エステティックTBCで使用する脱毛機器について調べました。他の脱毛サロンで使用される脱毛機器とも比較してご紹介

エステティックTBCは毛を徹底的に無くすよう1本1本しっかり処理していく「TBCスーパー脱毛」という名の美容電気脱毛(ニードル脱毛)と、広範囲を一気に処理する「TBCライト脱毛」の2種類の脱毛機器をご用意。またその2つのメリットを組み合わせた「TBCスーパー&ライト脱毛」というプランも用意してあり、すべすべ肌を手に入れたい人にはおすすめのプランとなっています。ニードル脱毛である美容電気脱毛という脱毛機器は珍しく、その効果が気になるところですね。そこでここでは他の脱毛機器と比較することでどんな効果があるのか説明したいと思います。

エステティックTBC

店内の雰囲気
(4.0)
スタッフの接客
(4.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)
エステティックTBCのキャンペーン
はじめて割価格で通常11,680円が1,000円の91%オフ❗️

あす

TBC新宿店へ行きました。店内はとても高級感があり、お高めのホテルのような雰囲気でした。永久脱毛と光脱毛があり、選べるのが魅力てきだと感じました。永久脱毛だと処理した毛は二度と生えてこないそうですが、どうしても金額が高くなってしまうのでなかなか悩ましいところだと思います。雰囲気の高級感に恐縮してしまったので、自分はもう少し気軽に行けるようなサロンで通いたいです。

kei

TBC立川店、無料カウンセリングとひざ下の脱毛体験して来ました。永久脱毛に興味があり、光と一緒に施術してもらえるのは魅力的だなとおもいました。ひざ下のニードル式を体験しましたが痛くて辛かったです。施術中は寒くて、かけてくれたタオルもタグが取れかかっていたりと、ここに通いたいとはなかなか思えなかったです。

エステティックTBCで使用されている脱毛機器は何?その効果は?

tbcライト-img

エステティックTBCでは美容電気脱毛(ニードル脱毛)「TBCライト脱毛」の2種類を使用しております。この2つの脱毛機器を比較すると、ニードル脱毛の方が一本一本処理をするので、産毛まで脱毛できます。しかし手作業での処理のため時間はかかってしまいます。一方のTBCライト脱毛では広範囲を一気に照射できるため、一度にかかる時間は短いですが、毛の再生率は高いため、繰り返しの照射が必要となってきます。徹底的に無くすことを目標としている人にはニードル脱毛をおすすめします。

エステティックTBCではニードル脱毛器(美容電気脱毛)を使用しています

tbcニードル-img
エステティックTBCでは美容電気脱毛と呼ばれるニードル脱毛器を使用しております。ニードル脱毛は他の脱毛機器と比較しても高い効果を期待することができ、永久脱毛と言っても良いほど、長い間毛を生えなくする効果があります。もう絶対に毛を生やしたくないと思う方にはおすすめの脱毛方法です。

ニードル脱毛器(美容電気脱毛)の効果とは?回数は何回で脱毛完了できる?

エステティックTBCで使用されるニードル脱毛は毛穴に針を差し込み、電流を流すことで毛根を破壊させる脱毛方法です。今現在、完全な永久脱毛と呼べる方法がない中で、数ある脱毛機器と比較しても、このニードル脱毛が最もその言葉に近い脱毛方法なのではないかと言われるほどの高い効果を期待できます。脱毛経験者も通うほどなので、完全なツルツル肌を目指すならおすすめの脱毛方法です。ニードル脱毛器での脱毛は、一度処理した毛は生えてきませんが、一本一本の処理となってしまうため、脱毛回数に関しても、毛が濃い、薄いと言った個人差が出てしまいます。なので何回と確実に明記はできませんが、毛周期に合わせれば1つのパーツは5回ほどでツルツルになります。

エステティックTBCで使用されるニードル脱毛器(美容電気脱毛)のメリットとデメリットとは?

エステティックTBCで使用されるニードル脱毛器では1つ1つの毛穴に電気を通すことで毛根を破壊するので、高い脱毛効果を期待することができます。しかし他の脱毛機器と比べて一本一本、作業をしなくてはならないため、かなりの時間がかかるのと、強い痛みを伴うデメリットがあります。また費用もお高いので、気になる部分だけをニードル脱毛器で脱毛することをおすすめします。

エステティックTBCはニードル脱毛器(美容電気脱毛)を使用して1回の施術時間はどのくらい?

エステティックTBCで使用するニードル脱毛器は一本一本丁寧に毛を処理するため、他の脱毛機器と比較するとかなりの時間を要します。そのため1分で処理できる毛は8〜10本となっており、一度の両脇の施術だと20分程度となっています。これがVIOのように毛の密集している部分となると時間はもっとかかることになります。なので時間より効果を重視する人におすすめな施術となっております。

エステティックTBCが使用するニードル脱毛器(美容電気脱毛)とストラッシュで使用されるSHR脱毛器の違いとは?

