全身脱毛はやっぱり医療脱毛クリニックが良い?!美容脱毛サロンとの比較とおすすめ度

全身脱毛の契約を考えている方で、「キレイモのような脱毛サロンで全身脱毛をするか」「湘南美容外科のような医療脱毛クリニックでの全身脱毛にするか」を迷っている方は多いと思います。医療脱毛とはよく聞くけど結局キレイモや銀座カラーの美容脱毛と何が具体的に違うのかが難しくて分からないですよね?ここでは医療の分野に詳しいmelby編集部が医療脱毛について詳しく解説していきます!
医療脱毛を考えている方はまず、これを参考にしてするのをおすすめします!

目次

美容皮膚科では全身脱毛はできないのか?

現在では美容皮膚科の多くで全身脱毛が施術できるようになっています。もちろん、そういった対応をしていないクリニックもありますがいくつもチェーン展開しているような有名なクリニックですと全身脱毛を取り扱っている率が高いです。全身脱毛などをやっていないクリニックというのは医療皮膚科、子供の頃から私たちがよく行くほうの皮膚科ですね。ここでは保険が適用される範囲内の湿疹やニキビやイボの除去などをおこなうので脱毛はやっていません。

湘南美容外科クリニックなどでおなじみの医療レーザー全身脱毛と美容脱毛を比較


脱毛を希望する女性にとってキレイモなどの美容脱毛サロンで受けるか、湘南美容外科クリニックなどの医療脱毛を受けるかは非常に悩ましい問題だと思います。
特に時間がかかりそうな全身脱毛の場合皮膚に受ける影響、トータルの料金、通う回数など考えれば考えるほど一体医療脱毛と美容脱毛のどっちがいいの?という思考の迷路に陥ってしまいますよね。
そこで今回は美容脱毛に比べるとネット上の情報量の少ない医療脱毛について徹底解説していきたいと思います。

キレイモなどで受ける美容脱毛とは

それではまず復習も兼ねて美容脱毛から説明していきましょう。このサイトをご覧になっているということはすでに美容脱毛についてはある程度ネット検索などで知識を得られているのではないかと思いますが、医療脱毛と比較する上でとても重要なことなのでお付き合いください。
美容脱毛にはIPL、SSC、GTR、SHRなどの種類があります。これらは全て光脱毛フラッシュ脱毛と呼ばれる方式です。
脱毛原理は「光を照射し毛根(毛乳頭)を焼いてダメージを与えることで脱毛する」というものです。
ただし、ストラッシュなどのサロンで行われている「SHR」は蓄熱方式と言われる脱毛法で毛穴内部に熱を溜めることで毛包(毛根と頭皮の毛細血管をつなぐところ)に存在している「バルジ」という組織にダメージを与えることで脱毛します。
「バルジ」とは毛の発毛因子を分泌している育毛組織です。ここの働きを熱で弱めるのがSHR脱毛方式ですので、一般的な光脱毛や医療レーザー脱毛とは根本的な理論が違う方式ということになります。
SHRは最新の脱毛理論で美容脱毛から医療脱毛へとフィードバックされ、現在は“医療レーザーを用いたSHR方式”という最新の脱毛法も開発されました。これは男性の体毛のように“剛毛”に向いている強力な脱毛法です。また色素を狙って焼く従来方式とは違い黒子(ほくろ)の多い人や日焼けした肌でも脱毛を行えるというメリットがあるのですが、蓄熱時間が長くなると照射部位に紅斑(こうはん)や発赤などの肌トラブルを起こす可能性もあり施術例が少ないので体質によってどのようなトラブルが発生するのか?という検証例が少ないというのがデメリットだと言えるでしょう。

湘南美容外科クリニックなどで受ける医療脱毛とは

ではここからいよいよ本題の“医療レーザー脱毛”について説明していきましょう。
医療レーザー脱毛はその名の通り「医療用レーザー」を用い毛根のメラニン色素(黒色色素)を狙って焼く脱毛法です。
レーザーも光ですので基本的な原理は美容脱毛と同じですが、出力が光脱毛よりも高いので美容脱毛と比べると以下のようなメリットがあります。

