恋肌の全身脱毛は早い&痛くないからおすすめ?話題の脱毛サロンについてご紹介

全身脱毛をしてキレイな肌を手に入れるというゴールは同じでも、その方法はさまざまです。もちろん同じ結果を得られるなら、早いほうがうれしいですよね。そんなお手軽派の女性には、早いうえに痛みもなく、価格もリーズナブルな脱毛サロン「恋肌(こいはだ)」がおすすめです!広告などによる積極的な宣伝も少ないことから、名前くらいは聞いたことあるけどよく知らない……という方も多いのではないでしょうか。ここでは、恋肌(こいはだ)の脱毛が他のサロンとどう違うのか、画期的なおすすめポイントについて徹底解説します。

早く全身脱毛を済ませたい!そんなあなたにおすすめなのは恋肌(こいはだ)

いまや全身脱毛サロンも飽和状態、ありすぎて違いが分からないというのが消費者として正直なところですよね。老舗から新店まで、それぞれが自店のアピールを行っているわけですが、広告などでよく見られるのは金額についてのキャンペーンなどがほとんど。しかし、どういう仕組みの脱毛が、どんな理由で痛くないのか、実はそうしたサロンの根本にこそ、本当にそのサロンをおすすめできる理由が眠っているものです。恋肌(こいはだ)では早いだけでなく、肌への優しさを重視したIPL脱毛と呼ばれる脱毛法を採用しています。効果の高さと刺激の少なさをいいとこどりできる、恋肌(こいはだ)のIPL脱毛について見てみましょう。

伝統と実績と早さで全身脱毛したい人におすすめ!恋肌(こいはだ)などのサロンが導入しているIPL脱毛とは?

恋肌(こいはだ)に限らず、いくつかのサロンで導入されているIPL脱毛は、端的にいえば光脱毛の一種です。他のサロンでよく聞くSSC脱毛も同じように光を当てるタイプのものですが、大きな違いは効果が現れるメカニズムにあります。SSC脱毛では抑毛効果のあるジェルを塗布し、そこに光を当てることで反応が起こり、初めて効果が生まれていました。どちらか一方だけでは作用しなかったSSC脱毛に対して、IPL脱毛では光そのものに抑毛・脱毛効果があるため、恋肌(こいはだ)では冷却ジェルを使用しない快適な脱毛が可能となったのです!いま生えている毛にも作用することから効果が目に見えるのも早いうえ、おまけにフォトフェイシャル効果もあり色白美肌を目指せるIPL脱毛は、エステ感覚で全身脱毛を続けたい方には絶対おすすめです。

恋肌(こいはだ)・キレイモ……結局どの脱毛サロンが早くておすすめなの?

IPL脱毛を取り入れているサロンは恋肌(こいはだ)だけではありません。数あるサロンのなかからある程度まで絞ることはできますが、脱毛にまつわる要素というのは脱毛法だけに限らず、その他にもさまざまな特徴を見比べる必要があります。ここだけは譲れないというポイントは人それぞれ違いますが、例えば安さ・早さ・痛みの少なさ・予約のとりやすさなど、いくつも欲張ると両立できないこともあるのが難しいところですよね。しかし恋肌(こいはだ)は、一見すると両立できないような条件さえ満たしているため、脱毛初心者のほか他店からの乗り換えにもおすすめしやすいんです。早いのに効果も高く、安くて安心な全身脱毛なら恋肌(こいはだ)で決まり!

恋肌(こいはだ)で受けられる全身脱毛に要する回数・コスト・おすすめポイント

恋肌(こいはだ)で脱毛を受けることができるペースは、最短でなんと2週間に一回。ジェルを使わない施術のため、施術時間も短縮されます。しかも月額制のコースなら、他店によくある総額の分割払いではなく、実際に通っている期間の分を払うタイプなので、料金の見積りや契約・解約時の手続きなどもややこしくありません。月額そのものも低価格のため、なにかと気軽に始めらたい方におすすめなのですが、一点だけ気を付けておきたいのは全身脱毛をまるごと済ませるのに必要な回数について。恋肌(こいはだ)では、12回の施術で全身を一周することになっているため、ペースが早くてもかなりの回数が必要です。一回の施術時間や通うペースは「早い」ですが、完了までの道のりとして考えるなら、細かい歩幅で小走りをするようなイメージ。数ヶ月に一回まとめて全身を一周する大股歩きでも、相対的なスピードはあまり変わらないかもしれません。

結論!早さと安心で選ぶおすすめの全身美容脱毛なら恋肌(こいはだ)

恋肌(こいはだ)という名前はあまり聞いたことがなくても不思議ではありませんが、じつは新店ではなく全身脱毛サロン「ラ・ヴォーグ」がリニューアルしたもの。きちんとこれまでの経験を反映したノウハウで、広告をほとんど打ち出すことなく口コミだけで評判を呼び、満足度の高さで勝負してきた脱毛サロンです。脱毛器の開発に携わっている恋肌(こいはだ)は、最新の技術を安価で導入することができるため、常にアップデートされた環境で低刺激かつ効果大な脱毛を受けることができます。そのため古い機械を使い続けているようなサロンに比べると、効果が表れるのも早いとされ、一般に言われている脱毛完了までの期間や回数より手前で完了できる可能性もあるようです。メジャーではないからこそおすすめしておきたい、これまで信頼を生み続けてきた恋肌(こいはだ)独自の脱毛メソッドで、ライバルたちを出し抜いちゃいましょう!

