【例文あり】美容業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

人間の美容に対する追及はとどまることを知らないといっても過言ではないでしょう。
美容に対する人々の欲求に答えるのが美容師など「美容業界」で働く人たちです。
美容師と聞けばやはり華やかなイメージが沸く方が多いと思いますが、実際はそのほとんどが過酷なもののようです。

華やかさだけにあこがれて「美容業界」に転職する前に、どういった業界なのか、美容師以外はどういった仕事があるのかなど詳しく調べておくことが大事でしょう。
ここではほんのわずかですが「美容業界」の実態をお伝えいたします。

美容業界ってどんな業界?

「美容師」や「理容師」のようにヘアスタイルをつくる仕事や、「エステティシャン」のようなボディケアがメインの仕事などもあり、髪型だけでなく美容全てにたずさわる業界です。
「美容業界」の職業は職種の違いはありますが、基本的にお客様と直接対応し、体や髪に触れるといった仕事になります。
お客様一人ひとりに対応する必要があるため機械化やマニュアル化が難しく、しっかりとした技術が要求されます。
さらにお客様の要望に応えるためにはお客様の好みを知る必要があるので、技術面だけでなくコミュニケーション力も求められる業界なのです。

美容業界での主な職種

ここでは数ある美容業界の職種の中から主なものをご紹介します。

これから美容業界を目指す人は自分に何が合うのかよく吟味しましょう。

美容師

「美容師」はお客様の好みにあわせて髪型をデザインするお仕事です。
パーマやカラーリングなども対応する他、着付けなど髪型以外の仕事もあります。
時にはお客様の容姿などにあわせた髪型をアドバイスする必要もあり、技術とセンスが必要です。

「美容師」は国家資格であり資格を得るには国指定の専門学校などを卒業後、国家試験に合格する必要があります。
その後美容室に就職し、数年の経験を経て「スタイリスト」となります。

エステティシャン

「エステティシャン」は顔や全身の美容に関わるお仕事で、主に「フェイシャルエステティック」と「ボディエステティック」に分かれます。
「フェイシャルエステティック」は顔を中心とした肌のケアや化粧品を使った手入れなどを行います。
「ボディエステティック」は全身のケアを行い、そのタイプにはスキンケアやプロポーションに関わるもの、他にはリラクゼーション効果を中心としたものもあります。

ネイリスト

「ネイリスト」はその名の通り爪の美容に関わるお仕事です。
爪の装飾などを行う「ネイルアート」と、爪を健康に保つ手入れをする「ネイルケア」が主な仕事内容です。

資格が必要な職業ではありませんが、お客様や勤め先での信頼を得るために民間の団体で発行している資格をとることが一般的のようです
また、技術面も独学でなく、専門学校や通信教育などで学ぶ方が多いようです。

美容業界で働くメリット・デメリット

華やかなイメージの美容業界ですが、そこで働くメリット・デメリットがあります。
ここでは詳しくどんなものがあるのかご紹介します。

お客様との直接のやりとり

「美容師」や「エステティシャン」など「美容業界」のお仕事は、基本的にお客様一人ひとりと直接接する仕事が中心になります。
もちろん接客の対応などによってはクレームにつながりますので神経を使うことではありますが、その逆にお客様からの感謝も直接受け取ることができます。他の仕事ではお客様と接する機会すらないという場合もありますよね。

例えばエンジニアやプログラマーといった人々は一日中パソコンの前というのも珍しくありません
そして顧客との連絡や相談は担当の営業マンがやることが多いのでお客様とのやりとりすらも全くないというケースがあります。
そういった職業では、うまくいった仕事でもレスポンスがなく、仕事のやりがいを感じなくなってしまうことがしばしばあるようです。

「美容業界」は日々お客様と接するので感謝されればモチベーションはあがりますし、お客様が納得いかなかった点も直接聞くことができるので次回からの対策も見つかりやすいといえるでしょう。
直接の接客に抵抗がない方なら、仕事のやりがいを感じることができる素敵なお仕事ですね。