  • 脱毛効果が高い
  • トータルの照射回数が美容脱毛より少なくて済む
  • 毛が太い人でも脱毛可能
  • 美容脱毛サロンでは脱毛完了できなかった人でもOK!
  • 医師が施術するので肌トラブルが発生した場合も適切な処置が受けられる
  • アフターケアにはケラチナミンやヒルドイドクリームなどの医薬品が使える

などです。こうしたメリットが医療脱毛と美容脱毛を比較した場合の大きな違いと言えます。
さらに医療用レーザーは脱毛以外にも太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑などの「皮膚疾患」の治療でも用いられるため医師免許を持つ医師でなければ扱うことができません。したがって美容脱毛サロンやエステティックサロンでは「医療レーザー脱毛器」を取り扱うことができないのです。また、上記の「皮膚疾患」の治療目的で医療用レーザーを用いる場合は健康保険の適用となりますが「脱毛が目的」の場合は「自由診療」とみなされるので保険証は使えません。
「自由診療」では医療機関ごとに独自の料金設定ができるので、同じ医療用レーザー機器を使った脱毛を受けてもクリニックによって値段が変わってきます。(医療レーザー脱毛の種類についてはまた後ほど詳しく説明しますのでそちらを参考にしてください)
私たちが普段よくテレビCMで見かける

  • 美容整形外科
  • 美容外科
  • 美容皮膚科

など全身脱毛を受けることができる「美容◯◯科」というのは全て自由診療で施術を行う医療機関ということを豆知識として覚えておくと良いでしょう。

関連記事医療脱毛とは?医療脱毛の意味とエステやサロンとの違いについて

関連記事脱毛の毛周期とは?サロンやクリニックで脱毛するなら毛周期について理解しておこう!

全身脱毛ではないけど医療脱毛でお試し体験ができるクリニックとは

自分に合う医療脱毛なのかが不安、痛いのが苦手、今はお金がない、という方にも「医療脱毛お試しコース」があります。本当にクリニックに脱毛効果があるかを自分の肌で実感できます。キャンペーンなので、時期によって変わると思いますのでその都度確認してくださいね。

湘南美容クリニック VIO1回のみ、両脇脱毛体験が可能

VIO脱毛1回14,580円
両脇1回500円(6回1000円)

レジーナクリニックひざ下ひざ上1回のみ体験可能

ひざ下1回18,000円
ひざ上1回22,000円

リゼクリニック ひじ下ひじ上1回のみ体験可能

ひじ下1回13,300円
ひじ上1回16,600円

全身脱毛ができる医療クリニックでvioとは

どうせ全身脱毛するならvioもやりたいですよね。そうした中でvioも入れて全身脱毛が安いのはレジーナクリニックです。

他のクリニックでは顔とvio含んだ値段で全身脱毛として提示しているところもありますが、レジーナクリニックは全身脱毛にvioは含まれていません。実はvioのみを見ると他のクリニックより高く見えるのですが、しかし元々の全身脱毛プランが破格で、+セットでvioつけたとしても安いのでおすすめです。全身はレジーナ、vioは別のクリニックと言う手を取るのも賢い手ですね。

湘南美容外科などがそうですがvioの粘膜付近は照射ができず中途半端に毛を残してしてしまうクリニックがあります。
その点、レジーナクリニック、リゼクリニック、アリシアクリニックでは粘膜ギリギリまでやってくれるので恥ずかしい毛を残すことはありません。

全身脱を医療で受ける場合にクーポンとは

湘南美容外科ではSBC会員限定でメルマガクーポンやお誕生日クーポンなどを配布しています。あとは乗り換え割など他社脱毛サロンやクリニックから湘南美容外科クリニックに変更した場合にもちょっとしたキャンペーンがあります。

アリシアクリニックでは友だちを紹介したら、本人とその友だちそれぞれに1万円のギフト券を配布、湘南と同じように乗り換え割もあります。

レジーナクリニックの場合は乗り換え割な風土は特になく、紹介する側は1万円分の商品券、紹介される側脱毛料金10%割引などの紹介割引があります。
総じてモニター価格やモニター割という極めて割引率の高いキャンペーンもやっていますので顔出しや名出しに抵抗ない方は利用してみましょう。

