田舎における社会人の出会い

最近の時事ネタでは頻繁に耳にすることですが、若者の地方離れが騒がれています。それにしたがって地方の人口自体も減少し、シャッター商店街が至る所で見られる世の中になってしまいました。では、その地方、田舎でどのようにして出会いを見つけていくのでしょうか。考えられる方法を見ていきましょう。

出会い系で知り合う田舎の社会人とは

田舎での出会いを探す方法として一番手近なのが、出会い系と呼ばれるアプリやサイトを利用することです。どうしても都心の人口が多いため地方の登録者は少なくなってしまいますが、ほとんどのアプリは自分の活動エリア、出身地を記入することになっています。全国展開をしていて、地方の居住者を見つけることができるアプリを探しましょう。

田舎社会人出会い関連画像

田舎で出会いを探すアプリ

まずはハッピーメールです。プロフィールの中に居住地と詳細エリアという項目があります。そこに今の住まいの場所と普段よく行くエリアを記入します。そうすると共通のエリアで活動している人や、出身が一緒で馴染みやすい人をピックアップしてくれます。そこでのコツですが、自分のプロフィールにはできるだけ活動範囲を広く設定してください。例えば東京23区が活動エリアの人は新宿、渋谷、原宿、銀座、恵比寿とか多く選ぶ方が反応は増えるものです。自分が探す時も同様です。相手の活動エリアを広く設定すればするほど多くのヒットが出てくるはずです。但し、自分が行けないエリアまで広げないようにしてください。結果として移動時間で消耗させられ疲れてしまっては元も子もありません、

そしてPCMAXもエリア分けがされています。ハッピーメール同様に居住地、活動エリアも書くようになっています。検索の際も居住地を選択できるので、これも間違えなければ近場の人がピックアップされます。一点気をつけなければいけないのは、出身地、活動エリアも詐称できると言うことです。例えば青森出身の人が、現在東京に出てきて埼玉から通勤しているのに、出身を東京、活動エリアを銀座、広尾、代官山と書くこともできるのです。現実に活動エリアがそうであれば問題ありませんが、もしそのエリアに出て行って右も左もわからない状態では嘘がバレてしまいます。気をつけましょう。

田舎社会人出会い関連画像

婚活アプリのyoubrideも出身地と居住地を書くようになっています。居住地近くが行動エリアになると思います。ただ気をつけなければいけないのは、特に田舎で一番近い都会まで出るのに2時間、3時間かかるとか言う場合にまた大変になってしまうことです。もしかすると田舎の方が車の所有率は高いかもしれないので、時間はあまり問題にならないケースもありますので、自分の環境に応じてエリアの設定はうまくやってください。

と、ここまで普通に会うことを前提に書いてきてしまいましたが、実際に出会うまでが労力と時間がかかることは覚えておいてください。選択肢の少ない田舎の方が会おうとなる確率は高いかもしれませんが、一般的には20人に一人か二人、田舎でも10人に一人か二人くらいになるのではないかと想像します。これはあくまで筆者の体験から導き出した数字なので全ての人に当てはまるものではないのでご了承ください。

まずは出会い系サイト、アプリに登録することから始めましょう。登録も大変ですが、その壁を乗り越えてこそ自分を理解してくれる人に会える可能性が増えて行くのです。

 

田舎で出会いを探す社会人のための婚活、恋活パーティー

昨今婚活パーティーや恋活パーティーで検索すると、数多くのパーティーにヒットします。それらはどういったものなでしょう。また田舎でも開催されるものなのでしょうか。

田舎社会人出会い関連画像

田舎で出会いを探す社会人のための恋活パーティー

まずは恋活パーティーです。これは一般的には平日の夜や休日の昼間に開催されることが多いです。多目的スペースや広めの飲食店で行われることが多く、立食パーティーやドリンク自由と行った形式のものです。規模は東京でも20人程度から100人規模の大きなものまでバリエーションに富んでいます。またそれぞれのパーティーにテーマや年齢制限等がついて、男女が結びつきやすいように演出されています。

簡単な流れですが、まずはウェブサイト等で自分のエリアで開催されるパーティーを探します。見つかったら予約です。人気があるサイトではあっという間に定員数に達してしまいキャンセル待ちのようなケースもあるので、細かく頻繁に検索してみることが必要です。
テーマは20代限定とか、年収500万円以上の男性限定とか、バツ1またはその理解者限定とか、何々県限定といったような様々なタイプがあります。

田舎社会人出会い関連画像

当日受付で会費を支払い、大概の場合はここで身分証明書を提示を求められます。年収制限があるパーティーの場合は収入証明書が必要な場合もあります。そして渡されたプロフィールカードを記入します。一般的な住所や生年月日、趣味、結婚への希望等を記入します。 お相手はまず外見とこのプロフィールカードに書かれたことで第一印象を決めてしまいますので、内容はしっかりと十分吟味して書いてください。もし一つでも嘘があったりすると一気に印象は悪くなってしまいます。

次にフリートークの時間になります。大概の場合、全員と話せるように調整してくれます。ただそのせいで一人あたり2分とか言う場合があるので、手短に自分のよさをアピールしてください。

そしてマッチングタイムです。自分が気に入った人を数名選び係に渡します。マッチングするとその人と残りの時間で話をすることができます。マッチングしなかった場合は、残りの時間で再度頑張りましょう。その後二度目のフリートークタイム。

最終的にマッチングしたカップルが発表され、男性が先に外に出て待つか、一緒に退出します。ダメだった人は次回に期待と言うことになります。

開催地は全国各地であるので、全く身近でやっていないということはないと思いますが、地方に行くほど参加者は少なくなり、結果的に非常に高い競争率になってしまうことが考えられます。何処へ行っても競争の原則は変わらないものですね。

田舎での社会人の新しい出会いとは

田舎において新しい人間との交流というのは限られてきます。なぜならわざわざ田舎に出会いを求めにくる人はいないからです。また、仕事面でも給与が高いのは都会なのでどちらかといえば都会に出る人が多い傾向にあります。もし田舎のコミュニティのなかで知り合えたとしてその多くが、誰かの知り合いになってしまいます。

田舎では地元サークル内での社会人が出会える

田舎には以外にも社会人サークルが多くあります。盛んなのがバレーボールやバドミントン、ソフトボールなどの男女混合サークルです。こうした中にも学生時代の知り合いや友人は数多くいますが、今まで知り合えていない地区の人や、同じ年代でない人たちとも接点が持てます。こうした中でカップルが成立するのは珍しくありませんが、コミュニティが小さいのでその中で元彼、元カノ関係がいる可能性があります。また、田舎では結婚が早いのでいいと思っていた人が既婚者だったなんてこともあります。

田舎での社会人の出会いは会社

田舎で、人の往来や出入りがあるのは会社ではないでしょうか。田舎といえどほとんどの会社で毎年新卒や転職の社会人が採用されています。そういった中で出会いを見つけることもできます。また、田舎というのは取引先の人やお客さんなどとの距離も近く、知り合いになったり親密になりやすいです。こうしたところも会社内での出会いの一部になるかと思います。私が感じていたことですが田舎では社内恋愛の夫婦は多い傾向にあると感じます。事実、夫婦や両親の多くが同じ会社同士という状況もあるんです。

田舎での社会人の出会いの実際は?ツイッターを紹介


田舎での出会いはナンパのことが多いみたいですね。


田舎の人はなぜか無駄にプライドが高い人が多いです。