ドモホルンリンクルの値段とは?セットの料金など詳しく解説!

お肌の調子がなんとなく悪くなってきてる気がする、そろそろスキンケアのレベルを一段階上にステップアップさせたい。そんな方のために開発された基礎化粧品が、ドモホルンリンクルです。年齢を重ねるごとに衰えていくお肌の調子を整え、お肌自身の持つ力を最大限に引き出すドモホルンリンクル。

ですが、ひとつ気になることがあるとすれば、そのお値段です。ドモホルンリンクルの商品の値段は、市販の化粧品に比べると、ちょっと高いイメージがあります。品質とクオリティが高いものだからこそ値が張るということなのですが、ただ「高い」というイメージだけでは買うのも尻込みしてしまいがちです。

今回はドモホルンリンクルの値段について、同じくお肌の衰えに効果のあるSK-IIとの比較をしつつ、解説していきます。

ドモホルンリンクルとSK-IIの違いとは?値段だけじゃない?

今回ドモホルンリンクルと比較する対象として選んだSK-IIは、CMでは60代の桃井かおりさんが出演して透明感のあるお肌を披露していることで有名です。ドモホルンリンクルと同じく、エイジングケア化粧品としても親しまれています。

ドモホルンリンクルは和漢植物の成分を配合し、お肌の根本から改善させていく効果のある化粧品です。対してSK-IIは、独自に開発された酵母成分「ピテラ」を配合したもので、お肌の保湿を助けます。

SK-IIが若い方にもおすすめできる反面、ドモホルンリンクルは若い方よりも年齢層の高い方に特におすすめされています。それだけピンポイントで年齢肌のために化粧品を開発に力を注いでいる、ということですね。

ドモホルンリンクルの値段①化粧落としジェルとは?

透き通った桃色の化粧落としジェルは、お肌に塗るとオイルに変化し、メイクや皮脂汚れを優しく落とします。ただ化粧を落としただけなのに、お肌がもっちりとしてびっくり、という声もあるんです。

それもそのはず、シアバター、マカダミアナッツオイル、オリーブスクワラン、プルーン種子油、シーラベンダー油の5つのオイルを配合し、お肌の負担を抑えつつ毛穴の汚れを落とすのです。

気になる化粧落としジェルのお値段は税抜き5,000円。SK-IIのフェイシャルトリートメントクレンジングジェルは同じく税抜き5,000円です。が、それぞれの容量を見てみてください。110gのドモホルンリンクルの化粧落としジェルに対し、SK-IIのクレンジングジェルは80g。明らかに量が違いますね。となると、ドモホルンリンクルのほうがコスパがいいということになります。

ドモホルンリンクルの値段②洗顔石鹸とは?

ドモホルンリンクルの洗顔石鹸には三種類のパウダーが入っています。二度洗いをすることで、お肌の表面の汚れだけでなく、毛穴の奥の汚れまできれいに取り除きます。

また、配合されている柿のエキスの効果で、汚れを取り除いたあとの毛穴をキュっと引き締めてくれます。汚れを取り除き、毛穴を引き締めることでお肌がなめらかになります。

洗顔石鹸のお値段は110gで税抜き5,000円です。対するSK-IIのフェイシャルトリートメントクレンザーは120gです。容量だけ見るとSK-IIのほうがいいような気がしますが、お値段が税抜き6,300円です。一回分の使用量と値段を考えると、ドモホルンリンクルのほうがお得であることが解ります。

ドモホルンリンクルの値段③泡の集中パックとは?

ホイップクリームのようなふわふわの泡が、お肌を優しく包み込み、お肌の水分を引き出してくれるのが、この、泡の集中パックです。目元や口元のギリギリにまでつけることができるので、お肌のすみずみまでパックできます。

肌に蓄積されたダメージを取り除き、透明感のあるお肌に導きます。血行を良くしてお肌を温める作用もあるので、使っている間は心まで温まりそうなほどポカポカしてきます。

この泡の集中パックのお値段は80gで税抜き12,000円です。SK-IIのフェイシャルトリートメントマスクは一回分で1,700円です。約45回分で12,000円の泡の集中パックと比べると、SK-IIは割高ですね。

ドモホルンリンクルの値段④保湿液とは?

