脱毛ラボの脱毛機器はS.S.C脱毛器!他脱毛サロンのIPL脱毛器と比較してご紹介

脱毛ラボでの脱毛を検討している人、これから行く人にとってはどんな脱毛機器で施術されるのかというのは気になるポイントですよね。
今回は、脱毛ラボで使用されている脱毛機器について他の脱毛サロンで使用されている脱毛機器と比較してご紹介します。
おすすめのポイントなども一緒に見ていきましょう☝️

脱毛ラボといえば家庭用脱毛器を発売したことで注目された脱毛サロンですが、肝心の店舗の脱毛マシンの効果はどうなのでしょうか。

▼全身脱毛の脱毛機器について詳しく知りたい方はこちら▼
脱毛機器を徹底比較!全身脱毛で人気の脱毛サロンとクリニックの脱毛機器の効果についても解説

脱毛ラボで使用されているS.S.C脱毛機器とその効果とは?

脱毛サロンでは脱毛機器を利用して脱毛の施術が行われます。
脱毛機器によって、肌への合う合わないがあったり、施術時の痛みや脱毛後の仕上がりなどに個人差があるといわれています。「痛みに弱い」「肌が弱い」「過去に効果が感じられなかった脱毛機器がある」などの他にも、毛質によって自分に合いそうな脱毛機器なのかを事前に確認するようにしましょう。

脱毛ラボのS.S.C脱毛機

  • M.S.F.T.クリプトン
  • P.S.クリプトン
  • クリプトンSEV(ラボマシンガン)

脱毛ラボではS.S.C脱毛器を使用しています

脱毛ラボで使用されている脱毛機器はS.S.C脱毛器です。
S.S.C脱毛器は光脱毛で行われる脱毛法に分類され、光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれています。
この光脱毛には大きく3つの種類があり、S.S.C脱毛器の他にもSHR脱毛器、IPL脱毛器があります。
S.S.C脱毛器はこの中でもっとも痛みが少なく、肌への負担が小さい脱毛方式といわれています。
肌が弱い人や痛みが苦手な人でも脱毛することができるため、初めての脱毛機器としてS.S.C脱毛器を選ぶ人は少なくありません。

S.S.C脱毛器の効果とは?脱毛完了できる回数とは?

ほとんど全ての脱毛法にいえることですが、どの脱毛法でも1回で脱毛が完了することはありません。
それは、S.S.C脱毛器の脱毛でも同様で、数回の施術をムダ毛の成長周期に合わせて行うことで脱毛を行います。
脱毛完了までの回数や期間は個人差が大きく、どの脱毛サロンでも「◯回で脱毛完了する」とはいいにくいものです。
そのため、多くの人が脱毛を完了する回数を目安として紹介されることが一般的です。
その回数としてムダ毛が薄い人では10回未満、普通くらいでは15回未満、濃い人では20回未満の施術回数が目安となります。ただし、中には20回以上かかる場合もあります。

脱毛ラボで使用されるS.S.C脱毛器のメリットとデメリットとは?

どんな脱毛法にも、メリットとデメリットがあるものです。
S.S.C脱毛器のメリットは施術時の痛みが少ないこと、肌をケアしながら脱毛できるため肌への負担が少ないこと、1回の施術時間が他の脱毛機器に比べて短いこと、脱毛後にツルスベ肌を体感できることなどがあります。

デメリットは、ムダ毛の成長周期に合わせて施術をしていかないと高い効果が得られないこと、脱毛完了までに長い期間がかかることなどがあります。
また、S.S.C脱毛器が肌への負担が小さい脱毛方式ですが、それでも負担がまったくないわけではありません。
そのため、肌トラブルが発生する場合があります。S.S.C脱毛器での肌トラブルは決して多くありません。しかし、万が一肌トラブルを感じた場合には放置せず、医療機関できちんと処置しないと痕が残るケースもあるようです。

脱毛ラボはS.S.C脱毛器を使用して1回の施術時間はどのくらい?

