おしり脱毛とは?回数やメンズの毛の処理について解説

おしり脱毛といえばOライン脱毛が主流かと思います。
しかし意外と太ももとおしりの境界線あたりから毛が生えていて恥ずかしいという人もいるはず…。

今回はそんなおしり脱毛について処理の仕方やおしり脱毛ができる医療脱毛やエステ脱毛サロンを紹介ながら解説します。

おすすめ☑︎全身脱毛おすすめ|人気ランキング付き!脱毛サロンと医療脱毛の基礎知識についても解説

おしり脱毛とは

おしり脱毛とはおしりの盛り上がった部分を脱毛することです。
間違えられやすいのですがおしりの割れ目や肛門付近の毛はおしり脱毛の範囲ではありません。
肛門付近の毛をOラインと呼び、おしり脱毛とは別の脱毛範囲です。

Oラインに毛が生えている人はいるかもしれませんが、おしり表面に濃い毛が生えている人はあまりいないので大体の人は必要ないと思うかもしれません。
ただし、女性も男性もおしり表面にも産毛は生えていて、おしりと太ももの境目に関しては実は見えていないだけで目視できるほどの産毛が生えている可能性があります。

おしり脱毛できる医療脱毛クリニック

おしり脱毛ができる医療脱毛クリニックを紹介します。

melbyで紹介している脱毛クリニックでは全ておしり(ヒップ)脱毛が可能でした。
全身脱毛プランを設けているクリニックはおしり脱毛が全身脱毛プランの範囲に含まれています。

おしり脱毛できる脱毛サロン

おしり脱毛ができる脱毛サロンを紹介します。

と言う風にmelbyで紹介している脱毛サロンは全ておしり(ヒップ)脱毛が可能です。
全身脱毛プランを設けているサロンはこのおしり脱毛が全身脱毛プランの範囲に含まれています。

完了までに必要な回数について

おしりは産毛が多いですが、回数はどのくらいで完了するのか医療脱毛とエステ脱毛それぞれを解説していきます。

医療脱毛の回数

医療脱毛でおしり脱毛した場合の回数は一般的に5〜8回ほどと言われています。(※もちろん個人差があります)
しかし、蓄熱式脱毛機以外の脱毛機だと硬毛化するリスクが非常に高いです。

その場合追加で1〜3回必要になる場合があります。

エステ脱毛サロンの回数

エステ脱毛サロンでのおしり脱毛はどのくらいで、減毛効果が出て自己処理の回数が減ってくるのか解説します。
エステ脱毛の脱毛機では出力の問題で完全脱毛をすることはできません。しばらく生えてこなくなっても一定期間過ぎるとまた再発してきます。

ただ自己処理の回数は格段に減ります。その回数は一般的に15回〜20回程でしょう。
また、医療脱毛と同様でSHR脱毛(蓄熱式脱毛機)以外は硬毛化になる可能性が非常に高いです。
産毛の状態が非常に薄くほとんど目視できないのであれば、照射しない方が良い場合もあります。

産毛もない完全なるツルスベなおしりを手に入れたいのであれば蓄熱式の脱毛機を導入している医療脱毛がおすすめですよ♪

関連☑︎医療脱毛おすすめランキング【安いクリニック一覧比較付き】

おしり脱毛前の自己処理の方法

あまりいないかもしれませんが、稀におしりに濃い毛が生えてしまう人もいるようですね。

おしりの毛はカミソリで処理すると怪我の元になります。特にデリケートで立体感のあるおしりですから傷つきやすいのは間違いないですね。
もしも、おしりの毛の処理をするという場合はIラインやOラインを処理するのと同じ要領で専用の電気シェーバーで鏡を見ながら処理するようにしましょう。

ワックス脱毛はできる?

男性などのよっぽどおしりの毛が長い人でも、産毛や薄い毛しか生えていない人でも、ワックス脱毛なら大丈夫です。
セルフでもサロンでも同じですが剃毛をしていないできるだけ毛の伸びた状態でワックスを塗らないと抜けないので注意です。

産毛のようなふわふわの毛でもなくなってくれるワックス脱毛ですが、2〜3日は日焼けはもちろん海やプールなどの雑菌の多い場所はNGなので計画的にしましょう。

おしり脱毛は除毛クリームでもできる?

おしり脱毛はもちろん除毛クリームでもできます。除毛クリームは塗るだけなので簡単ですよね。
ただし、おしりはとてもデリケートなのでかぶれやかゆみを生じることもあります。

あまり意味はないかもしれませんが一応おしり脱毛する前に、除毛クリームのパッチテストをしておいた方がいいかもしれませんね。

おすすめ☑︎【脱毛クリーム市販のおすすめ】VIO脱毛など部位別の使用ポイントや使い方についても解説

毛を抜くのはだめ?

おしりの毛を抜くのはおすすめしません。ブラジリアンワックスなどもこの抜くという行為に当たりますが、おしりの毛を抜くことにはメリットもデメリットもあります。

おしりは汗かきやすいのに拭かない部位です。とくに汗の染み込んだショーツは雑菌がたくさん。
また、特にきついパンツや通気性の悪いショーツやパンツでは蒸れやすいことで雑菌の繁殖も早いです。

もしも毛を抜いてすぐや、数日以内にこうした汗事情になってしまうと、毛穴に雑菌が入り込んでしまい毛嚢炎やできものができてしまいます。

まとめ

今回はおしり脱毛について解説してきました。
おしり脱毛とは肛門付近のOライン脱毛とは異なり、おしりの丸い部分を脱毛することです。おしり脱毛はどの全身脱毛サロン、クリニックでも脱毛範囲に入っていました。

主に男性が多いと思いますがおしり脱毛が気になっている人は一度脱毛専用のクリニックなどへ通うといいでしょう。

おすすめ☑︎医療脱毛おすすめランキング【安いクリニック一覧比較付き】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です