全身脱毛を医療レーザーでしたいメンズのためのクリニックとは

今や男性も医療脱毛をする時代。全身医療脱毛ができるクリニックを調べてみました。

  • 湘南美容外科クリニック
  • ゴリラクリニック
  • メンズリゼ
  • 表参道スキンクリニック

メンズ脱毛クリニックは特に都内や関東近郊のみのクリニック多かったのですが、これからどんどん増えていきそうです。

 

アリシアクリニックなどの医療脱毛とキレイモなど美容脱毛の全身脱毛とヘアサイクルとは

「全身脱毛」を考える上でアリシアクリニックや湘南美容外科などで行われているレーザー脱毛の理論とヘアサイクルについて知っておくと医療脱毛にするかキレイモなどの美容脱毛にするかを選ぶときに迷う要素が減ります。

このパートでは「全身脱毛とヘアサイクルの関係性」について解説していきましょう。

ヘアサイクルとは

「ヘアサイクル」は日本語で「毛周期」と言います。文字どおり毛が生え変わる周期のことで「脱毛」とは人為的にこのヘアサイクルを狂わせて“毛が生えにくい状態”にするのです。

一般的なヘアサイクルとは…

  • 成長期:毛母細胞が分裂してぐんぐん伸びる時期
  • 退行期:毛母細胞の分裂が止まる時期
  • 休止期:毛根が寿命を迎え抜けていく時期

ヘアサイクルは部位によって異なってきます。つまり脱毛すると困る毛髪も脱毛したい体毛もヘアサイクルの仕組みについては同じですが「毛の寿命」が異なるということになります。

毛の寿命について…

  • 毛髪:3年〜5年
  • 体毛(腕、脇の下、スネなど):4ヶ月〜6ヶ月前後
  • アンダーヘア:1年〜1年半

実は「脱毛」というのは毎日起こっています。しかしヘアサイクルが正常な場合、抜けていく毛と生えてくる毛の本数がほぼ一定で太さも維持されているので全体的なボリューム感や本数は変わらないように見えるのです。

関連記事脱毛の毛周期とは?サロンやクリニックで脱毛するなら毛周期について理解しておこう!

毛が生える仕組み

全体的な毛の量はヘアサイクルによって維持されていることがこれでおわかりいただけたと思います。では今度は一本一本の毛に着目して「毛が生える仕組み」を説明していきましょう。
身体中のあらゆる「毛」には共通した構造がありますので、まずはその説明から…

「毛」の構造について…

  • 毛包:毛穴の内側にある毛全体を覆う組織のこと。ここが毛細血管と接続していて髪の毛に栄養と酸素を届けています。
  • 毛球:髪の毛の最深部にある球状組織。この中に毛乳頭や毛母細胞が存在します
  • 毛母細胞:この部分が細胞分裂を起こし髪の毛が太くなったり上に伸びていきます
  • 毛乳頭:毛母細胞の活動を制御している部分です
  • バルジ:毛包の一部で汗線にほど近いところにあります。ここから毛を育てる「成長因子」が分泌されています
  • メラニン(色素):毛の黒い色の正体です
  • キューティクル:表皮から上に出ている髪の毛を保護するための頑丈なうろこ状組織です。

全身脱毛は髪の毛以外の毛にある毛球のメラニン色素に向かって医療用レーザーや特殊な光を照射して髪の毛を焼き切る方法や毛穴内部に蓄熱させてバルジを弱らせる方法(SHR)で人為的にヘアサイクルを狂わせて毛包を消失させることを目的としています。つまり、脱毛部位の毛包が完全消失すると脱毛完了ということになるのです。
アリシアクリニックや湘南美容外科クリニックで行われる医療レーザー脱毛では、キレイモなどの美容脱毛サロンの光脱毛に比べるとパワーの強いレーザーを照射するのでより効率的かつ少ない回数で毛包を消失させることができるため全身脱毛の成功率が高いということになります。

全身脱毛は湘南美容外科のような医療脱毛が安い?

