脱毛機器を徹底比較!全身脱毛におすすめの脱毛機器について紹介します。

キレイモやアリシアクリニックなど、「脱毛サロンに通って脱毛したい」と思っても何を比較して選べば良いか正直わからないですよね?
よく比較されるのは値段や回数だと思いますが、使用する脱毛機器によっても効果や早さは全く違うので、実は比較すべきポイントは「脱毛機器」なんです!
脱毛サロンや医療脱毛クリニックにそれぞれで使用している脱毛機器は違いますし、どこのサロンがどの脱毛機器を使用していてどのような効果があるか調べても難しくて理解しにくいですよね?
ここではそれぞれの脱毛サロンや脱毛クリニックで使用する脱毛機器は何か?また脱毛機器の効果についても詳しく解説します!

目次

キレイモなどの脱毛サロンやアリシアなどのクリニックで行われている脱毛方法の比較

女性なら誰もが気になるムダ毛処理・・・しかし「脱毛」といっても

  • 部分脱毛
  • 全身脱毛
  • レーザー脱毛
  • 光(フラッシュ)脱毛
  • 医療脱毛
  • 美容脱毛
  • 永久脱毛

などいくつも種類があり一体どれを選んでいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?
では最初に「美容脱毛」と「医療脱毛」の大まかな違いを説明していきましょう。
結論から言えば「美容脱毛」とは「医療脱毛以外の脱毛法」になります。
一方の医療脱毛は医師によって行われる脱毛法のことで施術は「美容皮膚科」や「美容外科」などクリニックと呼ばれる医療機関で行われます。
脱毛機器自体も医療用と美容用では仕様が異なりますが、実は「原理は同じ」です。
その原理とは

光を当てて毛根を焼く

というものです。
この中で出力の強いタイプの脱毛器を「医療用レーザー脱毛器」、出力の弱いタイプの脱毛器を「フラッシュ脱毛器(または光脱毛器)」と呼んでいます。
医療用のレーザー脱毛は文字どおり「レーザー光線」を使って毛根を焼くため効果が高いものの刺激が強くこの医療機器を使うことを許可されているのは医師免許を持っているものに限定されるということです。
ただし、美容皮膚科や美容外科(湘南美容外科など)でも肌の状態に合わせてフラッシュ脱毛器を使うところもあり、レーザー脱毛器も肌の状態に合わせて出力をコントロールできるので医療用脱毛だからと言って肌トラブルを起こしやすいというわけではありません。

キレイモや銀座カラーなどのサロンとアリシアやレジーナなどのクリニックで使われる脱毛機器の違いを比較

脱毛サロンのフラッシュ(光)脱毛とクリニックで行われているレーザー脱毛・・・どちらも原理は同じというのは先ほど説明した通りです。
ではどうして光をあてることで脱毛効果を得られるのかについて、その仕組みを見ていきましょう。
脱毛器から発せられるレーザーや光の基本的な原理は黒い色に反応して温度が上昇するというものです。これによって毛穴の奥にある「毛根を焼く」という作用を利用して脱毛を行います。
現在主流となる脱毛器には

  • IPL光脱毛器
  • SSC光脱毛器
  • SHR脱毛器
  • GTR脱毛器
  • 医療用レーザー脱毛器

などがあります。
では現在人気の脱毛サロンとクリニックで使われている脱毛機器の種類について以下の段落で説明していきましょう。

キレイモや恋肌(こいはだ)などIPL光脱毛器を導入している事例

キレイモや銀座カラー、恋肌(こいはだ)など人気の脱毛サロンで導入されているのが「IPL光脱毛器」です。
一口に「」といっても実際には波長が違う光がいくつも存在しています。
身近な光としては太陽光が有名ですが、それにも紫外線やガンマ線、赤外線などいろいろな光が含まれています。
最近家の中や街中でもよく見かけるようになったLEDライトにも赤、青、白などの種類があります。また、光は種類によって波長が異なります。
例えば紫外線は肌の角質層の下にまで届くため、その光の刺激から肌を守るために「メラニン色素」が作られます。
IPLは「インテンス・パルス・ライト」の頭文字で500nm〜1200nmの異なる波長を持つ光の集合体です。
毛根は真皮層近くにあり750nm程度の光ならば確実に届くとされています。
そのため500nm〜1200nmの波長を持つIPLは万能光線と呼ばれていて、IPL脱毛器は脱毛サロンだけでなくTBCなどのエステや家庭用の光脱毛器でも採用されている安全性に優れた脱毛器と言われています。
このIPL脱毛器の「波長の万能性」を利用することで医療用レーザーよりも出力が低くても高い脱毛効果を得ることが期待できるのです。