脱毛ラボの施術時間は、全身脱毛コースで1回60分〜90分です。レーザー式で同じ全身コースでは3時間かかるのが一般的なので、脱毛ラボでの施術時間はその半分から1/3になる計算になります。
拘束時間が短いので、仕事帰りや休日のお出かけ前などを利用して予定を組みやすいのではないでしょうか。ただし、肌に負担の少ないS.S.C脱毛器でも肌への負担がゼロというわけではないので、施術後はできるだけ安静にして過ごすことをおすすめします。

脱毛ラボのS.S.C脱毛器と恋肌(こいはだ)のIPL脱毛器の違いとは?

脱毛ラボで使用している脱毛機器はS.S.C脱毛器ですが、これは光脱毛・フラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛法の1つで、同じ光脱毛で、多くの脱毛サロンで導入している脱毛機器としてIPL脱毛器があります。このIPL脱毛器もS.S.C脱毛器と同じく光脱毛で、光を照射させて脱毛する仕組みは同じです。ここでは、S.S.C脱毛器とIPL脱毛器の違いについて紹介します。

恋肌(こいはだ)などで使用されるIPL脱毛器とは?

IPL脱毛器は、恋肌、銀座カラー、TBC、エピレ、キレイモなどの脱毛サロンで採用されている脱毛方式です。「Intensive Pulse Light」と呼ばれる光をキセノンランプを使って照射します。「Intensive Pulse Light」はシミやそばかすなどの肌トラブルの治療に使用されているため、効果と安全性が高いことが期待できます。
IPL脱毛器での脱毛法で、特徴的なのは肌のケアをしながら脱毛ができることでしょう。一般的に肌に直接光を照射する脱毛方式は、例え弱い光であっても肌に負担をかけます。しかし、IPL脱毛器では専用のジェルを塗ることでムダ毛の成長を抑制しつつ、肌に栄養を与えたり施術の痛みを軽減したりできる仕組みになっています。

IPL脱毛器の効果とは?回数は何回で脱毛完了できる?

IPL脱毛器での脱毛効果は、他の脱毛法と同じく個人差が大きいといわれています。1回の全身脱毛で脱毛完了することは、ほとんどありません。しかし、ムダ毛の濃さが標準程度の場合には、6回から12回の回数でかなりの効果が実感できるといわれています。人によっては6回で脱毛完了することもあるようです。
ただし、一般的な目安の回数としては12回から18回くらいの回数が必要と考えておいたほうがよさそうです。回数が多くなっても肌への負担が少ないので、安心して通い続けることができる点はIPL脱毛器のメリットの1つといえるでしょう。

脱毛ラボのS.S.C脱毛器と恋肌(こいはだ)のIPL脱毛器の効果の違いとは?

S.S.C脱毛器とIPL脱毛器は、光を利用して毛乳頭と呼ばれるムダ毛を成長させる部位の機能を低下させるという点で同じ原理といえます。どちらの脱毛機器でも毛の成長周期に合わせて施術を重ねるため、基本的に必要となる回数は変わらないといわれています。
また、S.S.C脱毛器は専用のジェルを使用するところに違いがあります。肌が弱い人はIPL脱毛器より、ジェルを併用するS.S.C脱毛器の方が負担が少ないでしょう。
初めての全身脱毛で肌や痛みなど施術に不安があるという人はS.S.C脱毛器の方が向いているでしょう。それ以外の場合では、サロンの雰囲気、サロンへの通いやすさ、予約の取りやすさや料金などを見て総合的に脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。

▼脱毛ラボについてはこちらをチェック▼
脱毛ラボとは?料金が安い!予約や店舗、18回コースについて【6/26までポーチプレゼント】

脱毛ラボ

店内の雰囲気
(4.0)
スタッフの接客
(3.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)

はんぺん

脱毛ラボ新宿店に行ってきました。個室に案内され、安心して話をすることができました。ホワイトボードを使って説明されたので、あとで自分が持って帰れる紙で説明してもらえたらよかったと思いました。料金についてはシェービング代が比較的安いのが魅力的だなと思いました。(1500円くらい)お店の方が少し勧誘推し気味でした。

ムーン

脱毛ラボ恵比寿店にカウンセリングに行ってきました。まず思ったのが、ドクターシーラボの関連会社なので、化粧品がとても充実していて、美への追求が他社より強いです。脱毛プランがとても安くなるキャンペーンを説明されますが、化粧品一式揃えると高価ではあって少し勧誘が強めなので、注意はしておいてください。ただ、トータルケアを目指したい方にオススメです!