ヘアフォーユー(Hair4U)とは?効果などミノキシジル配合の薬用育毛剤について解説

脱毛治療イメージ

「ミノキシジル」といえば、日本で唯一発毛効果が確認されている成分なので、脱毛症治療の時には主役級の医療用成分です。
日本では外用薬(塗り薬)としてのみ、使用が認められている成分ですが、副作用が出やすいためAGAに対しては5%まで配合することが認められています。(FAGAの場合は1%まで)
今回紹介するヘアフォーユー(Hair4U)も外用薬ですが、ミノキシジルの配合量は最大で10%+新しい育毛サポート成分アミネキシルを配合した発毛剤です。
ミノキシジルは配合量が多いほど、効果も高くなりますが、副作用も起こりやすくなります。10%ミノキシジルは本当に安全なのでしょうか?
ヘアフォーユーの気になるポイントについて調べてみました。

関連記事ミノキシジル(医薬品)の個人輸入製品おすすめ!効果や使用の注意、メリット・デメリットなど詳しく解説

ヘアフォーユーとは?

ヘアフォーユーは日本では承認されていないミノキシジル外用薬です。製造はインドのムンバイに本社のある製薬会社です。
ヘアフォーユーにはミノキシジル配合量が2%、5%、10%という3つのタイプがあります。2%は主としてFAGA(女性型脱毛症)、5%と10%はAGA(男性型脱毛症)の治療用ですが、国際的にもAGAの治療では5%(場合によっては6%)ミノキシジル外用薬を用いるのが標準治療なので、10%を使用する場合は十分に注意をしてください。
ミノキシジルには高い血管拡張作用があり、配合量が増えると効果と同時に副作用も強くなり、過剰にミノキシジルを投与すると心筋梗塞のリスクが上がるということがカナダ、アメリカ、日本で報告されています。
ヘアフォーユーにはミノキシジル以外にもフランスのロレアル社が開発した新育毛成分アミネキシルが配合されているので、無理して高濃度ミノキシジルを使用する必要はないと思います。

効果

日本の文献では5%ミノキシジルをAGA、1%ミノキシジルをFAGAに対し約1年間投与したところAGAは軽度、中等度、著名改善を含めると90%以上、FAGAもびまん性脱毛症の改善が見られたことが報告されています。
また、ミノキシジルは唯一発毛効果が確認されている成分で、日本皮膚科学会でもミノキシジル外用薬の使用は推奨度A(行うことを強く勧める)となっています。

成分

ヘアフォーユーには次のような成分が配合されています。

  • ミノキシジル:2%(男女兼用)、5%(男性用)、10%(男性用)
  • アミネキシル:育毛サポート成分

副作用

5%ミノキシジル外用薬の副作用現出率はおよそ8.6%です。
外用薬としてはそこそこ高い副作用率ですね。副作用には「一般的なもの」と「重篤なもの」があるので、それぞれについて見ていきましょう。

一般的な副作用

ミノキシジル外用薬の最も多い副作用は「頭皮のかゆみ」です。5%配合薬で約9%以下、1%配合薬では約1%以下です。以下代表的なものを一覧にしてみましたので参考にしてください。

  • 頭皮のかゆみ
  • 頭皮の発赤
  • 頭皮のかぶれ

など。

重篤な副作用

薬には必ず「重篤な副作用」というのがあります。一番警戒しなければならないのは主成分のミノキシジルに対するアレルギーです。特にミノキシジルは血管に作用し血圧を急激に下げる働きがあるので以下のような重篤な副作用が考えられます。

  • ミノキシジルアレルギー:全身浮腫、意識混濁、昏倒、胸痛発作など
  • 皮膚科症状:薬疹、蕁麻疹、湿疹など
  • 全身症状:低血圧発作、めまい、頭痛、体温上昇、体重増加、多毛症
  • 目の症状:かすみ目、眼痛、眼底出血など
  • 精神症状:性欲減退、意欲の低下など
  • 神経症状:手足の痺れ、麻痺など
  • 循環器症状:胸痛、不整脈、動悸、息切れ、頻脈など

ただし、これらの重篤な副作用が起こる確率はごく稀で発症頻度は不明というものが多いので過度の心配は必要ありません。

10%ミノキシジルの常用は安全?

先にもお伝えした通り、ミノキシジルは配合濃度が高くなるほど副作用が強まる傾向があります。
カナダ、アメリカ、日本ではミノキシジルの過剰投与により心筋梗塞を起こした症例が報告されています。
5%ミノキシジルでも90%以上の改善効果が確認されている上に、ヘアフォーユーには新育毛サポート成分アミネキシルが配合されているので、男性は5%、女性は2%を使うことをおすすめします。
女性の2%ミノキシジルも日本では承認されていませんが、女性の脱毛症治療専門のクリニックでは独自に2%ミノキシジル外用薬が処方されることがあります。

使い方

1日2回、1回につき1mlを頭皮に塗布します。ノズルはスプレーとスポイトを選ぶことができます。
気になるところに塗布した後は頭部全体にマッサージするように塗りこんでください。この時は指の腹を使って優しくマッサージします。
1mlで頭部全体に広げることが可能です。女性の場合はスプレーノズルの方が使いやすいと思います。

個人輸入について

個人輸入とは、外国製の製品を個人で使用することを目的として、海外のメーカーなどから個人が直接購入することです。
近年では個人輸入代行業者を利用して輸入する方法も増えています。

リスク

医薬品などを個人輸入した外国製品は、日本国内で世紀に流通している製品と比べて、品質・有効性及び安全性が確認されていないため、保証はありません。
そのため期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている可能性があります。

サプリメントや健康食品等でも、医薬品成分が含まれていて健康被害を引き起こす可能性もあります。外国製の医薬品を個人輸入入した場合、副作用被害救済措置の対象外になるので、業者の信頼性を比較サイトや口コミサイトで検討して、正規品が確実に購入できるサイトを利用してください。

個人輸入で外国製の製品を購入する場合は、このようなリスクを把握した上で、十分に注意しましょう!

個人輸入代行業者とは

個人輸入代行業者とは、個人輸入に係る手続きの代行を行う業者です。
注文・支払い・通関・配送などの手配を行ってくれます。

最近では、個人輸入代行サイトを使用して、ネット上で注文を受け付けるサービスも増えていますよ。

ヘアフォーユー(Hair4U)のまとめ

ヘアフォーユーにはミノキシジル以外にも育毛サポート成分が配合されています。日本ではリアップX5プラスとリアッププラスにはミノキシジルに薬用育毛成分が配合されているので、似たようなカテゴリーになると思います。
ミノキシジルは世界的にみて、壮年性脱毛症の標準治療で用いられる薬ですが、副作用が出やすいという欠点があるので、男性は5%・女性は2%の使用をおすすめします。

関連記事育毛関連(医薬品)の個人輸入製品おすすめ!効果や使用の注意、メリット・デメリットなど詳しく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です