キレイモなどの脱毛サロンで導入されているIPL脱毛器の人気ブランド

ではここで実際にキレイモや銀座カラーなどの国内人気の脱毛サロンで導入されている機種について代表的なものを紹介します。

  • バイマッハ・・・国内屈指のシェアを誇る業務用光脱毛器ブランドです。
    これ一台で肌の状態似合わせIPLモードとより低出力のSHRモードを切り替えて使用できます。
    またイオン照射機能を併せ持ち、美容成分の浸透を促すため施術しながら肌ケアができる優れものです。
    完全日本製というのも多くのサロンで選ばれているポイントだと思われます。
  • CUBE DUO・・・スリムで場所をとらないのにハイパワーなIPL照射が可能なので施術スペースの狭いサロンなどで数多く導入されているブランドがCUBE DUOです。
    照射量をコントロールすることで男性のヒゲといった濃い体毛からデリケートな肌の小さなお子さんの脱毛まで可能な万能タイプです。

【IPL脱毛を導入している人気サロン】キレイモ・銀座カラーなど

IPL光脱毛が気になる人はどんなサロンに行けば施術を受けることができるのかを紹介します。

  • キレイモ
  • 銀座カラー
  • 恋肌(こいはだ)
  • 湘南美容外科(このようにIPLは美容外科でも導入されています)

などおなじみのサロンが多いようです。

ミュゼやコロリーなどより肌に優しいSSC光脱毛器を導入している事例

SSCはイタリアのDEKA社が開発した光脱毛器です。
基本的な原理はIPLと同じですが「発毛を抑制する効果のあるジェル」を事前に塗り、その上から光を照射することでそのジェルの成分を毛根に送りこむというWの脱毛効果が期待できる脱毛器です。
また使用する光はIPLで用いられるキセノンランプではなくより刺激の低い「クリプトンランプ」を使っているので敏感なVIPラインの脱毛を得意としているサロンで導入されています。

コロリーなどのサロンで導入されているSSC脱毛器の人気ブランド

クリプトンランプを使った肌に優しいSSC脱毛器はコロリーや脱毛ラボなどの人気サロンで導入されています。

  • PLASMA more・・・純国産のSSC脱毛器で信頼性から数多くのサロンが導入しています。

【SSC脱毛を導入している人気サロン】コロリー・脱毛ラボなど

専用のジェルを塗ることでより肌に優しく脱毛効果を高めるSSC脱毛を導入している人気のサロンはこちらです。

  • コロリー
  • 脱毛ラボ
  • ミュゼ

など電車の吊り広告でもお馴染みかつ若い女性に人気の脱毛サロンが多いようです。

ストラッシュやラココなどで注目の次世代の新脱毛法SHR脱毛器とは?

IPLやSSCに次ぐ次世代の光脱毛として注目を集めているのが「SHR」です。
従来のIPLやSSCは毛根(毛乳頭)のメラニン色素をターゲットとして照射されていますが、SHRでは発毛因子を分泌する「バルジ」という毛包組織を狙います。
そしてバルジ全体に熱が溜まることで発毛因子の抑制を行うため脱毛効果が長期間持続するというのが最大のメリットであり、出力がIPLやSSCよりも弱く施術時間も短くてすむため肌や毛穴へのダメージがより少ないというのも注目されているポイントです。(成長因子を抑制するためうぶ毛や白髪の処理にも高い効果が期待されています)
最近ではIPL+SHR、SSC+SHRという複合的な機能を持つ業務用光脱毛器も開発され一台だけでマルチな脱毛を行うことも可能になりました。
この方式はストラッシュやラココなどの脱毛サロンが導入しています。
ただし、他の脱毛器に比べると歴史が浅いためさらなる改良や開発が期待されている脱毛方法といえるでしょう。

ストラッシュなど人気サロンで導入されているSHR脱毛器の人気ブランド

低出力でもより確実に脱毛できる新発想の次世代脱毛SHRはストラッシュなど人気サロンで導入されています。

  • ルミクスツイン・・・純国産ブランドのSHR脱毛器です。
    複合機に比べるとコスパが高く、これ一台でほぼ全身の脱毛が可能と言われています。

【SHR脱毛を導入している人気サロン】コロリー・脱毛ラボなど

専用のジェルを塗ることでより肌に優しく脱毛効果を高めるSHR脱毛を導入している人気のサロンはこちらです。

  • ストラッシュ
  • ラココ

など・・・最新の脱毛法を試したい人にオススメです。

ピカリなどのお手軽サロンで人気のGTR脱毛器とは?