泉州茄子エキスやイチゴ花エキスなど、様々なうるおい成分を配合したこの保湿液。一度に二回つける保湿液を使うと、お肌が一気にうるおい、柔らかくなっていくのが目に見えて実感できます。

独自にブレンドされたヒアルロン酸で、お肌の表面と奥、両方からお肌を潤わせるドモホルンリンクルの保湿液のお値段は、120mlで税抜き5,000円。SK-IIのフェイシャルトリートメントエッセンスは160mlと、内容量だけ見たらSK-IIのほうが勝っているように見えます。

ですがSK-IIのフェイシャルトリートメントエッセンスのお値段は、税抜き17,000円です。およそ三分の一ほどのドモホルンリンクルの保湿液のほうが、明らかにお買い得です。

ドモホルンリンクルの値段⑤美活肌エキスとは?

化粧落としジェルで汚れを落とし、洗顔石鹸で洗い、泡の集中パックでダメージを取り除き、保湿液で潤いをお肌に与えたら、次は美活肌エキス。これでお肌に透明感を与えます。

シミやそばかすを改善し、よりクリアなお肌へと導きます。使えば使うほど、お肌はより強く、よりきれいになっていきます。

美活肌エキスは30ml、約60日分で税抜き10,000円。結構いいお値段です。SK-IIのジェノプティクススポットエッセンスは50g、約45日分で15,000円です。どちらも高価ですが、ドモホルンリンクルのほうがずっとお安くてお得であることは、明らかですね。

ドモホルンリンクルの値段⑥クリーム20とは?

お肌にすばやく浸透するマツダイのコラーゲンや、チューリップエキスなどを配合したクリーム20。お肌にハリとツヤを与える役割です。

お肌の自己回復の力を引き出すことで、普段から肌荒れに強くなります。一度塗ったあとに、念には念を入れて、目元や口元のシワなど気になる部分に、ちょっとだけ出したクリーム20を、ピンポイントで塗りましょう。

こちらは30gで13,000円になります。対するSK-IIのステムパワーリッチクリームは、50gで15,000円です。容量はSK-IIのほうが多いですが、使用量や使える日数を込みにして比べると、SK-IIはとても高いです。

ドモホルンリンクルの値段⑦保護乳液とは?

これまでのお手入れで整えたお肌を、ドモホルンリンクルの保護乳液の3層のベールで守ります。いくら毎日いいお手入れを続けていたとしても、日々の刺激でダメージを受けすぎていては、せっかくプラスになっていたお肌のポテンシャルが、マイナスになってしまいますからね。

乳液というと、少しもったりとしていてベタつくイメージがありますが、ドモホルンリンクルの保護乳液はサラッとお肌になじみます。乾燥や光などの刺激からお肌を守り、健やかに保つためには必要不可欠ですね。

保護乳液は70日分の100mlで、お値段は税抜き5,000円です。そしてSK-IIのフェイシャルトリートメントミルクは、75mlの45日分。そしてお値段は税抜き10,000円。ドモホルンリンクルは、SK-IIのちょうど二分の一ということです。

ドモホルンリンクルの値段⑧光対策ドレスクリームとは?

日光やパソコンなどのブルーライト、蛍光灯などの光は日々お肌にダメージを与えています。光対策ドレスクリームは、そんな光からの刺激を防ぎ、お肌を徹底的に守ります。

クリーム自体には少しだけ色がついているのですが、お顔に塗ってみるとそれもあまり目立たなくなります。不自然でない程度に、自然にお肌のトーンが少し明るくなるので、化粧下地として使う方も多いです。

お値段は税抜き5,000円となっております。SK-IIのアトモスフィアCCクリームは8,500円なので、圧倒的にドモホルンリンクルのほうが、安いです。しかも使える日数も、約45日分のSK-IIに対しドモホルンリンクルのドレスクリームは75日分。どちらのほうがお得かは、火を見るより明らかです。

ドモホルンリンクルの1ヶ月分の値段とは?

ドモホルンリンクルの製品全8種を揃えたとして、単純計算してみると総額は税抜き60,000円ほどになります。しかもすべての製品が60日分や75日分など、一ヶ月以上長く使えるものばかりなので、コスパはかなりいいです。

今回比較対象にしたSK-IIは総額で90,000円はくだらないくらいのもので、その上ほとんどが約45日分の容量です。となると、少なくて高いSK-IIよりは、高くても容量の多いドモホルンリンクルのほうが、長い間使えてコスパもいいのです。

ドモホルンリンクル商品の値段のコスパはいい!

市販のスキンケア用品と比べると、やはりドモホルンリンクルが高額なのは否めません。ですが高級志向のスキンケア用品の中では、比較的お得でコスパもいいです。

それだけではありません。ドモホルンリンクルの製品の効果は世間で言われているように、とても大きいものです。

自分のお肌は一点物なので、いつまでも美しく、きれいに保つためにも、妥協せずいいものを使っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です