脱毛のvioとは?施術方法や料金について徹底解説

VIO-img

vio脱毛について、友人に聞くのは少し恥ずかしいけど知っておきたい…って女の子は多いんじゃないでしょうか?
今回は脱毛のvioとは何か、料金などもじっくり調べて記事にしてみました!

脱毛とは

こちらで紹介する脱毛とは、美容や身だしなみの観点から、自身の体毛を意図的に抜くことをさします。

除毛とは剃毛やクリームで毛を溶かすなど体表にある毛を除去することを指します。
ここ数十年でレーザー脱毛や光脱毛のように短時間で多くの毛根を同時に破壊する脱毛方式が取られるようになりましたが、毛抜きを使ったり、ブラジリアンワックスを使って剃毛するようなムダ毛処理の仕方もあります。

関連記事脱毛とは?脱毛の種類や方法など徹底解説!

関連記事脱毛の毛周期とは?サロンやクリニックで脱毛するなら毛周期について理解しておこう!

脱毛でよく聞くvioとは

vio(ブイアイオー)とは、女性の体の脱毛箇所のことです。アンダーヘア全体のことをまとめてvioと言います。
vというのは正面から見えるフロントにある陰毛全般です。ここは範囲が広いのでビキニライン(vライン)、vライン上、vライン下などvの位置でもそれぞれ呼び方があります。
iというのはフロントの延長線上にあるものの、女性器の左右に生えている毛のことを指します。
oというのは肛門周りに生える毛のことです。ここに毛が生えている人は少ないかもしれません。

脱毛部位vioの処理のやり方とは

vio脱毛の処理のやり方はそれぞれです。単にカミソリで剃って形を整えるだけの人もいれば除毛クリームで処理する方法、家庭用脱毛器で脱毛するなどもあります。
一番綺麗にvio脱毛できることででオススメなのが医療脱毛(永久脱毛)とサロンでの光脱毛です。
プロが脱毛行為をしてくれるので寝ているだけで綺麗にvio脱毛をしてくれます。
ただ、医療脱毛、光脱毛などの照射器具を使った脱毛方法は痛みを伴いますので注意です。

脱毛部位であるvioの形とは

vio脱毛は海外では一般的ですが、日本ではまだ歴史が浅い脱毛箇所です。
しかし近年脱毛サロンや脱毛クリニックでの全身脱毛でvio脱毛は当たり前になり、好きなデザインにしてくれたりするんです。

                                                 

逆三角形型

自然だけど清潔感もあり、控えめ

I型

海外で人気のデザイン。小さいビキニを着ても毛がはみ出ない

オリジナルデザイン

ハートだけでなく、自分の好きな形にすることができる

無毛型

ハイジニーナとも言われる。一切毛がない状態

脱毛のvio部位をお試しでできるサロン、クリニックとは?

どの脱毛クリニックも、脱毛サロンもお試しコースやトライアルセットなどと銘打って少し安い値段でお試し脱毛ができるんです。その中でvio脱毛のお試しができるのは湘南美容外科クリニックです。ミュゼプラチナムなどその他のクリニックもサロンもvラインであればやってくれるところはあります。湘南美容外科もvioのお試し可能ですが、粘膜付近1センチは照射できないのでiラインを本当に綺麗にすることはできません。

脱毛部位のvioを自宅でする方法とは?

vio処理を自宅でする場合は

  • ブラジリアンワックス
  • カミソリによる剃毛
  • 除毛クリーム
  • 家庭用脱毛器

以上が一般的でしょうか。

ブラジリアンワックスを自分の体でするのは慣れるまでテクニックがいります。自分でやって皮膚ごと剥がれ落ちてしまうこともあるそうです。
簡単なのが除毛クリームと剃毛。
除毛クリームは脱毛箇所に塗って放置するだけです。くれぐれも粘膜につけないように注意しましょう。
剃毛の場合は清潔でよく切れる剃刀を用いて、毛流れにそい剃毛します。iラインとoラインは自分では見えないので鏡を使って剃毛するようにしましょう。怪我の大きな要因になります。
家庭用脱毛器はしっかり剃毛した後、肌に何もつけていない状態で照射しましょう。

いずれの方法でも、除毛後はしっかりとスキンケアをするようにしましょう。

脱毛をvioもするならクリームでできる

先ほど行ったように、除毛クリームでvio脱毛は可能です。しかしあくまで除毛クリームなので、皮膚表面に出てきた毛のみが対象です。剃毛と同じで1日もすれば毛は生えてきますので、脱毛器との併用をお勧めします。

また除毛クリームでvio処理をする場合、クリームが垂れて粘膜部分に付着する可能性もあります。もし粘膜に付着した場合は染みるような激しい痛みを伴いますので、クリームを塗っている状態で絶対に動いたり目をはなしたりしないでください。

サロンやクリニックで脱毛をする上でのvioの痛みとは

先ほどからお勧めしている脱毛サロンやクリニックでのvio脱毛の方法ですが、美しく楽して永久脱毛ができる反面激しい痛みを伴います。
特に医療脱毛クリニックでは、レーザー脱毛という永久脱毛ができる器具を使いますので他の部位よりも皮膚が薄くて敏感
で生えている毛が太いvioの毛はどうしても痛みを感じてしまいます。
麻酔を導入しているところも多いので最悪麻酔を使ってもらいましょう。

脱毛部位vioの脱毛期間とは?

vio部位の脱毛期間は、毛を完全に無くすまでサロンで3年、クリニックで1年半、家庭用脱毛器を使った場合は1年くらいの時間がかかります。
もちろん医療脱毛であるクリニックでのレーザー脱毛以外は永久脱毛ではないのでいつかは生えてくることになります。長期的に施術できるプランを選んで脱毛しましょう。

脱毛部位のvio処理はどこがオススメ?

vio脱毛で一番にオススメするのがアリシアクリニックです。
まず、アリシアクリニックは医療脱毛なのでサロンでの光脱毛よりも回数と脱毛に要する期間が圧倒的に少ないことが利点です。加えて、医療脱毛してしまえばそれ以降は毛は生えることはないので楽。
実は全身脱毛をするのであればもっと安いクリニックがあるのですが、一番の特徴として粘膜部分までの照射ができる点が挙げられます。デメリットはサロンでの光脱毛よりも医療レーザー脱毛は痛みを伴いやすいという点です。料金は5回コースで85,900円です。

脱毛したいけどvioの粘膜ちかくもやってくれる?

多くの脱毛クリニックやサロンでの粘膜の定義は性器である膣に当たる箇所ではなくiラインの内側の粘膜キワの部位をさすようです。
当たり前ですが粘膜自体に光やレーザーの照射はしませんのでvio脱毛する方は注意したほうがいいです。
サロンでは粘膜まで脱毛してくれるところは少ないです。また、安くvio脱毛ができる湘南美容外科でも粘膜付近1センチは照射していないとのことです。粘膜付近だけかが生えているのもおかしいので粘膜照射をしてくれるクリニックを選びましょう。
アリシアクリニック、リゼクリニックなどでは粘膜照射をやっていますので施術時に必ず伝えるようにしましょう。

脱毛のvioについてまとめ

vio脱毛はサロンやクリニックでやるのが一番です。
すぐ恥ずかしさにも慣れてきますので、楽して確実に脱毛したいならサロンやクリニックなどの専門機関を利用しましょう。