脱毛したいけど忙しくて時間が取れない・・・そんな悩みに応える脱毛法が「GTR」脱毛法です。
これは光照射で毛根にアプローチするだけでなく独自の水冷式でよりスピーディーな脱毛を可能にしたのが日本発の「GTR」です。
この脱毛法を導入しているピカリなどの人気サロンでは「高速脱毛」が可能となりました。
従来の光脱毛やレーザー脱毛では光照射部に熱を持ってしまうため施術後にクールダウンの時間が必要でした。人は動き回ると血流が上がり体温が上昇するため最低でも1時間のダウンタイムを要すると言われていたのです。
しかし、GTR脱毛では独自の「水冷式」脱毛理論で施術中の熱を効率よく放出するのでクールダウンに要する時間を大幅に短縮可能になりました。最新式のGTR脱毛では全身脱毛がわずか45分で終了すると言われています。

ピカリなど人気サロンで導入されているGTR脱毛器の人気ブランド

低出力でもより確実に脱毛できる新発想の次世代脱毛GTRはピカリなど人気サロンでも導入されています。

  • ルネサンスGT-R・・・純国産ブランドのGTR脱毛器です。高速脱毛サロン分野のトップシェアを誇ります。

【GTR脱毛を導入している人気サロン】ピカリ・シースリーなど

独自の水冷式理論で少しでも脱毛に要する時間を短縮したい人やこれから人に会う前に脱毛を済ませておきたい人にオススメのサロンです。

  • ピカリ
  • シースリー

など。駅に近いサロンという点も要注目ポイントです。

共立美容外科や湘南美容クリニックで導入されている医療用レーザー脱毛器について比較

高出力のレーザーを照射して脱毛を行う「医療機器」です。美容脱毛以外にも多毛症などの皮膚疾患の治療でも用いられます。
この脱毛法は医療行為に認定されているので医療機関でのみ施術可能です。
医療行為なのでサロンで行われる脱毛法よりも脱毛効果が高いとされています。高出力レーザーを用いるため肌や毛穴へのダメージが懸念されますが脱毛終了までのトータルの照射量が少ないことと万が一肌トラブルが発生しても医師が対応するためより安心感のある施術が受けられるという精神的なメリットもあります。
一回の施術コストは高めですが、全身脱毛のトータル施術コストで考えるとサロンの施術と大きな差はないといえるでしょう。また医療脱毛は自由診療なので値段を各医療機関で独自に設定でき、お得になる割引プランが各種用意されています。

共立美容外科などの美容外科で導入されている医療用レーザー脱毛器ブランド

医療用レーザー脱毛器にも幾つかの種類があります。ここでは代表的なものを紹介していきます。

  • ジェントルレーズなど・・・アレクサンドライトという鉱物を利用したレーザー照射器です。(アレクサンドライトレーザー)楕円形にレーザー光線を照射します。
  • ベクタス・メディオスターなど・・・ダイオードレーザーと呼ばれる脱毛器で導体を利用し長方形に規律正しく照射します。日本国内ではもっとも導入例の多いタイプです。
  • ジェントルヤグ・・・ヤグレーザーと呼ばれる脱毛器です。円形にレーザーを照射します。脱毛効果は他のレーザー脱毛器に比べると低いため導入事例は少ないようです

