電気シェーバーはVIOに使える?剃り方はどうやるの?やり方など紹介します!

この夏、プールや海に行くのを楽しみにしている方がたくさんいると思います。その際にビキニラインやVIOの毛などが気になる方も多いはずです。脱毛サロンに行くにももう間に合わないと焦っている方もいると思います。そんな時VIOの処理に電気シェーバーって使えるのかと疑問が浮かぶと思います。

この記事では、電気シェーバーはVIOに使えるのかを始め、電気シェーバーの使い方や電気シェーバーのVIOでの剃り方について、また人気の電気シェーバーについても紹介していきます!

電気シェーバーでのVIOの処理について気になる方、電気シェーバーについて知りたい方、必見です!この記事を読んで、夏を楽しく過ごしましょう!

電気シェーバーとは?

電気シェーバーは、皮膚と接触する外刃と内部でモーターの動力により動作する内刃で髭や体毛を剃る家庭用の電気機械です。
電気シェーバーには、大きく分けて回転式・往復式・ロータリー式の3種類があります。電源式も乾電池式・充電式・交流式に分かれています。またボディ用、顔用などがあります。

  • 回転式
    肌への負担が比較的少なく、動作音が静かなのが特徴です。深剃りや早剃りには不向きです。
  • 往復式
    深剃りしやすく、シェービングにかかる時間が短いのが特徴で、回転式に比べて動作音が大きく、メンテナンスの手間もかかるデメリットもあります。
  • ロータリー式
    肌への負担を抑えながら深剃りができることが特徴です。ニキビや吹き出物などがある時に注意が必要です。

電気シェーバーの脱毛効果と使用頻度は?

正しい使い方をすれば電気シェーバーでも綺麗に剃ることができます。ですが、剃り残しをしてしまうと毛が目立ってしまうので注意が必要です。

綺麗に剃るためには、正しい使い方をし、剃る部分に合わせた電気シェーバーを使うといいです。また電気シェーバーを選ぶ際には、必ず安全性の高い製品を選ぶことがおすすめです。カミソリよりも摩擦が少なく肌への負担が少ないので肌に優しく、脱毛サロンに通うよりもリーズナブルに毛の処理を行うことができます。

電気シェーバーでの処理は、毛が目立つようになるまでの期間が早いため、電気シェーバーの使用頻度は、1週間に2~3回が多いです。女性の場合は、1週間の内に1回以上処理を行うために電気シェーバーを使用する人がほとんどです。VIOの処理の頻度はおよそ1~2週間に1度がおすすめです。

電気シェーバーはVIOに使える?

電気シェーバーは、VIOラインに使用できます処理が難しいVIOラインも簡単に自己処理をすることができます。またカミソリよりも肌に優しいため安全に処理を行うことができます。

VIOに対応している電気シェーバーを使うのが一番ですが、一般的なボディー用シェーバーでも簡単かつ安全に処理することができます。ヘッド部分の幅が細いIライン専用の電気シェーバーや、顔用電気シェーバーなどを使えば、より簡単に処理を行うことができます。

電気シェーバーを使ったVIOの剃り方

  1. 事前準備
    あらかじめスキンケアアイテムやボディクリームなどで剃毛部分の保湿をして肌への負担を減らすようにします。
    アンダーヘアの毛が長い場合はハサミなどで短く切ります。
  2. Vラインの処理
    Vラインの形を決め、はみ出る毛を処理していきます。脚の付け根は開脚し、平面を作り、上から下へ毛の流れを意識して優しく剃ります。左右交互に少しずつ剃っていくと左右対象になりやすいです。
  3. Iラインの処理
    部分は斜め前の床に鏡を置き、しっかり確認しながら、サイドの股の付け根あたり剃ります。電気シェーバーを持っていない手で、皮膚を外側に引っ張りながら慎重に剃るといいです。
  4. Oラインの処理
    Iライン同様、鏡を置き、しっかり確認しながら、毛の流れに沿って剃りましょう。電気シェーバーを強く押し当てないように気をつけてください。
  5. アフターケア
    デリケートゾーン用の保湿アイテムや肌に優しい化粧水や美容液で保湿をしましょう。
    およそ1~2週間に1度の処理で状態をキープすることができます。

電気シェーバーでのVIO処理の注意事項は?

