モールエフとは?効果や成分などについて解説

脱毛治療イメージ

日本でのAGA(男性型脱毛症)に対する標準治療はプロペシアやザガーロといったAGA治療薬の内服と5%ミノキシジル外用薬の併用です。
しかし、内服薬と外用薬を別々に使うのはちょっと面倒臭いと思いますよね…。そこで医薬品大国インドから満を持して登場したのがミノキシジルにフィナステリド(プロペシアの主成分)を同時に配合した育毛剤「モールエフ」です。
フィナステリドは皮膚から吸収されていく成分と言われていますが、モールエフのAGA治療効果はどのぐらい高いのでしょうか?
今回は気になるモールエフについて調べてみました。

モールエフとは?

モールエフはインドの大手製薬会社インタスファーマ社が開発・製造した育毛剤です。最大の特徴はこの一本(60ml中)に5%ミノキシジルと1%フィナステリドが配合されているという点です。
フィナステリドはAGA治療時の標準薬プロペシアの主成分であり、日本皮膚科学会でもフィナステリドとミノキシジルの併用を強く勧めています。
従来のAGA治療ではプロペシア内服とミノキシジル外用の併用がスタンダードでしたが、モールエフならば育毛剤だけでこの2つの成分が同時に摂取できるということになります。

効果について

モールエフは日本では承認されていない薬なので、日本語と日本人に対して投与した臨床実験のエビデンスはありませんが、フィナステリドも皮膚から吸収される成分なので、ミノキシジル外用薬単体よりも高い治療効果を発揮すると考えられます。

ネットの口コミ

2018年に販売開始されたこともあり、まだ日本でも使用している人からの口コミが少ないのですが、口コミ評価は高いようです。

48歳
まだまだ目に見える効果はわからないけど、髪の毛にツヤとハリが出てきた感じ。
53歳
塗るタイプははじめての挑戦です。薄くなっていた部分が、少しずつ濃くなってきました。飲み薬と併用したらさらに効果がありそうなので、挑戦してみようと思います。
57歳
色々使ってみて、私にはフィナステリドとミノキシジルを併用するのが合うとわかってきた。モールエフは両方の成分が入っているので便利。抜け毛が収まり、髪がしっかりしてきた気がする。

成分について

1本の内容量は60mlで、ここに5%ミノキシジルと1%フィナステリドが配合されています。本来フィナステリドは飲み薬として使われるのが一般的ですが、皮膚から吸収されやすい成分なので、外用薬の成分として配合されています。
前例のない薬なので外用薬としての1%フィナステリドが日本人に対して適切かどうかは今後の研究で明らかにされていくと思いますが、内容量60mlに対して5%ミノキシジルは日本でもAGA治療に使うミノキシジルとしては妥当な配合量です。

副作用について

モールエフにはミノキシジルとフィナステリドという2つの医薬品成分が配合されているので、双方の副作用に対する懸念があると考えます。
販売店の情報では主な副作用として塗布部のかゆみやかぶれがあるとのことでした。これはミノキシジルの副作用と副剤として配合されているアルコールの刺激によるものと考えられます。
したがって肌が弱い方はモールエフの使用は控えたほうが良いかもしれません。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジル外用薬の最も多い副作用は「頭皮のかゆみ」です。5%配合薬で約9%以下、1%配合薬では約1%以下です。以下代表的なものを一覧にしてみましたので参考にしてください。

  • 頭皮のかゆみ
  • 頭皮の発赤
  • 頭皮のかぶれ

など。モールエフで最も多い副作用も頭皮のかぶれやかゆみとのことなので、ミノキシジル由来のものである可能性が高いと思います。

フィナステリドの副作用

日本国内の臨床実験ではフィナステリド1mgを投与した場合、およそ1.1%の確率でリビドーの低下(性欲の低下)が見られ、0.7%の確率でED(勃起不全)が発生したと公表されています。
外用薬としてミノキシジルと同時に摂取した場合、相互作用や相殺作用が働くのかは未定ですが、少なくともインドではこの処方を認めているということになります。

その他の副作用

薬には配合成分に対するアレルギーを示した場合に重篤な全身症状を起こすアナフラキシーショックに対する注意が必ず記載されています。
特にミノキシジルには血管拡張作用が強いので、誤用すると心臓に負担がかかり、動悸・息切れ・脈の乱れ・呼吸困難などが起こる可能性があります。
ただし、こうした重篤な副作用の発症率はごく稀です。

使い方について

モールエフの使い方は1日2回、1回あたりに1mlずつ使用するとあります。これは日本の5%ミノキシジル製剤と同じ使用法ですね。
今現在リアップX5プラスやリグロEX5のような5%ミノキシジル製剤を使っている人は違和感なく使えるかもしれません。
ただし、薬剤の計量方法に対する記載は「1mlのラインを目安にする、あるいは20滴を脱毛部分に塗布する」、とのことなので、日本のミノキシジル育毛剤のように計量するための専用容器はセットされていないと思われます。

Clean and dry the scalp area before applying the medication. You may apply this product to damp hair. To use the solution, fill the applicator with 1 milliliter of medication (to the 1 milliliter line), or use 20 drops. Part your hair in the area of thinning and apply the solution evenly to the affected area of the scalp.

(引用元:https://www.webmd.com/drugs/2/drug-3503/minoxidil-topical/details)

女性も使える?

モールエフは女性が使うことができません。あくまでも男性向けの育毛剤です。特にフィナステリドは皮膚から吸収されやすい成分で、妊娠中や授乳中の女性が使うと胎児や新生児の生殖器に影響でる可能性があります。
また、男性でも未成年は使用できません。

個人輸入について

個人輸入とは、外国製の製品を個人で使用することを目的として、海外のメーカーなどから個人が直接購入することです。
近年では個人輸入代行業者を利用して輸入する方法も増えています。

リスク

医薬品などを個人輸入した外国製品は、日本国内で世紀に流通している製品と比べて、品質・有効性及び安全性が確認されていないため、保証はありません。
そのため期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている可能性があります。

サプリメントや健康食品等でも、医薬品成分が含まれていて健康被害を引き起こす可能性もあります。外国製の医薬品を個人輸入入した場合、副作用被害救済措置の対象外になるので、業者の信頼性を比較サイトや口コミサイトで検討して、正規品が確実に購入できるサイトを利用してください。

個人輸入で外国製の製品を購入する場合は、このようなリスクを把握した上で、十分に注意しましょう!

個人輸入代行業者とは

個人輸入代行業者とは、個人輸入に係る手続きの代行を行う業者です。
注文・支払い・通関・配送などの手配を行ってくれます。

最近では、個人輸入代行サイトを使用して、ネット上で注文を受け付けるサービスも増えていますよ。

モールエフについてのまとめ

モールエフは育毛剤1本の中に5%ミノキシジルとフィナステリドを配合した、新しいタイプのAGA治療薬です。
成分の組み合わせは現在のAGA治療ガイドラインの標準治療なのですが、通常はミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬を組み合わせるというのがスタンダードなので、育毛剤だけで2種類の有効成分が摂取可能なのは画期的な治療薬と言えますね。
今の所外用薬としてのフィナステリドの有用性や安全性は国内では証明されていませんが、もともと薬に触れただけでも皮膚から吸収されていく成分ということはわかっているので、外用薬としても期待が持てると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です