【医療用レーザー脱毛が受けられる人気のクリニック】湘南美容クリニック・アリシアなど

クリニックによって導入されているレーザー脱毛器の種類が違うためここでは上記のレーザー脱毛器のタイプ別にクリニックを紹介していきます。

アレクサンドライトレーザー脱毛器を導入しているクリニック

  • レジーナクリニック
  • 湘南美容クリニック
  • 共立美容外科

などテレビCMや女性誌で人気のクリニックが多いですね。

ダイオードレーザー脱毛器を導入しているクリニック

  • レジーナクリニック
  • アリシアクリニック
  • リゼクリニック
  • ドクター松井

など実績と信頼感の高い人気のクリニックで数多く導入されています。

ヤグレーザー脱毛器を導入しているクリニック

  • リゼクリニック

などです。

複数の医療用レーザー脱毛器を導入しているのはそれぞれの特性を利用して最適な脱毛効果を得るためです。詳しくは次のセクションで説明していますので参考にしてください。

キレイモなどの脱毛サロンと湘南美容クリニックなどの医療脱毛の効果の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて比較

キレイモなどで受ける脱毛サロンと湘南美容クリニックなどで受ける医療脱毛の違い……言われてみれば何が違うの?という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?


ここではサロンの美容脱毛とクリニックの医療脱毛の効果や違いなどについて説明してきます。

キレイモなどの美容脱毛とアリシアクリニックなどの医療脱毛の効果の違いの比較

湘南美容クリニックやレジーナクリニックのように医療機関で受けるレーザー脱毛器はキレイモなどの脱毛サロンで導入されている光脱毛よりも出力が高いので「脱毛効果」が高いということはいうまでもありません。

しかし、その一方で施術料がサロンに比べると割高であるという悩ましい現実もあります。
そこで美容脱毛と医療脱毛の効果をトータルで比較してみました。

また後ほど詳しく説明しますが「永久脱毛」といっても施術後半永久的に発毛しないわけではなく、美容脱毛では毛根(毛乳頭)は再生してきます。
これはむしろ脱毛部の皮膚の状態が良いという証拠でもあるのです。
したがって長期間にわたって脱毛を受けるほど過去の脱毛部は再び発毛してくるというリスクがあります。
その点湘南美容クリニックや共立美容外科のような医療脱毛は高出力レーザーでより確実に毛根を焼くため毛根再生のリスクは低くなりますが、こちらも「半永久的」というわけではありません。

その一方でデリケートゾーンや敏感肌の場合は医療脱毛用の高出力レーザーだと肌トラブルのリスクが高まります。
施術するのが医師なので万が一の場合でも治療可能という点では医療脱毛も安心感が高いのですが、皮膚や毛穴に直接与えるダメージを最優先させてなおかつコスト重視ということであれば美容脱毛(光脱毛)の方がメリットが多いと言えます。
この様に脱毛を考えるときには美容脱毛と医療用脱毛で使われている脱毛器の特性の違いやコスト面、皮膚へのダメージなどをよく比較する必要があると思います。

脱毛効果は「医療脱毛」の方が高い反面、肌へのダメージが強くコストも「美容脱毛」に比べて割り高感があります

レジーナのように複数の医療用レーザー脱毛器を導入しているのはなぜか?

ではここでレジーナやリゼのようにタイプの違う複数の脱毛器を導入しているのはどうしてなのか考えていきましょう。
日本国内でもっとも導入事例の多い医療用レーザー脱毛器は「ダイオードレーザー」タイプです。
この脱毛器は脱毛効果が高く、また長方形で正確にレーザー照射が可能なため、重複照射や脱毛ムラなどのリスクを軽減できます。

その一方で発熱効果が高く、メラニン色素への反応が強いためVIOなどのデリケートゾーンや日焼けした肌、黒子(ほくろ)が多い発毛部位への照射には向かないというデメリットがあります。
その点、アレキサンドライトレーザー(楕円形照射)やヤグレーザー(円形照射)は重複照射や脱毛ムラを起こしやすいというデメリットがある反面、ダイオードレーザーほどの強い発熱効果などがないためより肌に優しい脱毛法といえます。
特にヤグレーザーは他の医療用レーザー脱毛器に比べると脱毛効果は弱いもののメラニン色素への吸収率が低く日焼けした人などに対しても使用できるため、脱毛部位の状態に合わせて複数の脱毛器を使い分ける場合があるのです。
またVIOのようにデリケートゾーンの脱毛にはクリニックでも光脱毛器を使用する場合があります。

