脱毛ラボと恋肌(こいはだ)を徹底比較!

脱毛ラボ

店内の雰囲気
(4.0)
スタッフの接客
(3.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)
脱毛ラボのキャンペーン
全身脱毛56箇所(顔オデコ鼻毛うなじVIO含む)15ヶ月無料体験❗️

はんぺん

脱毛ラボ新宿店に行ってきました。個室に案内され、安心して話をすることができました。ホワイトボードを使って説明されたので、あとで自分が持って帰れる紙で説明してもらえたらよかったと思いました。料金についてはシェービング代が比較的安いのが魅力的だなと思いました。(1500円くらい)お店の方が少し勧誘推し気味でした。

ムーン

脱毛ラボ恵比寿店にカウンセリングに行ってきました。まず思ったのが、ドクターシーラボの関連会社なので、化粧品がとても充実していて、美への追求が他社より強いです。脱毛プランがとても安くなるキャンペーンを説明されますが、化粧品一式揃えると高価ではあって少し勧誘が強めなので、注意はしておいてください。ただ、トータルケアを目指したい方にオススメです!
[aff id=’12133′] 脱毛は女性にとってとても関心の高いものですが、いまや世の中には、たくさんの脱毛サロンがあり、どこを選んだら良いかわからないという人も多いはず。今回は、脱毛サロンの中でも人気の、脱毛ラボ恋肌について、比較しながら詳しくご紹介していきます。ぜひ、サロン選びの参考にしてください。

料金比較!脱毛ラボと恋肌(こいはだ)について

料金的には大きな差はみられませんが、使用する機械の性能によって脱毛完了までの回数などのコストパフォーマンスが変わってきます。脱毛したい部位などを考えたうえで、ニーズに応じて総合的に判断するのが良いでしょう。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の全身脱毛の料金比較

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の全身脱毛の料金について、18回コースの場合の料金を参考に比較します。

脱毛ラボの全身脱毛は258,090円で受けることができます。

対して、恋肌の全身脱毛は、285,120円で受けることができます。これは、恋肌(こいはだ)で導入されている2種類の脱毛機のうち、効果が出やすい方を使用した場合のプランです。脱毛完了までに時間がかかるものの、安く済む脱毛機を選択すると、193,914円となります。

また、月額プランの場合の料金を参考に比較してみましょう。脱毛ラボは月額1,900円で受けることができます。
対して、恋肌(こいはだ)の全身脱毛は、月額1,435円から受けることができます。ただし、これは脱毛完了までに時間がかかる脱毛機を使用した場合です。

どちらも料金的には大きな差は見られませんが、恋肌(こいはだ)の低価格月額プランは効果の出にくい機器を使用した場合のため、脱毛完了までのコストパフォーマンスは脱毛ラボのほうが良いかもしれません。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の部分脱毛の料金比較

脱毛ラボは一部位一回から施術を受けることができます。パーツごとに金額が変わりますが、両ワキは一回1,500円、VIOラインは一回2,500円から受けることができます。また24ヶ所選べる部分脱毛プランだと6回パックで78,760円となっています。

恋肌(こいはだ)も基本は全身脱毛ですが、全身脱毛部位62か所のうち、34か所を自由に選べるプランもあります。この場合、月額917円から受けることが可能です。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)のキャンセル料金で比較

脱毛ラボも恋肌(こいはだ)も、当日キャンセルをした場合、無料ですが1回分の施術が消化されることになります。また脱毛ラボに関しては前日キャンセルの場合、1,000円のキャンセル料がかかります。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)のキャンペーンの違い

脱毛ラボでは、月額料金を11か月無料にするキャンペーンを実施しています。恋肌では、月額料金を12か月無料にするキャンペーンを行っています。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の施術回数の違い

脱毛ラボでも恋肌(こいはだ)でも、つるつるになるまでには全身で12~18回サロンに通うと想定しておいた方が良いでしょう。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の脱毛部位の違い

全身脱毛できる部位については、脱毛ラボも恋肌(こいはだ)も、どちらもほとんど差がありません。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の脱毛方法の違い

