深田恭子の出演ドラマ「はじこい」の満足度は最高!新作ドラマ「ルパンの娘」も話題!

この記事では深田恭子さんについて詳しく見ていきます。
数々のドラマやCMなどに出演している深田恭子さんですが、そのなかでも2019年に放送された「はじこい」(初めて恋をした日に読む話)は最高の満足度だったそうです。
今回はそんな「はじこい」について、何がそんなに人気をよんだのかを見ていくとともに、深田恭子さんの深田恭子さんの出演するほかのドラマについても見ていくことにしましょう。
もちろん、深田恭子さんについてあまり知らない方のためにも、プロフィールの確認も行っていきましょう。

まずは深田恭子さんのプロフィール!

深田恭子さんについて、まずは簡単なプロフィールを見ていきましょう。

  • 名前:深田恭子
  • 生年月日:1982年11月2日
  • 職業:女優
  • 事務所:ホリプロ
  • 身長:163cm
  • 出身地:東京
  • 血液型:O型

水泳が大好きで、30代になってからサーフィンも始めたそうです。
そして4歳の頃から頃からピアノもやっていて、作曲も行うとか。
1999年リリースのピアノアルバム『Dear…』に収録されているタイトル曲と「Into The Light」は自作曲です。
水泳にしても、ピアノにしても、幼いころからの教育だったそうなので、小さいころからいろんなことをやられる方なんでしょうね。

深田恭子さんをもっと詳しく!

1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」で2万人近い応募者の中からグランプリを受賞し芸能界入りを果たしました。
そして、その一年後、1997年にドラマ『海峡』で女優デビューします。
さらに、1998年にはスカウトキャラバンの出身者を中心に結成されたアイドルユニット「HiP」に参加しました。
同年夏に放送された、金城武主演ドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ)でHIVに感染する女子高生を演じ、一躍脚光をあびました。
1999年には『鬼の棲家』(フジテレビ)でドラマ初主演をなしとげ、同年5月にはレコード会社11社の争奪戦の末、ポニーキャニオンから「最後の果実」をリリースし、歌手デビューまでしています。
最近は女優さんや声優さんでも歌を歌うことが多いですが、深田恭子さんはこのころから既に歌う女優として歌手デビューしていたんですね。

深田恭子の新作主演ドラマ「ルパンの娘」が話題に!

2019年7月11日よりスタートのドラマ「ルパンの娘」の主演を深田恭子さんが演じます!
深田恭子さん演じる「三雲 華」の”泥棒スーツ“姿も話題に。

登場人物/キャストやスタッフ・主題歌

  • 三雲華:深田恭子
  • 桜庭和馬:瀬戸康史
  • 三雲悦子:小沢真珠
  • 三雲渉:栗原類
  • 三雲マツ:どんぐり
  • 桜庭和一:藤岡弘(特別出演)
  • 巻栄一:加藤諒
  • 円城寺輝:大貫勇輔
  • 桜庭典和:信太昌之
  • 桜庭美佐子:マルシア
  • 三雲巌:麿赤兒
  • 三雲尊:渡部篤郎
  • 原作:横関大「ルパンの娘」
  • 脚本:徳永友一
    (「グッド・ドクター」「海月姫」「僕たちがやりました」他)
  • 制作:フジテレビ

主題歌はサカナクション!

サカナクション/『モス』

あらすじ

「わたしは泥棒の娘。結婚を考えた彼は、警察官でした…」

代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。
泥棒一家”Lの一族”の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華。悪党しか狙わないことをモットーとしている”Lの一族”ですが、盗みの計画の先には、当然のごとく泥棒逮捕を仕事する華の恋人・桜庭和馬がいつも関わっていて、彼は時に悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまいます。主人公の華は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまいます。

深田恭子の恋愛ドラマ情報♡恋愛ドラマのおすすめベスト40【最新2019年版】人気キスシーンも紹介します❤️

深田恭子さんの出演したドラマ「初めて恋をした日に読む話」とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

TBS公式【初めて恋をした日に読む話】さん(@hajikoi_tbs)がシェアした投稿

これは2019年にTBSで放送されていたドラマです。
原作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名漫画です。
番組公式のあらすじにはこう書いてあります。

人生なにもかも上手くいかない、
いちいち残念なしくじり鈍感女子。
そんな彼女の気付かぬところで、
人生を変えてしまうような
ドキドキでキュンキュンな驚きの出来事が…!?
主人公を巡るタイプ違いの3人の男たち…
この冬一番のラブストーリーを
お届けする!!