シースリーやキレイモで一押しの全身脱毛は何回受ければいいのか比較

みなさんの中でも脱毛といえば「全身脱毛」をイメージする人が多いと思われますが、一般的な美容脱毛(銀座カラーのPLIやミュゼのSSC脱毛など)は全身を綺麗に脱毛するまでに最低でも12回、確実に永久脱毛するには18回は施術を受けることが推奨されています。

そうなると1ヶ月に1回施術を受けるとして最低でも1年〜1年半は継続しなければなりません。
サロンやクリニックによっても異なりますが全身脱毛に含まれる部位にも違いがあるというところも注目ポイントです。
ここでは人気のサロンやクリニックの全身脱毛の部位と推奨されている回数を紹介していきましょう。

キレイモの全身脱毛に含まれる部位

全身脱毛が気軽に受けられることで人気のキレイモですが、このサロンでは全身を33の部位に分けて脱毛を行っています。
デリケートなVIOラインやフェイシャルも含まれているのでとても人気の高い脱毛サロンです。
キレイモでは月額定額制、6回パック、12回パック、15回パック、18回パックという料金が設定されています。月額定額制は毎月決まった料金を支払えばその月は何度でも施術を受けられるという制度で、回数パックは回数券を購入するというシステムです。
一般的には15〜18回の施術が推奨されていますので、月1回以上うけるなら月額定額制がお得で、12ヶ月から18ヶ月で全身脱毛が実感できると言われています。

ミュゼの全身脱毛に含まれる部位

10箇所のお試し脱毛が300円で受けられるなど圧倒的なコストパフォーマンスで人気の脱毛サロンがミュゼです。
ミュゼでは全身を22の部位に分けて脱毛を行っています。デリケートゾーンはVラインとヒップが含まれています。
ミュゼは知名度でダントツな人気ですが、月額定額制などはなく回数は6回と12回のパック料金になっています。通常料金での施術だとコストパフォーマンスは他のサロンよりも高いのですが、技術が高くまたキャンペーンがほぼ通年で行われていることや立地条件がよく通いやすいという点でうまく利用すればかなりお得な脱毛が可能です。
全身脱毛は月1回以上、12回以上の施術が目安になります。

湘南美容クリニックの全身脱毛に含まれる部位

湘南美容クリニックでは全身を20箇所に分けて全身脱毛を行います。フェイシャルやVラインも含まれています。また脱毛部位によって複数の脱毛器を使い分けより安全・確実な脱毛を目指します。
もっとも回数が少ない全身脱毛は3回ですがコストは脱毛サロンよりも割高感があります。(初回6,200円+月額3,000円で合計54回の分割払い)

このようにサロンやクリニックによって同じ全身脱毛でも脱毛箇所には違いがありますのでどこで脱毛を受けるかの目安にしてください。

ミュゼやキレイモで人気のお試し脱毛の効果は?

誰もが最初に脱毛を受ける時には不安を抱えるものです。そこでほとんどのサロンやクリニックでは「お試し脱毛」のようなコース設定があります。
しかし、お試しはあくまでも「お試し」であって数回脱毛を受けただけで完了するわけではありませんのでご注意ください!

キレイモや共立美容外科でおなじみの永久脱毛って本当に永久?

脱毛を受ける人の中には「永久脱毛を一度受ければそこには半永久的に毛が生えなくなる」と誤解をしている人が多く見受けられます。
しかし、実際には湘南美容クリニックや共立美容外科などのクリニックで受ける脱毛効果が高い医療脱毛にしてもヘアサイクルによって毛根が再生してくる可能性が高いとされています。
これはキレイモやミュゼのようによりマイルドな光脱毛を行う場合はなおさら毛根の再生率が高まります。
日本の美容業界ではアメリカのFDA(食品医薬品局:日本の厚生労働省に該当します)が公表している基準
光を3回照射した後に6ヶ月を経過した時点で67%以上の減毛が認められた場合「永久脱毛」と呼んで差し支えない
を採用して「永久脱毛」と呼んでいます。

脱毛機器も種類はたくさん!気になる脱毛機器があれば無料カウンセリングへ行ってみよう!

いかがでしたか?
キレイモなど脱毛サロンやクリニックの店舗もたくさんありますが、脱毛機器もたくさん種類がありますよね。
悩んだら実際にカウンセラーさんの話を聞いて自分に合った脱毛機器を選択してみるのをおすすめします!
これであなたもツルスベ肌美人に仲間入り!