脱毛ラボはS.S.C脱毛と呼ばれる方法を導入しています。この脱毛方法は、ジェルを肌に浸透させ、光を照射することによる相乗効果で脱毛を促します。
いっぽうで恋肌(こいはだ)は、独自方式の純国産脱毛機と、IPL脱毛の二種類を取り入れています。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の脱毛機の違い

脱毛ラボの脱毛機は、「M.S.F.Tクリプトン」「P.S.クリプトン」「ラボマシンガン(クリプトンSEV)」を使用しています。痛みが少ないのが特徴なことに加え、一回当たりの施術時間が全身でも60分程度で完了するほか、最短2週間に1回ペースで通えるので、短期間で脱毛を完了させることができます。

恋肌(こいはだ)の脱毛機は二種類あります。まず、独自の方式を用いている国産脱毛機のLVSは、連射式な広範囲に照射することができるため、素早い施術が可能です。しかし、熱を持ちやすいため、照射1回あたりの発熱量は低く抑えなければならず、結果的に脱毛完了まで期間がかかってしまいます。
恋肌(こいはだ)が導入しているもうひとつの脱毛機、IPL方式のシルキーライトⅡは独自の技術を用いることで、うぶ毛や金髪のほか、日焼け肌にも効果を発揮することができます。また、冷却ジェルを使わないのも特徴です。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の予約方法の違い

脱毛ラボは、来店時か電話での予約対応となっています。
恋肌(こいはだ)は、ネットでの予約・変更・キャンセルが可能です。電話でも対応が可能です。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の生理のときの対応の違い

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)は、どちらも生理でも施術を受けることは可能です。ただし、VIOラインの施術は受けることができません。また、ホルモンバランスの乱れがあり、肌荒れの懸念があるため、サロンではおすすめはしていません。生理によるキャンセルも、キャンセルルール通りの対応になってしまうため、極力当日のキャンセルは避け、前日までに変更をすることが良いでしょう。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)のシェービングサービスの違い

脱毛ラボでは一律1,000円でシェービングサービスを受けることができ、VIOラインは+500円で受けられます。
恋肌(こいはだ)では、えりあし、背中、お尻、Oラインといった、自分で手が届かない部位のシェービングは無料で行ってくれます。それ以外の部位については、一か所800円で対応が可能です。また、月額プランはえりあしのみ無料でシェービングサービスが受けられます。

脱毛ラボがおすすめなのはこんな人

総合して、脱毛ラボがおすすめなのは、部位ごとではなく全身を脱毛をしたい人です。その中でも、短期間で脱毛を完了させたい人には特におすすめです。また、とにかく安く脱毛を始めたい人のニーズにも応えられるサロンです。

恋肌(こいはだ)がおすすめなのはこんな人

総合して、恋肌がおすすめなのは、とにかく低予算で脱毛を開始したい人です。選択する脱毛機によっては、表に打ち出しているプランより高めの料金になってしまうようですが、それでも他のサロンに比べるとお得な価格設定だという口コミも多く見受けられます。

脱毛ラボと恋肌(こいはだ)の比較をして無料カウンセリングで自分に合うサロンを見つけよう

いかがでしたか?脱毛ラボと恋肌(こいはだ)、どちらにもメリットがあります。自分にとって一番ぴったりなサロンを見つけるため、ぜひ無料カウンセリングで詳細を聞いてみましょう。

脱毛ラボ

店内の雰囲気
(4.0)
スタッフの接客
(3.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)
脱毛ラボのキャンペーン
全身脱毛56箇所(顔オデコ鼻毛うなじVIO含む)15ヶ月無料体験❗️

はんぺん

脱毛ラボ新宿店に行ってきました。個室に案内され、安心して話をすることができました。ホワイトボードを使って説明されたので、あとで自分が持って帰れる紙で説明してもらえたらよかったと思いました。料金についてはシェービング代が比較的安いのが魅力的だなと思いました。(1500円くらい)お店の方が少し勧誘推し気味でした。

ムーン

脱毛ラボ恵比寿店にカウンセリングに行ってきました。まず思ったのが、ドクターシーラボの関連会社なので、化粧品がとても充実していて、美への追求が他社より強いです。脱毛プランがとても安くなるキャンペーンを説明されますが、化粧品一式揃えると高価ではあって少し勧誘が強めなので、注意はしておいてください。ただ、トータルケアを目指したい方にオススメです!
[aff id=’12133′]