エステティシャンの自己PRを例文付きで解説!

女性でもキャリアアップでき、手に職が就くということで転職が増えてきているエステ業界。
ここでは、全くの未経験の方でも内定を勝ち取れる自己PRについて解説します。

ももこ編集長

元たかの友梨で人事をしていた私がチェックしていたポイントも踏まえて解説していきますね〜!

自己PRとは?志望動機の違い

自己PRと志望動機、もちろんですが別物です。

◆自己PR◆
自分自身の良さをアピール
◆志望動機◆
選んだ理由・どのように貢献していくのか

上記のように、それぞれ役割が違います。
似たような内容にならないように注意して作成していきましょう。

履歴書と自己PRの書き方とポイント

ごくたまにですが、履歴書の項目に「自己PR」があるにも関わらず、空欄で提出する方がいます。
その時点で、不採用になる可能性が非常に高くなってしまうので、絶対に空欄で提出するのはやめましょう!

エステサロン人事担当者の心を掴むポイントについてまとめました。

  1. 履歴書は手書きで丁寧に書くのが望ましい
  2. コミュニケーション力の高さをアピール
  3. 希望するエステサロンが喜ぶ過去の自分の実績をしっかり伝える
  4. ネガティブな表現は使わない

エステの転職未経験者でも勝ち取れる自己PRの書き方

履歴書を作成する際に自己PRは必須項目です。
履歴書によってフォーマットもさまざまかと思いますが、

  • 自己PRの欄がないもの
  • 自分自身で記入項目を作るタイプのもの

上記のようなフォーマットであれば忘れないように気をつけましょう。
自己PR欄がないものは望ましくないので、自己PRのある履歴書のフォーマットを利用しましょう♪

自己PRの書き方と例文

自己PRは、
私は○○○なので良い人材ですよ!
というように自分を売り込むための項目です。

  1. 得意なこと
  2. 過去の功績
  3. 長所
自分のことを売り込むプレゼンとなります。
ただし、「自慢だけして終わる」内容にならないように気をつけましょう。

私は何事も柔軟に対応できます。前職では会社の総務部に勤務しており、多岐にわたる業務をこなしてきました。メインでは社員の勤怠管理を行っていましたが、その他にもさまざまな業務を務めてまいりました。初めて取り組む業務に関しては、知らないことが多く私にできるのだろうかと不安もありましたが、できないと決める前にまずはやってみる、新しいことが学べて成長できる機会だと前向きに捉えてどのようなことにもチャレンジしてきました。エステ業界は未経験で分からないことが多いですが、持ち前の柔軟性を活かして誰よりも吸収し、お客様からも同僚からも愛されるエステティシャンになれるよう精進いたします。

長所
理由(具体的に過去の実績や経験談を入れる)
長所を活かしてどのように会社に貢献するのか

ももこ編集長

上記の1〜3の流れで構成していくと分かりやすく、印象の良い自己PRになりますよ♪

履歴書と面接での自己PRの違い

大幅に変わることはありませんが、履歴書の内容を読み上げるだけではいけません。
面接の際は、履歴書の自己PRを元に内容を膨らませて話しましょう!

また、全く違う内容を話しても
結局どっちが売りなの?」と内容にブレが生じますので気をつけてください。

履歴書に書いた自己PRの内容をしっかり頭に入れて、
何度か口ずさんで練習しておくのがいいですね。

エステサロンへ面接に行く際に準備しておくこと

実際にエステサロンへ面接に行く日が決定した際に、
面接に行くまでに準備することや、確認しておくことをここではご紹介します。

エステサロン(面接会場)を確認しておく。

1度何処にあるのかを把握するために実際に足を運んでみるのが望ましいですが、そこまでする必要はありません。
しかし、面接当日に場所が分からず迷ってしまい遅刻したらアウト。

事前に地図を熟読して迷わないようにしておきましょう。

見た目が大事。身だしなみを整えておきましょう!

エステサロンでの面接は特に見た目を重要視されます。

服装
「スーツ」または「同等の綺麗めな服装」が好印象です。
髪型
ヘアブラシを使用してキレイに1つにまとめておくのがベスト。
メイク
スッピンはNG!ナチュラルなメイクを心がけてください。
手元
爪は短くし、ハンドクリームなどで事前にハンドケアをしておきます。

上記に注意して身だしなみを整えておくと面接の際にとても印象が良いです。
また、髪型は規定がなく自由だった場合でも、金髪や派手な色のカラーリングをしているのはあまり印象が良くないため控えてください。

若い女性には多いですが、カラーコンタクトは印象が良くありません。
面接官には「盛れてる」や「カワイイ」は関係ありませんし、通用しません。

あなたのそのものの良さが分かるような、印象の良い身だしなみで面接に向かってください。

エステティシャンの面接では自己PRとは別に自己紹介がある可能性も!

エステサロンの面接では「自己紹介」があることが多いです。
これは自己PRとは違いますので、自己PR文をそのまま言わないよう気をつけてください。

内容としては、

  1. 職歴
  2. 志望動機
  3. 自己PR

上記3つを簡単に短くまとめたものになります。
1〜2分の長さがベストです。
長々と話さないように注意してください。

また、内容も大事ですが面接官は自己紹介を見て、

  • 話し方に問題はないか
  • 目線は合うか
  • 第一印象は良いか
  • 声の大きさ
  • 話すスピード

上記のポイントをチェックし、エステティシャンとしての適正を判断しております。

ここで印象が悪い方は、お客様からの印象も悪いと判断されてしまいますので

  • 笑顔
  • 落ち着いて話す
  • 声が小さくならないようにする
言葉を噛んでしまってもそれは大丈夫!
しっかり立て直して、上記3つのポイントは必ず忘れないようにしてくださいね♪

エステティシャンの自己PRは完璧!自信をもって面接に望んでください❤️

  • 履歴書
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 面接

上記についての悩みは少しでも解消されましたか?内容も大事ですが、何より人柄が重要です!
あまり難しく考えず、あなたの「エステティシャンになりたい!」という想いをしっかりと伝えてきてください♪

ももこ編集長

希望のエステサロンの内定がとれることを祈って応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です