メンズVIO脱毛のセルフ(自己処理)のやり方まとめ!

医療脱毛サロン(エステ)脱毛に通い始めた方もそうでない方もVIOなどの毛の自己処理はどうするの?と疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方のためにさまざまな方法ややり方などについて解説していきます。

関連☑︎メンズのVIO脱毛について!陰部は女性スタッフが対応する?やり方やセルフ脱毛についても紹介

メンズ脱毛について

まず、脱毛とは体や顔などのムダ毛を抜く行為です。
除毛は剃毛やクリームで毛を溶かすなど体表にある毛を除去することを指します。

脱毛も除毛も自己処理がしづらい背中や襟足、ヒップ、デリケートなVIOラインなど、処理が甘くなりがちなところ、また無理に自己処理をしようとすると怪我をする恐れもあります。
そんな自己処理では難しい箇所も全部まとめてお手入れできるのが脱毛サロンや脱毛クリニックでの脱毛です。

メンズの脱毛においては、女性と比べて毛が濃いため痛みはつきものです。
痛みの強さは人それぞれで、脱毛箇所によっても異なります。

詳細☑︎メンズ脱毛について!料金やおすすめ、VIO(陰部)の脱毛方法についても解説

VIO脱毛とは?

全身脱毛におけるデリケートゾーンの脱毛には「VIO脱毛」と「ハイジニーナ脱毛」があります。
一般的に「VIO脱毛」のVIOは、

  • Vライン(ビキニライン)
  • Iライン(陰部の両側)
  • Oライン(ヒップ奥)
これらのことを指します。これらを整えるために脱毛することが「VIO脱毛」です。

詳細☑︎メンズのVIO脱毛について!陰部は女性スタッフが対応する?やり方やセルフ脱毛についても紹介

セルフ(自己処理)の脱毛方法

自宅での脱毛方法もさまざまです。いくつか解説していきます。

電気シェーバー

電動のシェーバーで、生えている毛をそり落とす方法です。
剃毛の方法としては一番肌に負担が少ないといわれています。VIOなどのムダ毛を処理する際は眉毛用の小さいハサミなどで短くしてからシェービングすると剃りやすいです。

除毛クリーム

生えている毛をクリームで溶かして除毛する方法です
除毛クリームにはさまざまなタイプがありますが、肌荒れ予防や保湿成分が含まれている肌に優しいものがおすすめです。ですが、「安全上の為,デリケートゾーンには使用しないで下さい」と記載されていることがほとんどで、Vラインまでしか使えません。Iライン・Oラインの使用は肌トラブルを招く可能性があるため避けましょう。

ブラジリアンワックス

ムダ毛が生えているところにはちみつなどがベースになっているワックス塗り、しばらく置いてから剥がすタイプの脱毛方法です。
ムダ毛を根元から抜くため、数日~数週間は処理した毛根からは生えてきません。ですが、しばらく経つとまた同じ太さのムダ毛が生えてきます。またワックスには強い粘着力があるので剥がす時には痛みがあり、肌にも負担がかかります。

家庭用脱毛器

脱毛サロンのような光脱毛ができる機器を使う方法です。
スタッフにムダ毛の処理をしてもらうのが恥ずかしい人や、忙しくて通うことが難しい人に人気です。家庭用脱毛器は光脱毛なので永久脱毛をすることはできませんが、こまめに処理することで太い毛をだんだんと細くしたり、ムダ毛の無いキレイな肌をキープしたりすることはできるでしょう。

ヒートカッターで長さ調節のみする

ヒートカッターは、電熱で毛先を焼き切ることでムダ毛の短くする方法です。
熱くなった熱線を使って毛先を焼き切るため、毛先が尖らず丸く仕上がります。そのため下着から飛び出だり触った時にチクチクした感触にならずに自然に仕上げる事ができるのが特徴です。

カミソリ

カミソリは、生えている毛をそり落とす方法です。
脱毛ではなく除毛なのですぐにチクチクと生えてきてしまいます。また、肌に負担もかかるため、あまり良い除毛方法とはいえません。カミソリを毎日使用していると肌トラブルを起こしてしまうことがあるのでできるだけ避けたい処理方法です。

セルフでのVIOのやり方

電気シェーバーで行うのが一番おすすめなので今回は電気シェーバーを用いたやり方を解説していきます。

※いずれもデリケートな部位なので慎重に行なうよう注意しましょう。

Vライン

脚の付け根は開脚し、平面を作って剃ります。少し残したい方はVラインの形を決め、そこからはみ出る毛を電動シェーバーで処理していきます。Vラインの形が左右対称になるように、左右交互に少しずつ剃っていくと失敗しにくいです。

Iライン

鏡を前に置いて椅子に座った状態で足を広げてIラインを鏡で確認しながら剃ります。置き型の鏡や姿見がなければ手鏡を前に固定してもいいですが片手で持ちながらは手振れや横滑りなど肌を傷つけてしまう恐れがあるのでやめましょう。

Oライン

Iライン以上に目視が難しく入り組んだ部位なので、一番難易度が高いです。鏡でOラインを確認しながら少しずつ剃りましょう。ですが、脱毛サロンやクリニックで契約している方に関してはでOラインや背面側の剃毛は無料で対応してくれるところがほとんどなので無理に頑張る必要はありません。

女子ウケはどうなの?

