脱毛の毛周期とは?サロンやクリニックで脱毛するなら毛周期について理解しておこう!

今や女子だけでなく男性も積極的にサロンやクリニックで脱毛を受けています。
ツルスベ肌は異性にモテるための必須エチケットであるばかりでなく、高齢者にとっては介護が必要となった時に介護者の負担を軽減させる目的でデリケートゾーンの脱毛を受ける人も増えているんですよ👆

また、脱毛をできるだけ早く完了させるためには「毛周期(ヘアサイクル)」について知っておいたほうが圧倒的に有利です❤️
そこで今回は改めて毛周期について元エステティシャンの私が詳しく解説するので、
これから脱毛を始めたい人も、すでに脱毛を受けている人も必見です!

永久脱毛について☑永久脱毛の定義とは?基礎知識や永久脱毛できるおすすめのクリニックとサロンを紹介!

melby編集長:ももこ
melby編集長ももこ

melby編集長のももこです!

元たかの友梨のエステティシャンであり、人事もしていました。

転職し、現在WEB初心者ながら

melby(メルビー)の編集長をしています!

melby共々よろしくお願いします❤️

脱毛を早く完了させたいなら毛周期を知ろう!

近年は脱毛技術が向上したことで全身脱毛の成功率は飛躍的に向上しています。
しかし、より確実に脱毛を完了させるには「毛周期(またはヘアサイクル)」について知っておくことも重要なのです。

毛周期というのは文字通り毛が生え変わる周期のことです。
AGAやFAGAなどの「脱毛症」のケアや治療の時には必ず説明を受けるのが毛周期ですが、どういうわけか「脱毛」の時にはあまり詳しく説明されることはありません。

なので、知らない人のためにも私が詳しく解説していきますね❤️

ももこ編集長

脱毛と脱毛症の違い

そこでまず勘違いされることが多い「脱毛」と「脱毛症」の違いから説明していきましょう。

  • 脱毛:美容目的でムダ毛を処理すること。サロンやクリニックでは専用の脱毛器を使って脱毛を行います。
  • 脱毛症:何らかの原因で毛が抜けていく病気。主に毛髪に起こった場合に「脱毛症」と呼びますが、「全身脱毛症」という病気もあります。
このどちらのケースでも「毛周期」がとても重要な意味を持っています。
毛髪も体毛も同じ「毛」なので生え変わりの周期があり、
脱毛の場合は「退行期」や「休止期」という古い毛が抜けていく時期よりも「成長期の初期〜中期」に光やレーザーを照射したほうが脱毛効率が上がるといわれています。

毛周期をもっと詳しく知ろう!

毛周期
毛周期には大きく分けて4つのステージがあります。

  1. 成長初期:毛根にある毛母細胞が活性化して新しい毛が誕生する時期
  2. 成長期:毛穴の外に毛が出てきてぐんぐん成長する時期
  3. 退行期:毛母細胞の活動が弱まり、毛の成長が止まる時期
  4. 休止期:毛母細胞の活動が停止して毛根ごと毛が抜けていく時期
毛髪も体毛もこの毛周期を繰り返し日々生え変わっているのです。
ただし、部位によって毛周期は変わってきます。
健康な人の場合、毛髪の毛周期は4年〜6年脇毛は4ヶ月程度Vラインは1年〜2年とされています。

脱毛を完了させるのに最も適している時期とは?

前述していますが、脱毛を受けるのに最も適しているのは「成長初期」と「成長期」です。
その理由は、

退行期休止期になると毛根ではすでに細胞分裂が止まっているので、抜けるのを早める効果はあっても毛母細胞そのものには大きなダメージを与えられないからです。

ももこ編集長

光脱毛や医療脱毛というのは毛根部に熱ダメージを与えて弱らせ、毛周期を狂わせて退行期や休止期を延長させていくための施術です。
だからすでに退行期に入ってしまうと、効果は半減してしまうわけです。

つまり、成長期の段階で施術を受けるのが、脱毛を早く完了させるのに重要というわけです👆

ももこ編集長

足脱毛を完了に導く足の毛周期知識とは?

特に敏感なところでもないので安易に剃毛で済ませてしまいがちな足のムダ毛処理。
近年では全身脱毛が主流なので足も含まれていますが、脱毛が完了するまでには
サロンだとおよそ3年医療脱毛でもおよそ1年半以上は、かかってしまうので足の脱毛を失敗しないためにも毛周期とケアの方法を覚えておきましょう。

足の毛周期はおよそ10ヶ月と言われています!