電動シェーバーでVIOを処理する際に、何度も自己処理を行うと肌への刺激が強くなり、肌が痛んでしまうので注意が必要です。VIOの処理の前後には必ず保湿するようにしてください。

また電気シェーバーを使ったVIO処理のメリットは、手軽で早く簡単にできることや電気シェーバーが長持ちするためコストが安いことです。また最大のメリットは肌に優しいことです。反対に電気シェーバーを使ったVIO処理のメリットは、深剃りすることができないことや剃り残しや伸びてきた時にチクチクすることです。

電気シェーバーでのVIOのチクチク対策

VIO-img

電気シェーバーは、比較的肌へのダメージが少ない方法ですが処理後にチクチクするのが気になる方も多いと思い思います。いくつかチクチクの対策を紹介します。

処理の前後の保湿をより丁寧に行うことでチクチクすることへの対策になります。肌を蒸しタオルで温めてから処理を行い、処理後は冷やしたタオルなどを当ててクールダウンして後、ローションなどで保湿しましょう。
毛が伸びで来た頃にチクチクして来た場合は、ボディクリームやボディオイルなどで肌を柔らかくしてチクチクを軽減させましょう。

どうしてもチクチクするのが嫌だという方は、最初からチクチクしないくらいの長さに剃りキープすることや、脱毛サロンに通うことを視野に入れてみるのもいいと思います。

VIOに使える電気シェーバーの人気商品について

VIOに使える電気シェーバーは、多くのメーカーから、さまざまな機種が販売されています。種類もあり、ボディ全体に使えるものからVライン用やIライン用の専用のものまで豊富にあります。

デリケートな部分に使うものなので、自分にあったものを使うのが大切ですが、いざ購入する際に人気の商品やメーカーを知っておくと、自分にあったものが探しやすくなります。
今回は、VIOに使える人気の電気シェーバーを2つ紹介します。

ラヴィア iラインシェーバー

Iライン・Oライン用の電気シェーバーで、アンダーヘアの形を整えるにもおすすめされています。

安全に配慮されながらも、毛質が硬く、量の多い方でもスピーディに処理できるのが特徴です。また刃は深剃りできないアンダーヘア専用刃で、色素沈着や埋没毛の問題を軽減されています。電池式シェーバーですが、防滴仕様です。
T字型のヘッドとカーブしたグリップで、ふとももの付け根や肛門周りなど、処理しにくい部分が剃りやすいようにできているためおすすめです。
ラヴィアからは他にも様々な部分用の電気シェーバーやヒートカッターが販売されています。

本体価格は3,810円です。

パナソニック フェリエ ES-WR50

脇・腕・足を始めいろんな部分に使うことができ、VIOもしっかり剃ることができるボディ用の電気シェーバーです。

丸く薄い刃で肌に優しく根元からカットすることができるためVIO処理に向いています。石けんやローションなしでドライシェープすることができます。乾電池式で持ち運びも楽です。
肌の凹凸に合わせて肌に吸いつくように動く密着スイングヘッドで、そり残しが少なくシェービングできるのがおすすめです。

平均価格はおよそ3,000円です。販売店によって価格が違います。

電気シェーバーはVIOに使える?〜まとめ〜

電気シェーバーは、VIOラインに使用できることがわかりました!正しい使い方をすれば安全に綺麗に処理することができます。

電気シェーバーを使えば肌に優しく、VIOの処理を行うことができますが、処理のしすぎはNGで、VIOの処理の頻度はおよそ1~2週間に1度がおすすめです。またVIOの処理では保湿をすることがとても大切です。

VIOに対応する電気シェーバーも多数ありました。人気の電気シェーバーや自分にあったものを使ってVIOを綺麗に処理して、この夏の水着やプールや海を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です