「良い!」という意見と「ちょっと…」という意見とさまざまですが、良い意見の方が多い印象です。

詳細☑︎メンズのVIO脱毛について!陰部は女性スタッフが対応する?やり方やセルフ脱毛についても紹介

おすすめの電気シェーバー

おすすめの電気シェーバーをいくつかご紹介します。

 Panasonic(パナソニック)


商品名:ボディトリマー ER-GK81(Panasonic)
販売価格:オープン価格
※2020年7月1日発売予定

PHILIPS(フィリップス)


商品名:Bodygroom series 7000 
シャワー対応ボディーグルーマー(PHILIPS)
販売価格:オープン価格

おすすめの除毛クリーム

おすすめの除毛クリームをいくつかご紹介します。

※除毛クリームの取扱い説明書には「安全上の為,デリケートゾーンには使用しないで下さい」と記載されていることがあります。Iライン・Oラインの使用は肌トラブルを招く可能性があるため避けましょう。また除毛クリームを使用する際はパッチテストを行うことをおすすめします。

詳細☑︎メンズ用脱毛クリームはドラックストアでも人気!その効果と使い方について解説

MONOVO(モノボ)ヘアリムーバークリーム

MONOVOヘアリムーバークリーム

価格:2,980円(税抜・1回のみ購入価格)

今人気急上昇中のメンズ用脱毛クリームのMONOVOヘアリムーバークリーム
シリコンフリー・合成着色料フリーなので肌にも優しい脱毛クリームです。
モテたいメンズはMONOVO(モノボ)で脱毛しよう!

SLICKMAN(スリックマン)

参考価格:980円(税抜き・初回限定)

楽天スキンケア部門でも高い評価を受けている商品で、最短5分で除毛完了です。効果もさることながら、香り・保湿成分・パッケージにもこだわって作られています。

NULL薬用リムーバークリーム

参考価格:2,400円(期間限定)

指や胸はもちろん、Vラインへの使用可能の除毛クリーム。
保湿成分もふんだんに入っていて、低刺激・微香性です。
楽天スキンケア部門はもちろんその他いろいろなサイトで高評価を受けています。

おすすめのヒートカッター

おすすめのヒートカッターをいくつかご紹介します。

Vライントリマー

Vライントリマー
商品名:Vライントリマー(ラブコスメ)
販売価格:4,191円

詳細☑︎ラブコスメ(LC)のヒートカッターの『Vライントリマー』について!使い方なども解説

KDIOSヒートカッター

商品名:KDIOSヒートカッター(興栄工業株式会社)
販売価格:3,620円

おすすめのブラジリアンワックス

おすすめのブラジリアンワックスをいくつかご紹介します。

HMENZ(エイチメンズ)


商品名:HMENZ ブラジリアンワックス(HMENZ)
販売価格:2,526円

NULL


商品名:NULL ブラジリアンワックス(NULL)
販売価格:3,545円

しっかり脱毛したいならクリニックかサロンに行くのがおすすめ

セルフでも定期的に行えば毛のない状態を保つことは出来ますが、ずっと続けるのであれば時間もお金もそれなりにかかるので長い目で見るとクリニックやサロンパスでの脱毛の方がコスパが良いかも知れません!

医療脱毛について

医療脱毛とはその名の通り医療機関で行われる脱毛のことです。
医療脱毛で用いられるのはエステ脱毛で導入されている脱毛機よりもハイパワーな「レーザー式脱毛」で永久脱毛が可能です。

関連☑︎メンズの医療脱毛について!VIO脱毛事情についてやおすすめのクリニックも紹介

脱毛サロン

エステ脱毛とは、医療行為ではない脱毛を専門とする脱毛サロンで行う脱毛施術のことです。
施術は、それぞれの脱毛サロンの研修を受けて合格したエステティシャンが行い、光脱毛を取り入れているサロンがほとんどです。ですが、エステ脱毛は永久脱毛ではなく、基本的に除毛・減毛を目的とした脱毛施術なのでかなりの回数通う必要があります。

関連☑︎メンズ脱毛サロン(エステ)について!VIO脱毛事情についてやおすすめのサロンも紹介

まとめ

さまざまな方法をお伝えしてきましたが、VIOはとくにデリケートな部分になるのでなるべく負担のかからない方法で行うこと。そして、何度も同じところを剃ったり、使用頻度や力加減にも気を付けながらキレイなお肌を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です