アンチエイジングとは?その意味と効果的な方法や化粧品、食べ物について

普段生活していて「アンチエイジング」という言葉を聞く事はよくあると思います。もし聞かなくても興味がある方は大勢いらっしゃると思います。
今更だけど「アンチエイジング」って具体的には何か、今回は自分の体験を交えて、実践出来そうな身近なものから順番に考えてみました。

アンチエイジングとは

「アンチエイジング」とひとくちに言っても、何を指すのかなと思いますよね。
今更ですが、アンチエイジング(anti-aging)とは「抗加齢」を意味する言葉です。実際の年齢に逆らうことは出来ませんから、その意味としては「抗老化」、「抗加齢」などとなります。
でも「抗う」って何だか言葉だけ聞くと無理してるみたいで聞こえが悪いですよね。
本来の目的としては、病気などを防いで、健康で長生きするための医療行為などを行うことが「アンチエイジング」のテーマだと思います。
「健康」=「美容」にも繋がってきますので、誰もが目指すべき行為だと思います。
基本的に大事なことは「栄養・運動・保温・スキンケア」だと思っています。

ガール

アンチエイジングとは健康

アンチエイジングとは健康を目指す事に繋がってくると思うのですが、「若々しくて健康な身体」と聞いて思いつくのはどんな身体でしょうか。
私が真っ先に思いつくのは「滞りの無いスリムな身体」です。
視覚的にも、「太っている」=「老けている」に繋がってくる気がしませんか。
いつまでも「スリムで健康的で若々しい人」でいたいと思いませんか?

アンチエイジングの意味とは

お腹
最近私が自分自身の身体を通して感じているのは「健康(アンチエイジング)=腸内環境」なんでは、、という事です。
それは自分自身が「腸過敏性症候群」になってしまって、同時に「花粉症」でもあるので、花粉症に良さそうな食品を採り入れていたらなんと「腸過敏性症候群」が治ってきたからです。花粉症に良さそうな食品を振り返って見たら全て腸内環境を整えてくれるものばかりでした。
「腸」が美と健康に大切であることは何となく知っていても、意識して生活している人は多くはないかもしれません。
腸は消化器官としての役割に加えて、全身のさまざまなアンチエイジングのカギを握っている重要な臓器でもあるんです。
便秘などで肌あれになるのは、腸内細菌の、いわゆる”悪玉菌”が増えるからだそうです。
それによって発生した有害物質が肌に影響を与えているとの事です。また、肥満は腸内細菌の種類に要因があると言われているらしいんです。

アンチエイジング=免疫力

腸内には、ビフィズス菌に代表される”善玉菌”が存在します。美肌作りに欠かせない栄養素を作っています。
健康で若々しく輝けるかどうかは、腸内細菌のバランス次第かもしれません。上手に活用することが、「本当のアンチエイジング」になると思うのです。
科学的にも「免疫細胞の約7割」は、腸管に集中していて有害な細菌やウイルスを、腸で撃退して体内に吸収させないようにしているんです。
また、ハッピーホルモンと言われるセロトニン(脳内伝達物質)も、脳が作り出す量はほんの少しで、約90%は腸が作っていると言われているんだそうです。

効果のある普段の食事

ご飯
勿論アンチエイジングには全体のバランスが大切となってきますので、「腸」に着目する以外にもベースで摂っておいた方が良い栄養もたくさんあります。
「量や内容をバランス良く」が目標になります。

アンチエイジングに効く普段の食事
◆主食◆
お米やパン、穀類の炭水化物(主に エネルギーの供給源・脳も活性化)
→1食分で、ご飯やパン等を両手のひらに乗る分が適量(玄米も◎)

◆主菜◆
肉、魚、大豆、卵など(生命維持に必要な タンパク質や脂質などの供給源)
→肉・魚・大豆製品などから片手に乗るくらいを1食1~2種(1日に4種位とりたい)

◆副菜◆
野菜、きのこ、海藻など(ビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源)

◆フルーツ◆
ビタミン 、ミネラルの補給源・副菜とは別で、1日で拳1つ分位

◆油◆
主食、主菜、副菜の調理などで使う( 適量でうるツヤ美人に)
→良質な油を1食に小さじ1程度、1日で大さじ1程度が目安(オリーブオイルが◎)