ももこ編集長

成長期が4〜5ヶ月退行期と休止期を合わせて4〜5ヶ月程度です。
毛髪が4〜6年で最長なのですが、それに比べると短いですね👆

足の毛も成長期のうちに施術を受けたいところですので、
成長期に光脱毛すると、1ヶ月に1回の計算として4〜5回
医療脱毛では2ヶ月以上間隔をあけるので2回程度施術を受けることが可能という計算になります。

脛に生えているムダ毛は比較的毛の色が濃いので光脱毛や医療脱毛が成功しやすい部位です。
ただし、脱毛を受けている期間の自己処理は電気シェーバーを使うようにしてください!
剃刀やワックスを使うと刺激で肌の色が黒ずんでしまい、脱毛が受けられなくなる可能性があります。

部位別の毛周期を知って脱毛を完了させよう

それではここで全身脱毛を受ける際に知っておきたい部位別の毛周期を一覧にしておきましたので参考にしてください。

部位毛周期
顔全体6ヶ月〜1年6ヶ月
脇の下1年〜2年6ヶ月
胸(デコルテ含)8ヶ月〜1年6ヶ月
8ヶ月〜1年6ヶ月
背中8ヶ月〜1年6ヶ月
ヒップ8ヶ月〜1年6ヶ月
腕全体6ヶ月〜1年6ヶ月
足全体6ヶ月〜1年6ヶ月
VIライン1年〜2年
男性器・Oライン1年〜3年

永久脱毛が永久ではないのも毛周期が影響している?

ここまでざっくりと毛周期の基礎について説明してきましたがいかがでしょうか?
体毛も髪の毛と同じように生え変わりながら全体的な数やボリューム感を維持しているということがおわかりいただけたと思います。

そして、脱毛効果が高いのは「成長期」にある毛だということも説明してきました。
毛は抜けていくときに毛根ごと抜けていきますが、毛根を覆っている毛包という組織は残り「バルジ領域」と言われる部分からまた毛根が再生して発毛します。

さらに、隣り合わせの毛穴どうしが必ずしも同じ毛周期で生え変わっているわけではなく、
それぞれは独立していて少しずつ毛周期がずれています。
これにはちゃんとした理由があり、一度に抜けてしまうと突然その部位全体が無毛状態になってしまうからです。

ところがこれが脱毛には厄介…。
なぜなら全ての毛が同じ毛周期ならば施術の脱毛効果が高まりますが、部位ごとにバラバラなので1回コースを消化しただけでは毛根に100%完全な熱ダメージを与えられるとは限らないからです。
このように「永久脱毛」といっても数年で毛が再生してくるのには毛周期が深く影響しているのです

永久脱毛の定義とは?

実は完全に毛穴を消失させるには脱毛したい部位の毛穴をレーザーなどで「焼く」か毛包を消失した皮膚を移植する以外に方法はありません。
(少なくとも現在これ以外の方法は確立されていません)

医療脱毛の場合は高出力のレーザーを使うので毛穴を焼くことは可能ですが、これはあくまで治療用のため、
皮膚に与えるダメージが強く、現在では治療行為としてのレーザー照射ではなく美容目的でレーザーを照射するのが医療脱毛でも主流です。

そこでエステ脱毛サロンや医療脱毛(あくまでも美容目的)が採用している永久脱毛の定義って一体何?
と疑問に思いますよね。
そこで現在の美容脱毛全体に関するガイドラインをご紹介しておきましょう。

  • 電気脱毛協会のガイドライン:施術1ヶ月後の時点で毛の再生率が20%以下
  • FDA(アメリカの厚生労働省に該当する政府機関)のガイドライン:施術3回を行い6ヶ月後に67%以上の毛が減っていること
ちょっと皆さんがイメージする「永久」とは程遠い感じがしますよね?
でもこれが安全にツルスベ肌になるための基準なんです!

永久脱毛とは☑永久脱毛の定義とは?基礎知識や永久脱毛できるおすすめのクリニックとサロンを紹介!

毛周期のまとめ

毛周期はホルモンバランスの影響を強く受けます。
ホルモンバランスは

  • 疲労
  • 寝不足
  • ストレス
  • 加齢
  • 過激なダイエット
上記のようなことで崩れがちになり、女性の場合は生理時にもホルモンバランスが大きく乱れることがあります!

脱毛は皮膚に熱ダメージを与えて毛根を弱らせていく方法なので、毛周期とホルモンの関係をしっかりと把握しておくと効果が変わってくると言われているんですよ👆

また毛穴は独立していて毛周期の各時期は毛穴ごとに異なります。
このため一度照射を受けただけだとすでに退行期休止期に入っている毛穴の毛は再生してきます。
永久脱毛」といっても完全なツルスベ肌をゲットするためには、それなりに時間と回数がかかるということを覚えておいてくださいね👆

以上の毛周期のことをしっかり理解して、できるだけ早く全身脱毛を完了できるようにしていきましょう〜❤️

ももこ編集長

永久脱毛とは☑永久脱毛の定義とは?基礎知識や永久脱毛できるおすすめのクリニックとサロンを紹介!

脱毛おすすめ!全身脱毛ランキングTOP5!おすすめの医療・エステ脱毛それぞれについても紹介