医療脱毛とは?クリニックとサロンの違いや脱毛方法について徹底解説

「医療脱毛」が良いって言うけど、どうやってやれば良いのか、どういう仕組みになっているのか知りたいという方へ向けて今日は「医療脱毛」のあれこれをご紹介します。

脱毛とは?


今さらですが「脱毛(だつもう)」とは、何なのでしょう?「脱毛(だつもう)」とは体毛を意図的に除去する事です。美容または身だしなみの観点から行われます。ニードル脱毛(針脱毛)、ワックス脱毛、レーザー脱毛、脱毛機など各種の方法があります。以前は女性による脱毛が主流でしたが、近年は男性で行う人も増えてきています。

関連記事脱毛の毛周期とは?サロンやクリニックで脱毛するなら毛周期について理解しておこう!

脱毛を医療で行う事とは?どういう事なのか


そもそも「医療脱毛」って何なのでしょうか?脱毛には、エステやサロンで行う「脱毛」とクリニックで行う「医療レーザー脱毛」と2種類が存在します。医療脱毛は後者の方ですね。

医療脱毛とは?

脱毛の方法は色々ありますが、レーザーの出力が高いと言われているのはクリニックで行っている「医療レーザー脱毛」です。これは医療機関でしか使うことができず、効果も強烈です。具体的にはアレキサンドライトレーザー、ルビーレーザー、ダイオードレーザーなどがあります。
医療レーザー脱毛とは皮膚や毛髪に含まれるメラニン色素(黒い色)に対してレーザーを照射し、毛髪を再生させる組織を破壊する方法だそうです。

医療脱毛のメリットデメリットとは?

脱毛効果はエステ脱毛との効果は全然違います。使っている機械が根本的に違いますので、結果が違うのは当たり前の事ですね。
医療脱毛なら同じ部位を5回の施術とかで完了出来るところが殆どです。それに比べてエステ脱毛だと10回施術しても完了しないこともあります。
医療脱毛のメリットは完璧にすべすべ、つまり永久脱毛を実現できることです。
デメリットとしては、医療機関だけにエステ脱毛のような大幅なキャンペーン割引をあまりやらない事ですが、最近では、元々のお値段を低価格に設定しているクリニックでできてきたようです。低価格と言ってもある程度まとまった金額にはなりますが、回数払いもしているクリニックも多いので、そんなに心配しなくても大丈夫だと思います。

脱毛を医療で行った場合の痛みとは?


「効果が強いから医療脱毛は痛い」という説が流れていますが、医療脱毛のほうが痛いのは確かはあります。ではどうやって対処すれば良いのでしょうか?

フラッシュ脱毛より痛みが強いのは確か

確かなのは、医療用レーザー脱毛のレーザー照射は、光脱毛のフラッシュ照射よりも高い出力で行われるため、肌に対する負担や刺激はその分強くなるということです。脱毛効果が高い反面、痛みが出やすいということです。

実際医療レーザー脱毛した人の口コミを見てみますと

“体験者Aさん”
個人差もあると思いますが、私の場合はワキと胸は痛くなかったけどVラインと太ももは声が出るほど痛かった!
“体験者Bさん”
私は痛みに我慢できずに別途料金を支払って麻酔をしてもらいました。

パーツや個人差もあるようですが、最近は麻酔を無料で行ってくれるクリニックもあるそうなので、先に確認しておくと良いかもしれませんね。
ちなみに、レーザー脱毛の痛みは、主にレーザーの光が体毛のメラニンと作用して熱エネルギーが生じる際に起こるものです。そのため、脱毛が進んでムダ毛の量が減るにつれて痛みを感じることが少なくなってもくるようです。

医療脱毛の脇への効果とは?


脱毛するにあたって、1番最初に施術しておきたいパーツは「脇」ですよね?電車やバスのつり革も堂々と掴みたいものですよね。
では、医療脱毛で脇を脱毛した場合どれくらいの期間でどれくらいの効果が出るんでしょう?