今やネットやテレビCM、電車の車内広告など普段から多くの全身脱毛の広告を見かけるようになりました。それだけ世間では脱毛への関心が高いということなのですが、全身脱毛を受けたい人にとってアリシアクリニックなどの医療脱毛とキレイモなどの美容脱毛を比較して一番気になるところは「料金」ではないでしょうか?
このパートでは人気のある脱毛クリニックや脱毛サロンで推奨している全身脱毛完了までの料金を比較してみます。

医療レーザーでの全身脱毛の料金

医療レーザー脱毛を受けることができる人気のクリニックの料金は次の通りです。(ただし、各クリニックとも全身脱毛が完了する目安となる料金です)

  • 湘南美容外科クリニック:600,210円
  • アリシアクリニック:686,620円
  • リゼクリニック:398,000円
  • レジーナクリニック:189,000円

医療脱毛クリニックの料金に関する記事は以下のリンクも参考にしてください

▷▶︎美容脱毛サロン・医療脱毛クリニックの料金に関して詳しくはこちら

美容全身脱毛の料金

美容全身脱毛を受けることができる人気のサロンの料金は次の通りです。(ただし、各サロンとも全身脱毛が完了する目安となる料金です)

  • キレイモ:290,700円
  • 銀座カラー:197,650円
  • コロリー:367.200円
  • ピカリ:198,000円
  • 脱毛ラボ:258,000円
  • 恋肌:193,914円
  • シースリー190,000:円
  • ストラッシュ:399,284円
  • ラココ:676,800円
  • エルセーヌ:236,000円

美容脱毛サロンの料金に関する記事は以下のリンクも参考にしてください

▷▶︎美容脱毛サロン・医療脱毛クリニックの料金に関して詳しくはこちら

アリシアクリニックなど医療全身脱毛のおすすめ度とは

上記の一覧を見ていただいてもお分かりのように医療レーザー脱毛と美容脱毛を比較しても「全身脱毛が“完了”するまでの料金に大きな違いはありません」
ではどうして「医療全身脱毛は高い」という通説が誕生したのでしょう?このカラクリについてはまた後ほど説明しますが、ここではアリシアクリニックなどの医療脱毛で全身脱毛を受けることの“おすすめ度”について考えてみたいと思います。

医療脱毛は脱毛効果が高い

美容脱毛で普及している「光脱毛」に比べると医療用で高出力のレーザー光線を用いるので脱毛効果が高いというのはいうまでもありません。
全身脱毛では部分的に太くて丈夫な毛に対しても施術を行うため高出力レーザーの脱毛効果の高さというのは信頼性が高いと言えます。
またレーザーの出力は調整可能なのでデリケートゾーンのような敏感な部分でも安全に施術可能です。

医療脱毛はトータルの照射回数が少ない

キレイモなどの美容脱毛ではだいたい18回の照射で自己処理が必要ないツルツル肌になると言われています。一方のアリシアクリニックなどが導入しているダイオードレーザーを使用した場合個人差はありますが8回照射ぐらいで全身脱毛が完了すると言われています。
医療用脱毛で使用される高出力レーザーは光脱毛に比べると肌へのダメージが大きいと思われがちですが、トータルの照射回数が減るということはそれだけ肌へのダメージが蓄積しづらいということになるのです。

医療脱毛は選択肢が多い

医療脱毛クリニックでは美容脱毛サロンと同じような光脱毛器を導入しているところもあります。
また肌の状態に合わせてより精密な脱毛を可能にするために複数のレーザー脱毛器を導入している例もあり、1回あたりの料金が高い反面選択肢が多いというのは安全・確実な脱毛を目指す人にはおすすめ度が高いことになります。

医療脱毛はアフターケアが安心

キレイモや銀座カラーのような美容脱毛サロンでは化粧水やローションなどを使った一般的なアフターケアを受けることができ、万が一肌トラブルが発生した場合は「ドクターズシステム」を使って提携している美容皮膚科や美容外科を紹介してくれます。
しかし医療脱毛なら医師が施術をする上にアフターケアではドクターズコスメや医薬品を使ったケアが受けられます!
そして万が一施術後に肌トラブルが起こっても医師が常駐しているのでスムーズに治療を受けることができるというのも大きなメリットですね。

湘南美容外科クリニックなど医療全身脱毛した時の1回あたりの金額とは?

