも高血圧治療薬のロニテンやロニテンジェネリックは承認されていません。これには大人の事情もあるのでしょうが、いずれにしても、ミノキシジルというのは本来高血圧の治療を目的とした治療用成分であり、ロニテンやロニテンジェネリックをAGAの治療に用いる際には慎重な投与が必要である、ということになります。

ロニテンジェネリックの成分

ロニテンジェネリックにはミノキシジルが5mgと10mg配合されているのが一般的です。育毛剤に配合されているミノキシジルは5%が国内最大配合量で、飲み薬と塗り薬という違いがあるので単純比較できませんが、ミノキシジルが持つ高い血管拡張作用は飲み薬の方が出やすいといわれています。
しかし、一方でもともとミノキシジルが持つ副作用の一つに全身多毛症があることからもわかる通り、飲み薬は毛が生える部分を制御できないので「頭部ではなく、体毛が濃くなってしまう」という危険性があります。

効果について

ロニテンジェネリックは日本未承認の薬なので、日本語による正確なエビデンスは存在しませんが、一般的にはミノキシジル外用薬よりも効果と副作用が強いと考えられています。
ミノキシジルは血管拡張作用に優れた成分で、飲むと全身の血管が拡張します。外用薬の場合は頭皮から内部の毛細血管にミノキシジルを浸透させていくわけですが、飲み薬の場合は消化器から直接大量のミノキシジルが吸収されていくので、効果と副作用が強いというのはうなづけますね。

副作用について

ミノキシジルは直接血圧に作用する薬であり、比較的副作用が出やすいと言われています。
主な副作用としては

  • めまい、立ちくらみ
  • 頭痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 全身多毛症
  • 紅潮、のぼせ感
  • 低血圧発作
  • 肝機能障害
などが考えられます。したがって血圧を下げる薬を飲んでいる方、もしくは何らかの持病を抱えて治療中の方、女性、未成年は自己判断でロニテンジェネリックを服用しないで、医師に相談してからにしてください。

ロニテンジェネリックとミノキシジル外用薬の併用は可能?

ミノキシジルは日本で唯一発毛効果が確認されている成分ですが、かといって飲み薬と塗り薬を併用するのは副作用の観点からいってもあまりおすすめできません。
その場合は自己判断せずにAGAクリニックや皮膚科に相談してからにした方が良いでしょう。

個人輸入について

個人輸入とは、外国製の製品を個人で使用することを目的として、海外のメーカーなどから個人が直接購入することです。
近年では個人輸入代行業者を利用して輸入する方法も増えています。

リスク

医薬品などを個人輸入した外国製品は、日本国内で世紀に流通している製品と比べて、品質・有効性及び安全性が確認されていないため、保証はありません。
そのため期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている可能性があります。

サプリメントや健康食品等でも、医薬品成分が含まれていて健康被害を引き起こす可能性もあります。外国製の医薬品を個人輸入入した場合、副作用被害救済措置の対象外になるので、業者の信頼性を比較サイトや口コミサイトで検討して、正規品が確実に購入できるサイトを利用してください。

個人輸入で外国製の製品を購入する場合は、このようなリスクを把握した上で、十分に注意しましょう!

個人輸入代行業者とは

個人輸入代行業者とは、個人輸入に係る手続きの代行を行う業者です。
注文・支払い・通関・配送などの手配を行ってくれます。

最近では、個人輸入代行サイトを使用して、ネット上で注文を受け付けるサービスも増えていますよ。

ロニテンジェネリックのまとめ

ロニテンジェネリックはミノタブやロニテンタブレットをはじめとして、今脱毛症の治療薬として人気がありますが、本来は高血圧治療用の薬なので、服用する時は十分に注意をしてください。
日本で承認されている塗り薬でも90%近い治療効果があるので、副作用リスクのことを考えた場合は飲み薬よりも塗り薬の方がおすすめですが、飲み薬のロニテンジェネリックの方が短期間で効果が出る可能性は高くなります。
ただし、濃くなるのは毛髪だけでなく体毛も…なのでその点は頭に入れておいた方がいいと思いますよ。いずれにせよ、ロニテンジェネリックは100%自己責任で服用することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です