恋肌(こいはだ)が導入しているIPL光脱毛器が早くておすすめな理由

恋肌(こいはだ)で導入されている脱毛器は、効果も安全性も高い最新式ということはもちろんですが、冷却ジェルを使用しないことによる快適性が最大のおすすめポイントです。実際に脱毛経験者の口コミを見てみると、ジェルで寒くなってしまったり、感触が苦手だったりといったネガティブな意見も多くみられます。ところが、恋肌(こいはだ)ではジェルを必要としない最新の脱毛法を採用しているので、単純に不快な時間を過ごさずに済むということもありますし、ジェルを塗ったり拭き取ったりする時間を省けるため、とにかく早いこともメリットのひとつ。一回の予約で何時間もスケジュールを空けたりしなくていいため、利用者の回転も早く予約がとりやすいんです。さらに、現状はIPL脱毛を採用していますが、脱毛器の開発に携わっているサロンなので、さらに良い脱毛メソッドが生まれれば即導入される可能性大!IPL脱毛は徐々に浸透中ですが、いち早く体感したい方は恋肌(こいはだ)に駆け込んでみてください。

全身脱毛も早い!IPL脱毛は新しい脱毛理論だからおすすめ!他の脱毛サロンでも続々導入中!

いまや多くの脱毛サロンで導入されつつあるIPL脱毛ですが、そもそもそこまで脱毛法にこだわらなくても良いのでは、となんとなく考えている人も多いかもしれません。確かに、最終的にツルツルになれるという結果が同じであれば、全身脱毛に通う目的の半分は達成されます。しかし私たちは、もちろん脱毛のためだけに生きているわけではありませんので、脱毛中や脱毛完了後も生活があり、さまざまな毎日を過ごしますよね。そうした中で、脱毛法が最新かどうかで差がつくのは、やはり長い目で見たときのこと。もちろん安くて早いといった目の前のメリットもありますが、そもそも新しいということは、以前の脱毛にあったデメリットを解消したということです。つまり、仮に旧式の脱毛でなにか悪影響があったとしても、最新式ならそれを防げる可能性が高いことになります。IPL脱毛をはじめとして、できるだけ設備面が最新であるサロンを選ぶことが肝心です!

全身脱毛は施術回数と期間によってコストと早さが変わる?施術法の違いによるメリットやデメリットは?

全身脱毛はそのプロセスもサロンによってさまざまな違いがあり、それぞれに一長一短といった印象ですよね。脱毛のコースや料金プランによって異なりますが、回数や期間が長期的に必要となれば、それだけ必要な費用も膨らんでくるものです。一度総額を払いきってしまえば追加料金がいらないものもあれば、恋肌(こいはだ)のように一回あたりは安くてもこまめに支払う必要があるものもあります。コスト面はホームページなどから予測するだけでなく、カウンセリングなどで入念な見積りを出すことが必須。また、一般に医療脱毛のほうがコストが高い代わりに安全性や効果も高いとされていますが、近年は医療脱毛も価格帯が下がってきており、比較的トライしやすいものとなりました。少ない回数、短い期間で早く結果が出れば、一回あたりが高額でも結果的にお得という考え方もありますので、脱毛法によって期間と効果、それに伴うコストがどう変わってくるのか検証してみましょう。

医療用レーザー全身脱毛とIPLでの脱毛を比較した場合のメリットとデメリット

医療用レーザー脱毛と聞くと、どことなくハードルの高いイメージがありますよね。実際のところは別にしても、一般によく言われるのは「値段が高い」ことと「痛みが強い」こと。すっかり挑戦しづらい印象がこびりついていますが、コストはかかってもいいから、結果を得られるのが早い脱毛に挑みたいなら、医療脱毛のほうがおすすめです。また、痛みについても感じ方は人それぞれなので、万が一肌トラブルが起きたときのアフターケアについても、ドクターサポートがしっかりしていれば相談に乗ってもらえるので心配はいりません。いっぽう恋肌(こいはだ)などで施されるIPL脱毛は、レーザーよりも出力が弱い光のため、医療従事者ではない一般のスタッフにも施術を行うことができます。いわば医療脱毛の簡易版ですが、一回あたりの刺激は強くなくても、回数を重ねることで効果を蓄積することができるので、大きく違うのは結果よりも過程の部分。こまめに予約をとったり繰り返し通ったりと多少の手間はかかっても、まとまったお金を動かしたくない場合や気負いせずにリラックスして全身脱毛に通いたい人には、サロンでのIPL脱毛のほうが合っているかもしれません。

[aff id=’12133′]