全身脱毛を受けるときは脱毛完了までのトータル料金もですが、同時に1回の施術料金も気になりますね。
代表的な脱毛クリニックとして検索上位に上がってくる湘南美容外科などは公式サイトを見てみると…「3回コース・3,000円」と記載されていますが、よ〜くみると“54回払い・月々3,000円(初回のみ6,200円)となっています。つまり、医療脱毛の場合はトータルの値段(約60万円)を分割払いにして月々の負担額を低く抑えているところが多いのです。湘南美容外科クリニックの場合は3回の照射でも54ヶ月払い続けなければならないということになります。
キレイモなどの人気脱毛サロンでは月額定額にして終了するまで一定金額で受けられるシステムが浸透しているので脱毛クリニックとは「似て非なる料金体系」ということになりますね。

湘南美容外科など人気の脱毛クリニックの月額金額

人気の脱毛クリニックではだいたい一月あたりこれぐらいの料金がかかります。

  • 湘南美容外科クリニック:3,000円(初回のみ6,200円)
  • アリシアクリニック:16,800円(ビューティコースの場合)
  • リゼクリニック:17,500円
  • レジーナクリニック:6,800円

医療脱毛クリニックの料金に関する記事は以下のリンクも参考にしてください

▷▶︎美容脱毛サロン・医療脱毛クリニックの料金に関して詳しくはこちら

医療レーザーは何回で全身脱毛が完了するの?その目安とは?


全身脱毛ってどのくらい受ける必要があるんだろう?……初めて受ける人の場合、こう思うのも無理はありません。またかつてミュゼなどの美容脱毛を受けていたけど、一向に全身脱毛が完了しないので医療レーザー脱毛を受けたいという人も多いのではないでしょうか?
ここでは医療レーザー脱毛を受けた場合、何回ほどで全身脱毛が完了するかをまとめてみましょう。(ただし個人差がありますのであくまで目安になります)

人気の脱毛クリニックが推奨する全身脱毛までの施術回数

人気の脱毛クリニックでは全身脱毛が完了するまでに以下のような施術回数を推奨しています。

  • 湘南美容外科クリニック:9回
  • アリシアクリニック:8回
  • リゼクリニック:5回
  • レジーナクリニック:5回

*…医療レーザー脱毛の場合は2〜3ヶ月に1回の照射ペースとなります。

湘南美容外科クリニックやアリシアクリニックなど医療全身脱毛にもいろいろな種類がある

キレイモやストラッシュなどの美容脱毛で使われている光脱毛器には「IPL」や「SSC」、「SHR」、「GTR」などの種類がありますが、湘南美容外科やアリシアクリニックなどの医療レーザー脱毛ではどうなのでしょう?
実は医療用レーザー脱毛にも光脱毛のように幾つかの方法があります。

湘南美容外科クリニックなどが導入しているアレクサンドライトレーザー

湘南美容外科クリニックやレジーナクリニックなどが導入しているのは「アレクサンドライト」という宝石を使ってレーザーを照射する方式「アレクサンドライトレーザー」です。
アレクサンドライトレーザーの特徴は以下のとおり…

  • 楕円形のレーザー照射で撃ちもらしが少ない
  • ダイオードレーザーよりも低出力なので肌へのストレスが少ない
  • トータルバランスに優れている
  • 出力の調整が可能(デリケートゾーンにも利用できる)

アリシアクリニックなどが導入しているダイオードレーザー

アリシアクリニックなど多くの医療脱毛クリニックで導入されているのがダイオードレーザーです。現在医療レーザー脱毛ではもっとも普及しているタイプです。
国内で一番普及している理由としては

  • 出力が強い
  • 出力調整が可能でデリケートゾーンにも使用可能
  • 長方形で正確なレーザー照射が可能で撃ちもらしや重複照射が少ない
  • 脱毛効果が高いので少ない回数で全身脱毛が完了する