新人が育たないことがある

どこの業界でも人員不足や新人が続かないという問題はあると思いますが「美容業界」のそれは他業界と比べてもトップクラスと言われています。
「美容業界」では専門学校などを卒業後、店舗に就職するのが一般的で、店舗に入った後は他業界と同じように初めは先輩の下について簡単な作業から入りますが、業務終了後に練習を義務付ける店舗がほとんどです。
給料は安いのにかなり遅くまで職場にいることになってしまいます。
休みもシフト制で友人と予定が合わせづらくなるのも新人が続かない原因のひとつでしょう

しかし技術職なのである程度年数がいっても練習や最近の動向を調べるのは必要なことですし、一般的なお休みに営業しないとお客様が来れなくなってしまいます。
新人が続かないのはお店のスタッフも頭が痛い問題でしょうが、なれるまで初めの数年は何とかこらえてもらうしかないのかもしれません。

技術があれば年齢も関係なし

「美容業界」は技術職なので、専門学校時や見習い時代にしっかりと技術を習得して、日々の練習をおこたわなければ年齢を気にせず働くことができます。
ただし、チェーン展開しているような大きい会社では年齢制限や、ある程度の年齢からは現場でなくスタッフ育成が中心になる可能性はあります。
もし自分で独立したなら体力が続くかぎり仕事はできるので、その面では安定していると言えるかもしれません。

美容業界に転職ってどうなの?

需要が高い美容業界ですが、実際に転職するにはどうなのでしょうか。
ここでは美容業界への転職について詳しくご紹介します。

年収は下がるかも

「美容業界」は学校などを卒業し、免許を取得して就職するパターンが多いです。
「美容師」に至っては国家資格なので免許をとらなければ仕事ができません。
しかし苦労して免許を取得しても給料はあまりよくないことがほとんどのようです。
だいたい平均的に年収300万円代が一般的のようですが、休みは少なく、夜も遅いので割に合わないと思って辞めてしまう方は非常に多いようです。
転職を希望する方は「美容業界」にお金以外のやりがいや興味を持っていないと、転職してもすぐ辞めたくなってしまうかもしれません。

センス・技術・体力

「美容業界」に強い憧れがあり、どうしても転職したい方はまず自身の体力に問題がないか確認しましょう。
「美容業界」は「ネイリスト」を除けば基本的に立ち仕事がほとんどです。
「エステティシャン」や「美容師」は力をいれてマッサージすることがあるので体力に自信がないという方は難しいかもしれません。

次にセンスですね。センスを鍛えるというのはなかなか難しいですが「美容業界」はアーティスティックな分野なので日々新しいものを見るなどしてセンスを養うことが重要です。

最後に技術。日々の鍛錬を怠るとお客様は離れてしまいます。
「美容業界」に転職するならば日々の鍛錬を怠らない強い意志も必要でしょうね。

美容業界の志望動機を作るポイント

美容業界への転職をする際の志望動機はどのように作成すればいいのでしょうか。
ここでは、美容業界ならではの志望動機のポイントをご紹介します。

なぜそのお店を選んだか?

「美容業界」への転職は基本的に店舗への就職が一般的ですが、そのお店を選んだ理由は書いておきましょう。
「自宅から通いやすい立地」とか「働きやすい感じがした」というものではなく、そのお店の内装や外装、スタッフさんのサービスや身なりなどそのお店にしかない特徴を志望動機としましょう。
気になるところは実際に入ってサービスを受けてみるのもいいかもしれませんね。

今までの経験をどう活かしてみたいか?

前職の経験をふまえて、なぜ「美容業界」へ転職するのか、そして志望するお店でどういう仕事をしてみたいか、ということを伝えておくのもいいでしょう。
前職が全く関係ない業種だとしても、当時のスタッフとのコミュニカーションや自分の作業でうまくできた方法など「美容業界」への転職でも通用する部分があるはずです。

また前職にはない「美容業界」に期待できる点などがあれば書いてみるのもいいでしょう。

志望するお店でどうなりたいか、どう働きたいか?

