リグロEX5はM字ハゲに効果がある!使い方についても解説

リグロEX5はAGA(男性型脱毛症)の治療用育毛剤です。主成分ミノキシジルには高い発毛効果が確認されているので、悩ましいM字ハゲもこれで改善!
ただし、リグロEX5は医薬品なので効果だけでなく副作用や使い方にも注意が必要です。
今回は気になるリグロEX5のM字ハゲ治療効果や使い方などをわかりやすく解説していきます。

おすすめ記事☑育毛剤(発毛剤)おすすめ2019|ランキング女性用・男性用トップ3

M字ハゲ(AGA)とは?

早い人だと20代で目立ち始める厄介な毛髪の悩みといえばM字ハゲですね。これはAGA(男性型脱毛症)に見られる特徴的な症状の一つで、日本人に最も多い脱毛パターンと言われています。
AGAは進行性と言われ、放置していると症状はどんどん拡大していきます。ただし、ある程度まで進行すると症状は一旦進行はストップしたかのように見えます。
しかし、そこで安心していると、毛穴の中にある毛包という組織まで消失する完全脱毛という状態に陥ります。
完全脱毛を起こした毛穴からは毛が再生しないので、そうなる前にしっかりとした治療を行いましょう。リグロEX5はそのための医薬品です。

リグロEX5について

リグロEX5は日本で承認されている5%ミノキシジル外用薬です。ミノキシジル外用薬は日本皮膚科学会が策定する男性型ならびに女性型脱毛症治療ガイドラインの最新版でも推奨度A(最高ランク)に選ばれている薬です。
皮膚科でAGA治療受ける場合は5%ミノキシジル製剤が第一選択肢として選ばれます。
また、リグロEX5シリーズは一般薬(ドラッグストアやネット通販で購入できる薬)なのでセルフメディケーションも可能です。

セルフメディケーションとは?

医療機関を頼らず自分で一般薬や医薬部外品を用いて治療することを「セルフメディケーション」と言います。AGAの治療は保険証が使えない自由診療なので、セルフメディケーションを行う人も多いですね。
リグロEXに配合されているミノキシジルは国内最大濃度の5%なので、M字ハゲのセルフメディケーションには最適な薬だと思います。ただし、購入するときは薬剤師から説明を受けて購入してください。

リグロEX5の使い方

リグロEX5は医薬品なので説明書にある通りに正しく使用してください。

リグロEX5の使い方

  • 適応:20歳以上の男性
  • 用法:1日2回塗布
  • 用量:1回1ml
  • 使い方:
    1.キャップを外し、塗布ヘッドが上がっている状態を目で確認してください。
    2.本体を逆さまにして、カップ(計量器)に液剤がたまることを目で確認してください
    3.頭皮にカチッと音がなるまでしっかりと押し当てます。
    4.何度か塗布ヘッドを移動させながらまんべんなく薬液を広げていきます
    5.薬液がでなくなるまで4を繰り返します。
    6.使用後はキャップをしっかりとしめ、涼しいところに保管します。

リグロEX5の効果

リグロEX5はAGA治療薬として開発された優れた医薬品です。AGA(男性型脱毛症)に対して5%ミノキシジルを54週間連日投与を行った結果、およそ90%の症例で改善効果が確認されています。(うち約60%は中等度改善)

脱毛症の改善判断について

末期の脱毛症になると脱毛を起こしている部分は見た目上無毛状態です。ただし、毛穴の中に毛包(バルジ領域)という組織が残っていれば発毛する可能性があります。
5%ミノキシジルを1日2回、54週間連続投与して得られる改善例には軽等度、中等度、高等度という3つの評価基準があります。

  • 軽等度改善:産毛もしくは細い毛が生えているものの、周囲の健康な部位に比べると薄毛が目立つ状態
  • 中等度改善:毛幹は周囲の毛髪に比べるとまだ細いもののかなり脱毛が改善している状態(ただし、比較するとまだ目立つ)
  • 高等度改善:周囲の健康な毛髪と比べて遜色ないぐらいに改善している状態

リグロEX5の副作用

リグロEX5は第1類医薬品で副作用情報があります。また、ミノキシジルは配合量が増えると効果と副作用が強くなるお薬です。
ミノキシジルの副作用で最も多いのは「頭皮のかゆみ」ですが、他にも以下のような副作用が起こる可能性があります。

  • 頭皮のかゆみ
  • フケの増加
  • *脱毛
  • 頭痛
  • めまい、ふらつき

などです。また稀にミノキシジルアレルギー(アナフィラキシーショック)で全身浮腫や胸部痛、頻脈、徐脈、低血圧発作などが起こる場合があります。
副作用またはその他にも異常を感じた場合は、使用を中止して皮膚科に相談してください。

初期脱毛について

リグロEX5の副作用の一つに「脱毛」があります。脱毛症治療薬なのに脱毛を起こすというのは本末転倒な話ですが、これには2つの理由が考えられます。
一つは配合成分が体質に合わず、アレルギーを起こして脱毛が起こってしまう純然たる副作用、そしてもう一つが「初期脱毛」です。
初期脱毛とは育毛剤の効果がで始める頃に起こる脱毛です。これは、ヘアサイクルが正常に近ずく途中で、弱い毛根を早く追い出し新しく丈夫な毛根を作ろうとするために起こる生理現象です。
初期脱毛か副作用による脱毛かを正確に判断するには皮膚科もしくはAGAクリニックで相談を受けることをおすすめします。初期脱毛ならば使用を中止しないでください。

リグロEX5のM字ハゲの効果に関するまとめ

リグロEX5は日本人男性に最も多いM字ハゲ(AGA)の治療薬として開発された日本初のミノキシジル外用薬です。
一般皮膚科ではAGA5%ミノキシジル外用薬の使用が勧めれます、その治療効果は約90%と高い数値を叩き出しています。
ただし10%近い割合で「頭皮のかゆみ」「フケ」などの副作用がでるので、使用上の注意書きにしたがって適切に使用してください。

おすすめ記事☑育毛サプリの市販でおすすめな商品!効果や値段について解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です