アンチエイジングに効く普段の食事

忘れてはいけないのが、タンパク質食材は潤い成分がたくさん含まれているという事です。
「潤いを保つには新陳代謝が大切。欠かせないものが、皮膚や髪の主成分となるタンパク質」と言われています。
量としては「1日に自分の両手の平分」くらい摂るのが理想的だそうです。
TVなどでもよく「鮭」がコラーゲンタップリでお肌に良いと言われていますね。

<タンパク質食材に含まれている栄養>

  • コラーゲン・ヒアルロン酸
  • イソフラボン・ビタミンB6
  • ビタミンB2・ビタミンA
おすすめな食材
・手羽先など皮つきの鶏肉や、魚の水煮缶詰
・イソフラボンは大豆製品から
・ビタミンB6は青背魚やマグロから
・乳製品から(ビタミンA・B2)

更にビタミンCが含まれた野菜をプラスすれば効果がアップします。

効果の高い腸に良い食べ物

ヨーグルト
腸内細菌のバランスは、加齢とともに悪玉菌が増えて善玉菌が減る傾向にあるそうで、腸内環境が悪化してしまうんだそうです。
肌などと一緒で、腸も老化してしまいます。また、運動不足や偏食、ストレスなどでも腸内環境が悪化してしまうんだそうです。
では、どんな食事が「アンチエイジング=腸内環境」に良いのでしょうか。

アンチエイジング=腸に良い食べ物とは?

腸を整える代表と言えるのは「発酵食品」と「植物性食品」です。上手に活用しましょう。

<腸に良い食べ物>

  • ◆植物性食品◆大豆製品、野菜、芋、果物(りんご、バナナ、ドライフルーツ)
  • ◆発酵食品 ◆甘酒、ヨーグルト、乳酸菌飲料味噌、醤油、ぬか漬け、キムチ、納豆、チーズ、お酢

また、食べるタイミングも大切なんです。植物性食品は食事なら順番は最初に食べるのが良いとされています。
乳酸菌、ビフィズス菌は胃酸に負けてしまうことがあるそうで、大腸に届けるためには空腹時を避けて、食中か食後に食べるのが良いそうです。

人気のサプリ

ビタミン
普段の食事からだけではなかなかたくさんの栄養を取る事は難しいかもしれません。
そう言った場合は、手軽に採れるサプリメントもおすすめですね。マルチビタミンなら漏れなく採れて良いかもしれません。

アンチエイジングに人気のサプリ
抗酸化物質を配合したサプリメント(ビタミンA,E,C,亜鉛,セレン,CoQ-10,αリポ酸,リコピンなど)
マルチビタミン・ミネラル(ビタミンA,C,E,B1,B2,B6,B12,葉酸、亜鉛、セレン、マグネシウムなど)
EPA、DHA(オメガ3系脂肪酸)
骨粗鬆症サプリ(カルシウム,ビタミンD,大豆,イソフラボン)
イチョウの葉(ギンコビローバ)
ノコギリヤシ(中高年男性対象)

リコピンは美白作用もあるそうで、食品ならトマトから採っても良いと思います。

心を鬼にして

ダイエット
「アンチエイジングの鬼」という検索キーワードが出て来ますが勝田小百合さんという方の人気の楽天ブログだそうです。
以下はブログでのプロフィールです。

楽天ブログプロフィール
◆管理人プロフィール◆
korrida
細胞丸ごと蘇る、ナチュラルアンチエイジング法を日々探求中! お注射もケミカル化粧品も使わない、究極のエイジレスライフを楽しもう♪
1968年生まれ 大阪出身 東京都在住
カイロプラクター 13歳の男の子の母親です。
ナチュラルカイロプラクティック院長
ナチュラルカイロプラクティック
国産オーガニックコスメ 株式会社AMRITARA代表
amritara
第4期 シードマイスター 卒業生

