シースリー(C3)は当日施術キャンセルできるの?ペナルティはある?

シースリー(C3)で脱毛してみたくても、「忙しくて通えるか不安……」という方は多いかもしれません。仕事・学校・家事・育児など、日々さまざまな予定をこなしながら時間のかかる脱毛ができるのか、心配ですよね。忙しい女性ほど、施術予約当日にキャンセルができるかどうかはとても気になるところだと思います。
シースリー(C3)の当日キャンセルは可能なのか、ペナルティはあるのか、ポイントをまとめました。

シースリー(C3)の当日キャンセルのルール

シースリー(C3)の当日キャンセルは予約時間の1分前まで可能です。「1分前まで可能なの?」と、びっくりされた方もいるかもしれません。そもそもシースリー(C3)では、キャンセル・予約変更ともに予約時間の1分前まで可能なんです!1分を過ぎたらどうなるかというと、ペナルティが発生してしまいます。回数無制限のコースであれば3,000円の追加料金が発生します。回数制限のあるコースでは1回分施術したものとして、回数が消化されてしまいますので、注意したいところです。そのほかにも知っておきたいキャンセル・予約変更のルールがあるので見ていきましょう。

キャンセル・予約変更の方法

キャンセル・予約変更ともにインターネットまたは電話で可能です。インターネットでは、契約後に利用する会員専用サイト「どこでも予約」からキャンセル・変更処理をするだけ。
ただネットからだと処理に時間がかかることがあり、1分前キャンセルでもペナルティになることがあります。便利なサイトですが、1分前ギリギリのときは直接予約したサロンに電話しましょう。

サロンへの電話連絡では氏名・会員番号を伝えてキャンセル・変更する旨をお話しします。その際に次の予約はいつごろできそうか伝えられると、その場で空き時間を案内してもらえることがあるので、準備しておきたいところです。
電話の回線が混んでいると留守番電話に接続されるので、氏名・会員番号・キャンセルする旨を残します。留守番電話にも繋がらない場合は、1分前までに着信履歴を残せばペナルティは発生しませんがまれに電話でも電話機によって時間差が生じることがあります。

キャンセル・変更しやすいから知っておきたい「いまカラ・かよエール」

シースリー(C3)は、ほかのサロンに比べて比較的キャンセルしやすいサロンです。そのため、自分以外の会員さんがキャンセルした時に知らせてくれるシステムがあります。インターネットの会員サイト「どこでも予約」の中にある「いまカラ・かよエール」というシステムです。予約を希望する店舗・日時を登録しておくと、キャンセルが出たときに知らせてくれます。3店舗まで登録することができるので、フレキシブルにサロン通いをしたいときにはぜひ利用したいシステムです。

ほかのサロンに比べてキャンセル・変更しやすいからこそ、キャンセル待ちのシステムがあります。ほかのサロンではキャンセル待ち自体がないところがほとんどです。
ただし、キャンセル・変更しやすいといっても大人気のサロンです。毎回次の予約を希望通りに取れるとは限りません。キャンセル・変更のシステムとキャンセル待ちのシステム、両方を上手に活用して、素敵な脱毛ライフに役立ててください。

遅刻しそうな時はどうすればいい?

遅刻がわかった時点で、予約しているサロンに電話で連絡しましょう。遅刻の連絡も1分前までが原則です。1分前を過ぎるとペナルティが発生するので注意しましょう。電話の際には「どのくらい遅刻しそうか・到着時間はいつごろになりそうか」を伝えられるようにしておきましょう。遅刻した時間・施術内容によっては残り時間で施術してもらえる場合があります。ただし遅刻した分の延長はありません。また、時間と内容によっては予約変更になりますので、遅刻しそうなときはとにかく早めに電話連絡しましょう。電車遅延で遅刻するときは遅延証明書が必要になるので、駅で必ずもらってください。

無料カウンセリングに遅刻しそうな時は?

施術の遅刻と同じ考え方です。遅刻がわかった時点で予約しているサロンに電話連絡します。到着時間の目安などを伝えられるようにしておくと、時間によってはカウンセリングを受けられますが、そうでないと日時変更になります。契約後の施術とはちがうので1分前までの連絡でなくともペナルティ料金が発生することはありませんが、マナーとして早めの連絡を心がけたいですね。

シースリー(C3)の脱毛に遅刻しないために

1分前までキャンセル・変更が可能とはいえ、シースリー(C3)は人気上昇中のサロンです。毎月早い者順に予約が埋まっていく状態なので、予約がとれたら変更はなるべく避けたいところです。キャンセル・変更や予期せぬ遅刻を避けるためにどんなことができるか、ポイントをまとめました。

施術の日は予定が入らない日を選ぶ

施術前に予定が入っていると、万が一その予定が延びたときに予約を変更することになってしまいます。次の予約を希望する日時でとれるかわからなくなってしまうので、施術の予約は他に予定がない日を選びましょう。

生理予定日を把握する

生理中は施術そのものができません。毎月の生理予定日・生理周期を把握することで、生理日をさけて予約することができます。基礎体温をつけたり、生理周期を予測してくれるアプリを使ったりして体調管理に注意しましょう。そのほかにも、飲酒・日焼けなど施術ができないケースがあるので、無料カウンセリングを利用して疑問点は質問してみてくださいね。

当日は時間に余裕を持って行動する

天災や電車遅延など、日常生活でも予期せぬことはたくさんあります。施術当日に時間に余裕を持って行動することは、いちばん簡単に遅刻を防ぐことができる方法です。ふだん外出するときの自分の行動を思い返して、お化粧などの身支度や家からサロンまでにかかる時間を把握しましょう。それよりも1時間くらい余裕をもって行動すると、予期せぬ事態が起きても余裕を持っていられるのでおすすめです。

予約日を忘れない工夫をする

希望する日に予約が取れたけれど、当日うっかりして忘れていた……!ということがないために、手帳やカレンダーを活用しましょう。スマートフォンをお持ちの方であれば、アラーム付きのカレンダー機能を使えます。前日や当日出かける前にアラームを設定しておけば、目覚まし時計とおなじように時間を知らせてくれます。紙の手帳やカレンダーに書き込むのもおすすめです。脱毛はキレイになるための特別な時間。記念日とおなじように可愛いシールなどを貼って目立つようにするのも素敵ですね。シースリー(C3)会員のお友だちがいるのであれば、おなじ日に予約して連絡を取り合い、みんなで忘れないようにするのもいいかもしれません。

シースリー(C3)の予約に関するルールは把握してから通おう!

シースリー(C3)は、キャンセル・変更しやすいからこそキャンセル待ちのシステムがあるのが大きな特徴です。ただし、大人気のサロンで次の予約を毎回希望通り取れるかどうかわからないからこそ、知っておきたいルールもあります。また、専門知識を持ったスタッフさんとお話ししながら脱毛できるのも、サロン通いの魅力のひとつ。スタッフさんとのコミュニケーションのためにも、1分前のルールはぜひ守って、その後の脱毛ライフに役立てたいですね。