脱毛ラボの解約手数料は?分割やローンでもできる?電話や郵送での解約方法も紹介

脱毛希望者

脱毛ラボで脱毛を始めたけどやっぱり解約したい!

脱毛希望者

脱毛ラボの店舗がない地域に引っ越すことが決まってしまった…

脱毛サロンやエステでは、カウンセリングで強い勧誘や消費者を不安にさせるような文言での押し売りに負けて契約してしまう人が後を絶ちません。これは絶対にあなたが悪いわけではありません。

ほかにも不要な化粧品をたくさんオプションでつけられて跳ね上がる金額、カウンセリングや1度目の施術の時に不信感や不安を感じてすぐに解約したいと思う人もたくさんいます。特に脱毛は高額な契約になりますよね。

解約に当たってはさまざまな条件があるので事前に知っておくことが大切。今回は脱毛ラボでの解約について説明しますね。

ローンを組んだ場合の脱毛ラボの解約についてや電話や店舗での解約方法も紹介します。
中途解約はできませんがクーリングオフなら郵送でできるのでクーリングオフの詳しいやり方や書面の書き方など詳しく解説します。

▼脱毛の解約についてはこちら▼
全身脱毛途中でも中途解約可能?解約時のルールや手数料などを詳しく解説! ▼脱毛ラボについてはこちら▼
脱毛ラボとは?料金が安い!予約や店舗、18回コースについて【5/29までバッグ&お肌チェッカープレゼント】

脱毛ラボの解約方法

脱毛ラボで申し込んだパックプランまたは月額制のコースを解約したいと思ったら、なるべく早く通っている店舗またはコールセンター0120-262-036に電話をしましょう。

脱毛ラボの電話での解約

まずは電話で解約の旨を伝えるのですが、電話だけで解約は完了しないのでご注意を。電話で来店予約をし、実際に来店する必要があります。

脱毛ラボの店舗で解約書類を書く

電話で来店予約をしておくと、スタッフの方が退会届を用意しておいてくれるので、それに必要事項を記入します。書類への記入、返金の手続き等で30分くらいをみておくとよいでしょう。

脱毛ラボの解約時の持ち物は?

  • 印鑑
  • 銀行の通帳またはキャッシュカード
    (パックプランのみ。返金先の銀行口座番号を記入する必要があるため。)
  • 契約書類

上記を忘れずに持っていきましょう。忘れ物があると、もう一度来店しなくてはいけなくなってしまいます。

返金はされるの?

パックプランの未消化分は返金されます。しかし!手数料が発生します。
月額制で申し込んでいた方は月払いなので返金はありませんが手数料などでむしろ追加料金を取られる場合もあります。

毎月翌月の金額を払うことになっているので、解約したい月の1ヶ月前までに申し出るようにしましょう。申し込んだ際に説明を受けると思いますが、月額制プランでは解約のできない期間もあります。契約する時にしっかりとチェックしておきましょう。

脱毛ラボの具体的な返金額は?

解約手数料は未消化分の10%です。そして、未消化分の残金から手数料を引いた額が実際の返金額になります。
例えば回数パック脱毛プランが12万円(税別)だとします。(実際の金額ではなく、わかりやすい金額にしてみました。) そのプランが6回パックで2回施術済みの場合。

1回の料金が120,000円÷6回=20,000円
2回消化分は20,000円×2回=40,000円
余った回数の料金は120,000円-40,000円=80,000円
解約手数料が80,000円×0.1=8000円
返金額は80,000円-8,000=72,000円

となります。
また、この返金額から銀行の振込手数料が差し引かれて口座へ振り込まれます。
だいたい2週間くらいで返金されるようですが、3週間たってもまだ口座に振込がなかったら、customers-front@datsumo-labo.comへメールで問い合わせてみましょう。

脱毛ラボのクーリングオフについて

「やっぱり脱毛ラボの契約をなかったことにしたい」
スタッフさんの巧みな話術に乗せられて契約してしまったものの、よく考えたら必要なかったというのはよくあることです。脱毛ラボでは脱毛プランが商品なので、お店で購入する他のモノと同じように契約から8日以内であれば、クーリングオフが適用されます。クーリングオフは解約手数料なしで解約することができ、支払った料金は全額返金されます。

クーリングオフの条件

  • 契約してから8日以内であること。(契約書の日付をしっかりチェックしましょう)
  • 契約を一度も利用していないこと
  • 脱毛プランの契約期間が1ヶ月より長いこと。
  • 支払った料金が5万円より多いこと。

これらの要件を満たしていないと、クーリングオフはできません。月額制はクーリングオフの対象外になります。

クーリングオフの郵送での方法

電話でクーリングオフの手続きはできません。クーリングオフは書面のみです。
より確実なのは内容証明郵便による通知です。もちろん業者の方に代行してもらうことも可能ですが、ハガキの簡易書留で送る方法なら簡単。ハガキの簡易書留なら気軽に自分自身でできるはず。ここではハガキで送る方法を説明します。

ハガキの表面に以下のように書きます。

契約解除(申込み撤回)通知書

契約日 平成◯◯年◯月◯日

業者名 (契約書を見て正式な名称で)

担当者名(契約書を見て正確に)

商品名 (契約書を見て正式な名称で)

契約金額(契約書を見て正確に)

上記日付の契約を解除します。

表面には脱毛ラボ本社の住所、本社の正式名称を書きます。

郵便番号108-0075

東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー16階

株式会社 セドナエンタープライズ御中

契約者住所

契約者氏名

もちろん契約者、自分の住所と氏名を書くものお忘れなく。完成したら、そのハガキを両面コピーし、自分の控えをとっておきましょう。
また、直接ポストに投函せずに郵便局に行って書留で出しましょう。ポストに投函し、相手方に「まだ届いていない」と言われても、証拠がないので送ったことを証明できません。必ず証拠としてコピーをとり、郵便局で書留で送りましょう。

脱毛ラボでの全身脱毛の解約について〜まとめ〜

今回は脱毛ラボの解約方法についてご紹介しました。
解約したいと思ったらなるべく早く通っている店舗かコールセンターに電話をしましょう。
またパックプランのみ未消化分より手数料を差し引いた額が返金されます。
クーリングオフは8日以内であれば適用されますので解約を決めたらとにかく早めに行動に移しましょう。