ストラッシュで使用されるSHR脱毛エステティックTBCで使用されるニードル脱毛器とは異なり光での脱毛となります。他のクリニックで使用される光脱毛機器と比較しても最新で、アプローチの方法も変わっているのが特徴です。今まで光脱毛で納得のいく効果が得られず、新しい方法での光脱毛を試してみたいという人にはおすすめの脱毛機器といえます。

ストラッシュなどで使用されるSHR脱毛器とは?

SHR脱毛器-img
SHR脱毛は他のクリニックの脱毛機器と比較すると、アプローチする部位が明らかに違います。他の脱毛機器のターゲットが毛根部にある毛乳頭であるのに対し、SHR脱毛は毛穴の内側にある毛包と呼ばれる部分はターゲットにしております。この毛包はバルジと呼ばれる発毛の元となる物質でもある発毛因子が作られる場所であり、そこに照射することで発毛を抑制するという仕組みです。エステティックTBCのニードル脱毛が直接毛根を攻撃するのに対し、SHR脱毛では光による照射で発毛を抑えるという違いがあります。また痛みもさほど出ないので、痛いのが苦手な方にもおすすめの脱毛機器です。

SHR脱毛器の効果とは?回数は何回で脱毛完了できる?

SHR脱毛は他の脱毛機器とは違い、毛周期に合わせて照射する必要がありません。なので他のサロンが2、3ヶ月に一度ずつなのに対し、2週間から1ヶ月に一度と短期間でたくさんの照射が可能となっております。光脱毛はエステティックTBCで使用されているニードル脱毛と違い、複数回の脱毛が必要となってきます。光脱毛では自己処理を行わなくなるまでに12回。産毛がなくなるまでに18回となっています。そのため短期間で何度も照射できるSHR脱毛は半年から一年程度で脱毛を終えることができます。他のサロンと比較しても圧倒的に短期間で終わることが分かりますね。とにかく短期間で終わらせたいという方にはおすすめの脱毛機器と言えると思います。

TBCライト脱毛の効果は?

TBCライト脱毛は一回の脱毛時間が短く広範囲の施術が可能ですが、脱毛を完了させるまでに10回~18回ほどの施術を受ける必要があるんです。
TBCで行うTBCライト脱毛は他の脱毛サロンの光脱毛と同じく、脱毛機の光の照射レベルが医療用レーザーほど強くないため、ムダ毛が生えてこなくなるくらいの効果を得るには何度も光を照射しなければいけないのです。

TBC脱毛はホームケアで安心

TBCジェルーimg
TBCでは、契約の際にホームケア用品も一緒に購入して、コースと併用してスキンケアします。
ですから、効果の高い脱毛機器を使用しても綺麗なお肌を保つ事が出来ます。
写真はエピプラスケアジェルです。詳細を以下にまとめました。

エピプラスケアジェル
美容液
内容量:100g
価格6,480円(税込)
脱毛後や日焼け後等の肌にもご使用いただける、ジェル状美容液
<ご使用方法>
手のひらに適量をとり、お肌にやさしくなじませてください

エステティックTBCで使用するニードル脱毛器(美容電気脱毛)とストラッシュで使用するSHRの効果違い

エステティックTBCのニードル脱毛器とストラッシュで使用されているSHR脱毛の効果の違いは何と言っても即効性です。SHR脱毛ではなんとも照射することで毛が生えるのを抑制するので、毛の再生率はニードル脱毛に比べると高くなってしまいます。しかしニードル脱毛器は痛みが伴いますので、痛いのが苦手な方にはおすすめできません。脱毛機器として比較しても、脱毛の方法が全く違うので、痛みを少なく安く仕上げたい方にはSHR脱毛。完全に毛をなくすことを目標とするならSHR脱毛をおすすめします。

エステティックTBC

店内の雰囲気
(4.0)
スタッフの接客
(4.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)
エステティックTBCのキャンペーン
はじめて割価格で通常11,680円が1,000円の91%オフ❗️

あす

TBC新宿店へ行きました。店内はとても高級感があり、お高めのホテルのような雰囲気でした。永久脱毛と光脱毛があり、選べるのが魅力てきだと感じました。永久脱毛だと処理した毛は二度と生えてこないそうですが、どうしても金額が高くなってしまうのでなかなか悩ましいところだと思います。雰囲気の高級感に恐縮してしまったので、自分はもう少し気軽に行けるようなサロンで通いたいです。

kei

TBC立川店、無料カウンセリングとひざ下の脱毛体験して来ました。永久脱毛に興味があり、光と一緒に施術してもらえるのは魅力的だなとおもいました。ひざ下のニードル式を体験しましたが痛くて辛かったです。施術中は寒くて、かけてくれたタオルもタグが取れかかっていたりと、ここに通いたいとはなかなか思えなかったです。