デュタステリドジェネリックについて!料金なども合わせて紹介

脱毛治療イメージ

日本では2番目に承認されたAGA内服薬ザガーロの主成分がデュタステリドですが、プロペシアより新しい薬なのでまだジェネリックの国内承認は下りていません。
ただし、AGA治療は100%自己負担の自由診療なので、海外製の安いデュタステリドジェネリックを購入したいという方もいるかもしれません。
そこで今回は海外のデュタステリドジェネリックとその料金などを説明していきたいと思います。

関連記事デュタステリドの効果や副作用そしてジェネリックなどについて調べてみた

デュタステリドとは?

デュタステリドはザガーロというAGA治療用薬の主成分です。日本では2015年に厚生労働省が承認し、2016年から臨床医療の現場で用いられるようになりました。登場からまだ数年しか経っていない比較的新しい成分です。
デュタステリドもフィナステリド同様、5α-リダクターゼというAGAの原因因子に作用して、症状の進行を食い止める効果があるのですが、5α-リダクターゼにはI型とII型が存在し、フィナステリドがII型にしか作用しなかったのに対してデュタステリドは両方の型に作用するのでより高い治療効果を得ることができます。

デュタステリドジェネリックは通販で購入

デュタステリドは残念ながらまだ日本国内の薬剤特許が切れていないため、国産のデュタステリドジェネリックは存在しません。
AGA治療は保険証が使えない自由診療なので、治療費は全額自己負担です。それに加えてAGA治療薬は長期的に服用しなければいけない薬なので、できるだけ経済的な負担を少なくするために、海外製の安いデュタステリドジェネリックを個人輸入代行業者の通販サイトを通じて購入する人もいます。
未承認薬を個人輸入代行を通じて購入すること自体は完全に合法な行為ですが、100%自己責任なので以下の点には注意をしてください。

  • 副作用が出ても副作用被害救済措置制度の対象にならない:デュタステリドはおよそ16.7%の確率で副作用が出る薬です。
  • 副作用を含めた薬剤情報と管理は個人で行わなければならない
  • 利用する場合は口コミや比較サイトで業者の信用性を調べてからでないと偽物を掴まされる可能性がある

デュタステリドジェネリックはおすすめできる?

melbyとしては上記の理由で、いまだ国内では承認されていないデュタステリドジェネリックをネット通販で購入することはあまりおすすめできません。
ただし、どうしても経済的な負担を軽くしたいという方は、副作用のリスクをしっかりと把握して、副作用が出た場合の診療先も決めた上でならまだアリかな?と思います。
今現在ザガーロを服用していて副作用が出たことがないという方限定ではありますが…。

デュタステリドとジェネリックの料金比較

現在日本で入手可能なデュタステリドジェネリックは主に3種類です。他にもあるかもしれませんが、リスクを考えるとこれ以外の薬はやめておいた方が無難だと思います。
そこで、ザガーロとジェネリックの価格相場を比較しておきますので参考にしてください。(あくまでも目安として御考え下さい)

薬品名原産国価格相場
ザガーロ日本8,000円〜9,000円前後(1箱30カプセル)
デュタスインド13,000円〜14,000円前後(1箱300カプセル)
デュプロストインド5,000円〜7,000円前後(1箱100カプセル)
アボタードポーランド3,000円〜5,000円前後(1箱30カプセル)

1カプセルあたりのデュタステリドの配合量は0.5mgです。ザガーロの開発・製造はGSKでアボタードもGSK社製ですが、日本法人ではまだザガーロの特許が有効なのでGSKジャパン製のアボタードは存在しません。

デュタステリドジェネリックのまとめ

日本ではまだザガーロジェネリックが承認されていないので、今回は信頼性の高いザガーロジェネリックを3種類選びました。
インドは世界有数のジェネリック大国で、デュタスを製造しているDr.Reddy’s Laboratoriesやデュプロストのシプラはインドでも大手の製薬会社であり、アボタードを製造しているのは世界的な製薬会社でもありザガーロを開発したのと同じGSK(グラクソ・スミス・クライン)なので、今回は選んでみました。
未承認薬や海外製の薬を個人輸入代行業者が運営するネット通販で購入するにはリスクが伴いますので、十分に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です