医療脱毛の脇への効果とは?

医療脱毛で行う脇脱毛の平均照射回数とかかる期間は以下の通り。

5~8回/期間は約1~2年

レーザー脱毛は毛の黒い色素に反応するため、他部位よりも比較的太い毛が多い脇の脱毛は効果が実感しやすいのが特徴になっています。
また、臭いの元となる雑菌は主に毛根部分で繁殖しますので、脇脱毛することで汗も汚れも溜まりづらく清潔を保ちやすくなって、脇の臭いが軽減するという効果もあるようです。

脱毛を医療で行った場合の回数とは?

実際に脇の医療脱毛を受けた方はどれくらいの施術回数で満足度を得ているのか気になるところですよね。いくつか口コミをご紹介します。

“体験者cさん”
濃い毛ほど痛みを感じますが、どうしても我慢できないほどではありません。効果は4回ほどでだいぶ出てきた気がします。
“体験者Dさん”
最初の方は施術してしばらくするといつの間にか生えてきて、効果が感じられませんでした。でも5回終了したくらいから生える量が少しになってきました。

個人差はあると思いますが、やはり医療レーザー脱毛だと5回位〜が効果が出る目安のようです。エステやサロンだと10回程度で完璧に近い状態になる人もいますし、運の悪い人は20回やってもまだ強い毛達が残り続ける場合もあるので、相当早いですね。

脱毛を医療で行った場合の全身とは?


医療レーザーを選ぶ事によって脱毛のスピードも変わってくる事が解ってきましたね。
最初は気になる「脇」から始める脱毛を追加でいろいろと行っていくと、結果的に3年間かかったという話もあるそうです。早く効果を出したい、全身一緒に綺麗になりたいと考えているなら、「医療レーザーの全身脱毛」を選択した方が良いのかもしれません。でも気になるお値段はいくらくらいかかるのでしょう?

脱毛を医療で全身やると?

最近では、全身脱毛の価格を抑えたクリニックも、出てきているようです。いくつかご紹介します。
全国展開で人気の「湘南美容外科クリック」なら6回で¥60,0000(税込)程度、
「リゼクリニック」なら全身脱毛+VIO+顔 全5回¥398,000円(税込)程度、
「表参道スキンクリニック福岡院」なら全身脱毛全身(Vライン含む)5回¥215,000(税別)程度、
「レジーナクリニック」なら全身脱毛全5回¥189,000程度位で全身脱毛が可能なようです。
脱毛クリニックは美容目的の医療行為なので、費用も高額になってきますが、脱毛サロンなどでおこなうフラッシュ脱毛に比べると、施術回数が少ないので費用もお得ともいえます。クリニックでおこなう医療レーザー脱毛は、永久脱毛ができるので、脱毛完了後は施術をする必要が無いというのもポイントといえますね。最近ではクリニックでもキャンペーンや、月額制を導入している所もあるようなので、学生などの若い女性にも人気となっているようです。

医療脱毛を1回ってやる意味があるの?


脱毛をしようと思っているけどまとまったお金がかかるので「1回だけだと意味がない?」と思う方もいると思います。結論から言うと1回だけでは、毛はなくなりません。
「脱毛の施術やクリニックの様子を確かめたい」「単発で何回通って毛の量を減らしたい」という方ならアリかもしれません。

「永久脱毛」とは、永久に1本も毛が生えてこないということなの?


「永久脱毛」とは、永久に1本も毛が生えてこないということなのでしょうか?残念ながら、答えは「NO」なんだそうです。
現状、日本では明確な定義がありませんが、簡単に言うと永久脱毛とは、『高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛法』という事らしいです。
それでも、「かなり毛が薄い状態を長きに渡って維持出来る」なら、こんなに便利な事は無いですよね?

脱毛を医療で行うに当たって必要な知識とは?<まとめ>


最後まで読んで頂いてありがとうございます。また、何か医療脱毛について詳しい情報が解りましたら、随時アップしていきますね。