などのメリットが多く、ダイオードレーザーは多毛症や太田母斑といった皮膚病の治療にも用いられている汎用性の高い医療器具のため普及が進んでいるようです。

リゼクリニックなどが導入しているヤグレーザー

医療レーザー脱毛器でもっとも出力が低く、VIOなどのデリケートゾーンにも安心して使えるのがリゼクリニックなどが導入しているヤグレーザーです。
出力が低いといっても美容脱毛(光脱毛)に比べると高出力ですし、5回〜8回程度で全身脱毛が完了します。(ただし個人差があります)
ヤグレーザーの特徴としては

  • レーザー脱毛機の中では低出力なのでデリケートゾーンにも安心して使える
  • 色素への吸収率が低いので色黒の人や黒子が多い人でも脱毛可能

などがメリットにあげられますがデメリットとして丸いレーザー照射になるので撃ちもらしや重複照射が起こりやすいのでヤグレーザー単独の脱毛クリニックは少なく、ダイオードレーザーやアレクサンドリアライトでの脱毛に不向きな人向けの第二の選択肢という形で導入しているところが多いようです。

医療全身脱毛が安い都度払いとは?


脱毛の都度払いは損なのかお得なのか?「継続して通えるか解らない・・」「高額な脱毛プランの契約って何だか怖い💦」「出来ればローンは組みたくないんだけど。」色々心配はあると思います。そもそも安いものではない全身脱毛の料金。一度に多額は支払えない、ローンは組みたくないという方のために「都度払い」の料金メニューを用意している脱毛クリニックもあります。いくつか参考までにご紹介します。

全身脱毛都度払い出来るクリニックとは?

以下のサロン以外でも、「都度払い」の対応はしているとは思いますが、ご参考までに。(※キャンペーンなどで期間で変わるものもあります※)
都度払いで脱毛する方は、「旅行や結婚式の為に1回だけ脱毛したい。」「過去に脱毛した箇所からちょっとだけ毛が生えきてしまった。」という方が多いようです。

  • 表参道スキンクリニック:全身+Vライン:43,000円
  • 湘南美容外科クリニック:全身+顔+VIO:59,800円(※初回限定)
  • 新宿KMクリニック:全身+Vライン:280,800円
  • リゼクリニック:全身+顔+VIO:288,000円
  • ドクター松井クリニック:全身+顔+VIO:321,300円
  • 高須クリニック:全身+顔+VIO:401,000円
  • レヴィーガクリニック:全身+顔+VIO:250,000円
  • フェミークリニック:全身+顔+VIO:407,000円
  • 共立美容外科:全身+顔+VIO:154,100円(キャンペーン価格)
  • 中央クリニック:全身+顔+VIO:432,000~560,000円
  • クレアクリニック:全身+顔+VIO:328,771円

医療全身脱毛の痛みとは?どれくらい?


現在、痛みの全くない脱毛方法はなく、痛みの感じ方は人それぞれですが、何らかの痛みがあります。脱毛サロンで行われている「フラッシュ脱毛」と、クリニック・医療機関で行われている「レーザー脱毛」とでは痛みの程度に差があり、レーザー脱毛の方効果が高い分、痛みを強く感じるのが一般的なようです。
個人差もあると思いますが、経験者の声では、レーザー脱毛は「輪ゴムでバチンと弾かれた程度」フラッシュ脱毛はそれよりも軽めの「チクっとする」と表現されたりするようです。具体的な脱毛の痛みについて考察していきましょう。

医療全身脱毛の痛みは部位によって違う?


脱毛する際には、次のような箇所が痛みを感じやすい箇所となっているようです。

  • 毛が太い
  • 毛が濃く密集している
  • 皮膚が薄い
  • 脂肪が薄い

レーザー脱毛を受けた人の口コミを見ると、「痛かった!」「思ったほどでもなかった」「キレイになるためならと涙をこらえた…」とさまざまです。ですが痛い箇所はだいたい共通のようです。 1番痛いのはダントツでVIOで、中でもIOラインは痛みも強めなようです。ついで顔や脇、胸、腕や足…となっています。

医療全身脱毛の痛み脇の場合とは?