転職するのも大事ですが、問題なのは転職した後どう働いていくかということです。
志望するお店ではどう働いていきたいか、具体的にはお客様との関係や、接客だけでなくお店のインテリアや広告などやってみたいことを伝えておくといいでしょう。
最終的に独立を目指しているならそういう目標を伝えておくのもいいでしょう。

ただしお店側としては雇うなら長く勤めてほしいと思っているので、数年後に独立といった具体的な年数は控えましょう。

美容業界の志望動機の例文

志望動機のポイントがわかったところで、実際にどんな志望動機が理想的なのか確認しましょう。
ここでは美容業界への志望動機の例文をご紹介します。

例文1

以前お店でサービスを受けたことがあり「美容業界」への転職を決めるきっかけにもなりました。
以前受けた丁寧なサービスとおしゃれな店内を思いだし、あんなお店で働いてみたいなと思って転職を決意しました。
転職活動中に今回募集されていたので応募させていただきました。
あの時受けたような丁寧なサービスを心がけ、自分のようにお客様に感動していただきたいと思っています。

例文2

貴社の徹底的な技術とサービスへの追及に強いプロ意識を感じました。
こちらのような一流の技を吸収して一人前のスタイリストとして活躍したいと考えております。
専門学校を卒業したばかりで実践の経験は全くありませんが、前職はグラフィックデザイナーとしてお客様と一対一でデザインを進めていく経験をしました。
この経験は美容師として通用する部分があると思っております。
また、将来は独立して自分のお店を持ちたいと考えています。

例文3

前職は介護サービスで働いていましたが、会社がなくなってしまったこともあり違う業界にチャレンジしてみようと思いました。
人と触れ合う仕事が好きで「美容業界」に興味がわき、転職を決意しました。
こちらに志望させていただいたのはサービスの追及はもちろん、使用するシャンプーや薬剤などに自然由来の無添加のものを使用していることです。
お客様のスタイルだけでなく健康面まで考えてサービスを行っている姿勢にとても感動しました。
技術だけでなくシャンプー・薬剤の知識もつけて、お客様の要望にできるだけこたえられるようなスタイリストになりたいと思っています。

美容業界で働く前に覚えておきたい業界用語

美容業界には、そこで働く人に通じる業界用語が多数存在します。
美容業界を目指す前に知っておきたい業界用語をご紹介します。

ブロッキング

カットしやすいように数ブロックに分けること。

アウトライン

顔と髪の境界線。スタイルの決め手になる。

インレイヤーカット

内側の髪を長く、表面を短くする。引き締まって見える。

アーチ

爪を横から見たときのネイルプレートのカーブ。

アームレスト

腕をのせるクッション。ネイルサロンなどで施術中に使用する。

キューティクル

「甘皮」という爪の根本部分で新しい爪を保護している。

IPL

カメラのフラッシュに似たレーザーより弱い光を照射し、肌のハリ、弾力、薄いシミなどをケアする。Intense Pulsed Lightの略。

アンチエイジング

老化を止めること。肌のシミやたるみなどをおさえる。

アーユルヴェーダ

インド発症の医療でたっぷりのオイルを使ったマッサージなどがある。

美容業界に転職するための志望動機まとめ

「美容業界」全体で共通するのは日々の練習と研究で技術とセンスを磨かなければ、仕事にならないということです。
当然どちらも容易ではなく、またこの二つを怠ればすぐに通用しなくなってしまう鮮度の早い業界でもあります。

しかし「好きこそものの上手なれ」ということわざもある通り「美容業界」での仕事が好きならばずっと続けられる可能性がある魅力的な職業です。
挑戦するのは大変ですが、努力を惜しまないならばきっと転職後は充実した生活が送れることでしょう。

志望動機の作り方で迷ったら、無料で対応してくれる転職エージェントがおすすめです。キャリアコンサルタントが志望動機や履歴書に添削してくれたり、なかには代わりに作ってくれるサービスもありますので活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です