とっても綺麗な方です✨このプロフィールは、まさに「アンチエイジングの鬼」ですね。
私も言葉は変わりますが、アンチエイジングは心を鬼にして、「ムシャムシャ・ダラダラ・ゴロゴロしたい気持ち」に打ち勝ってこそ実現できるものだと思います。

アンチエイジングに良い化粧品とは

domohorun-img
内側からのアンチエイジングに続き、外側からのアンチエイジングについて考えていきます。
実は筆者は、化粧品にはあまり頼ってはいません。
それというのも、皮膚科医さんが開業しているエステで働いていた時に「美顔器」の素晴らしさに魅了されてしまったからです。
皮膚科医の先生も本当に効果があるのは「日焼け止め化粧品」と「保湿化粧品」だけと言っているそうです。
それでも人気の商品をいくつかご紹介しますね。

  • ドモホルンリンクル
  • SK-Ⅱ
  • ヘレナ ルビンスタイン
  • クレ・ド・ポー ボーテ
  • エリクシール

「ドモホルンリンクル」など、成分にこだわっているものは使用した方に聞くと「良い。」と聞きますが、値段的にお高い物は続けられないと思います。
シリーズの中でも特に気に入った、自分のお肌に合う物だけ使うのもアリですよね。

アンチエイジングに人気の美顔器

美顔器
化粧品でケアできるのは「表皮」までです。「真皮」までのケアは、美顔器などの道具が必要だと思います。
人気の商品、使っている商品をご紹介します。

アンチエイジングに人気の美顔器
①イオン導入機
ビタミンCなどを肌の奥に送り込んでくれます

②RF美顔器
RF(ラジオ波)で電磁波の一種であり「高周波」からの熱で「血行促進」や「リンパの流れ」の改善

③リフトマジック(微弱電流美顔器)
微弱電流で肌をグッと引き締めます

最近は2〜3万円くらいで、美顔器が買えたりします。毎日のケアに取り入れるのにもハードルが下がりましたよね。

アンチエイジング実績:城本クリニック

クリニック
最近ではクリニックでアンチエイジングも主流になってきました。
「城本クリニック」さんも実績が高く人気のようです。
フォトフェイシャルやフォトRFなど光を肌に当てるスキンケアが手軽で人気のようです。

新橋トラストクリニックもおすすめ

個人的には、「新橋トラストクリニック」さんもおすすめです。
全国展開はしていませんが、「お安くサービス提供してくれる」と大変人気です。

新橋トラストクリニックのおすすめ施術

新橋トラストクリニックでおすすめの施術をまとめてみました。人気のプラセンタ注射は500円からおこなっています。

  • プラセンタ注射
  • 美白エイジレス点滴
  • 各種サプリメント処方

プラセンタ注射とは、胎盤より抽出された有効成分を注射する施術です。
特に疲れがとれる、よく眠れるようになる、肌がしっとりする、体調が良くなる等の効果は、2~3回の注射で効果が現れている人多いようです。
アレルギーにも良いと言われているようで、最近では男性も受けに来ています。下に効果があるとされる事をまとめてみました。

プラセンタ効果
・自律神経失調症
・月経困難症(各種治療に抵抗した例の70%に有効)、生理不順
・アレルギー疾患(アトピー、喘息、リウマチなど)
・免疫強化作用
・肝機能障害

また、併設している「新橋トラストサロン」では、以下のアンチエイジングの機械の施術がお安く受けられると人気です。

  • フォトRF
  • ダブルス
  • フラクショナル

男性でも効果があるアンチエイジング

最近では、男性も美容や健康に興味があって実践していますよね。
男性がアンチエイジングで気を付けた方が良い事はどんな事でしょうか。
まとめてみました。

  • 保湿:女性同様乾燥はお肌と健康の敵です
  • ストレス:こまめに発散するようにしましょう
  • 睡眠:忙しくても質の良い睡眠を取りましょう
  • 頭皮のケア:クリニックなどで薄毛対策をしましょう
  • 日焼け対策:紫外線は季節を問わずカットしましょう
  • タバコ:肌の老化を早めるのでやめておきましょう

まとめ

最後まで読んで頂いてありがとうございます。
簡単に取り入れられそうな事はありましたでしょうか。また有益な情報がありましたら更新していきます✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です