脱毛
脇脱毛は気になる方が多いと思いますし、範囲的にも狭いので、手始めにチャレンジする方も多いかと思います。お値段がも安いのも魅力ですね。
肝心の「痛み」の方ですが、エステサロンの光脱毛とほとんど変わらないくらいだそうです。最近の医療レーザーの機械は進化しているからですかね。

全身医療脱毛の痛みと回数の関係とは?

医療レーザー脱毛とは、メラニン色素(黒い色)に反応するという事でしたが、では回数を重ねれば痛みは減るんでしょうか?

  • 1回目→→→→→→→→→→→→→→→→1番痛い
  • 3~4回:生えてくるのが遅くなる:1回目程痛くない
  • 6~10回:ムダ毛が細くなり本数も減る:殆ど痛くない
  • 12回:産毛程度:痛くない

脱毛の痛みは1番強いのが初回で、2回、3回と経ていくと次第に痛みは軽くなっていくようです。

医療全身脱毛 痛みが少ないとは?


最近では「痛みが少ない」という事で人気があるクリニックもあるようですが、どのように「痛みを少なく」施術出来るのでしょうか?

・痛みの少ない機械を選ぶ
レーザー脱毛器にもいくつかの種類があり、その機械によって痛みも様々だそうです。特に最近は機械も改良されて痛みの対策が進んでいるとか。
1番普及しているのがアレキサンドライトという種類のレーザーを使った、ジェントルレーズシリーズです。
ショット式で打ち込むタイプの脱毛器で、痛い代わりに効果も高くかなり広くシェアを占めているそうです。
そんなジェントルシリーズでも、最新の機械の方が痛くないらしく、照射した瞬間に冷却ガスが出る仕組みになっているので、痛みが軽減されるようになっているそうです。嬉しいですね。具体的にはソプラノアイスや、メディオスターnextという名前の脱毛器だそうです。
・麻酔を使用する
特に痛みに弱い人は、麻酔をしてもらえるクリニックを選ぶのも一つですね。女性の医療脱毛だと、ほとんどのクリニックが塗布タイプの麻酔クリームを扱っているそうです。完全無痛とはいきませんが、感覚が鈍感になって、痛みは確実に減るそうです。「麻酔代が無料」となっているクリニックもあるそうで、あらかじめそういったクリニックを選んでおけば間違いないですね。

医療全身脱毛の痛みを自分で少なくするには?


「自分で何か少しでも痛みが減るようにやっておける事は無いか?」痛みに弱い方なら考えますよね。解決策は以下です。

  • 肌のコンディションを整えておく
  • 看護師さんに伝えてゆっくり当ててもらう
  • 麻酔が出来るクリニックで照射してもらう
  • 痛みの少ない機械を選ぶ

医療全身脱毛の痛みは我慢するべき?


医療脱毛を受けていて、痛い時「効果が高いから仕方ない」と我慢したほうがいいんでしょうか?
「痛いから…」とすぐやめていると、脱毛はなかなか進みません。痛みが出やすい箇所は毛も多いわけですから、根気強く施術を重ねる必要もあります。ですが、痛すぎるのは危険なサインです。ある程度の痛みは避けられないのが現代の脱毛ですが、

  • あまりに痛すぎて我慢できない
  • いつもよりも痛い
  • 施術後何日も痛みがある

…というなら、話は別。脱毛方法が肌質に合っていなかったり、肌トラブルが起きている可能性も考えられます。無理に我慢を続けるのはお肌のためにも良くないです。 思い切って医師や担当者に相談してみた方が良いと思います。

医療全身脱毛の「永久脱毛」とは、永久に1本も毛が生えてこないということなの?


「永久脱毛」とは、永久に1本も毛が生えてこないということなのでしょうか?残念ながら、答えは「NO」なんだそうです。
現状、日本では明確な定義がありませんが、簡単に言うと永久脱毛とは、『高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛法』という事らしいです。
それでも、「かなり毛が薄い状態を長きに渡って維持出来る」なら、こんなに便利な事は無いですよね?