深田恭子さんが演じるのが、この「人生なにもかも上手くいかない、
いちいち残念なしくじり鈍感女子」です。

「はじこい」での深田恭子さんの役どころは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

TBS公式【初めて恋をした日に読む話】さん(@hajikoi_tbs)がシェアした投稿

深田恭子さん演じる春見順子について、もう少し詳しく見ていきましょう。
優等生として成長した順子は、東大受験…失敗、就職活動…失敗、そして、婚活サイトに登録するも…交際も失敗。現在は塾講師として働いています。
しかし、そんな彼女の前にタイプ違いの3人の男性が現れます。
ここから、彼女の人生のリベンジとも言えるたたかいが始まるのです。
ドラマの見所としては、教え子の東大受験という転機、思いもしなかった突然のプロポーズ、などなど、32歳鈍感女子の気付かぬところで立っている恋のフラグ。そして、人生を変えてしまうようなドキドキでキュンキュンな驚きの出来事などなど、どちらかといえば女性向けな内容である気がします。
となれば、主人公の女性に、見ている人がどれだけ感情移入できるかが重要になってくるわけですが、そんな重要なポジションに安定の大女優、深田恭子さんが選ばれたわけです。

深田恭子さんの「はじこい」は満足度が高かった

「はじこい」では深田恭子さんの人気が爆発的だったそうです。
その理由をは何だったんでしょうか。
SNSなどでは、深田恭子さん演じるドン臭さやドジっぷりがカワイイと評判だったようです。
このような意見は男性だけでなく、女性視聴者からも強く絶賛されたそうです。
なんでも叩かれるような今の時代にこれほどの絶賛を受けるとは、相当な人気ぶりであったことがうかがえます。
そして、この作品でもう一つ注目なのが、深田恭子さん演じる春見順子の衣装です。
原作の漫画でもファッションにこだわりがあったようですが、働くアラサーとしての深田恭子さんの衣装にあこがれを感じたり、真似したくなるというような声もありました。

このようないくつもの要因が重なって、「はじこい」は非常に満足度の高い作品になったのでしょう。

深田恭子さんのほかの作品も知りたい!

「はじこい」で深田恭子さんの人気ぶりを見てきたところで、ここからは深田恭子さんの出演したドラマを三つほど取り上げて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

深田恭子さんのドラマ①神様、もう少しだけ

先ほども少し出てきましたが、深田恭子さんが一気に世に知られるようになった作品のうちの一つ、「神様、もう少しだけ」について見ていきましょう。
これは1998年のフジテレビのドラマです。
援助交際が元でHIVに感染した女子高生・真生(深田恭子)と人気音楽プロデューサー・啓吾(金城武)の恋の物語です。
深田恭子さん演じる叶野 真生は、どこにでもいる今風のギャル系女子高生です(当時の今風です。現在ではギャルを街中で見かけることはなくなりました)。
彼女は音楽プロデューサー・石川啓吾のファンで、啓吾の作った曲が大好きです。
しかし、啓吾のライブに行くためのチケット代を手に入れるために「たった1度だけ」のつもりで援助交際をしたことがきっかけでHIV感染者となり、他愛もない日常生活が一変することとなってしまいます。

深田恭子さんのドラマ②彼女が死んじゃった。

『ビジネスジャンプ』(集英社)連載の一色伸幸原作・おかざき真里作画の漫画作品がドラマ化された作品です。
ひょんなことから意気投合した安西ハジメ(長瀬智也)と石井ゆかり(木村佳乃)ですが、出会って数日後にハジメのアパートをゆかりの自称婚約者の吉川良夫、ゆかりの妹の石井玲子の2人が訪れ、ゆかりが自殺したことを告げます。
そして、三人は残された情報を頼りに、生前にゆかりと接触していた人を探し出して、自殺の理由、ゆかりの人となりを聞き出す旅をはじめます。
深田恭子さんが演じたのはゆかりの妹の石井玲子です。

深田恭子さんのドラマ③平清盛

2012年のNHK、大河ドラマです。
平清盛の生涯を中心に、壇ノ浦の戦いまでの平家一門の栄枯盛衰を語り部・源頼朝の視点を通して描いた作品です。
深田恭子さんは、ヒロインの平時子役でした。

深田恭子さんについてまとめ

深田恭子さんについて見てきましたが、シリアスな場面からおとぼけのような場面まで、いろいろな
場面を演じてこられたことがわかりました。
様々な役を演じることができる女優さんだからこそ、その経験値が今回の「はじこい」においての満足度につながったのでしょう。
これからも、いろいろな役を演じる深田恭子さんを見ていきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です